madfinan3

先日友人からフランスの焼き菓子の詰め合わせを頂いたのですが、その中にあったのが、長方形の形をしたしっとりとした食感のお菓子。

「これ、マドレーヌだ!」と思っておいしく食べてたんですが、よく見ると、形も味も何かマドレーヌとは違うような・・・

「これはなんだろう?」と袋を確認してみると、書かれてあったのが「フィナンシェ」。実はマドレーヌとは違う種類の焼き菓子でした。

でもマドレーヌとフィナンシェってどちらもエレガントな場によく合うお菓子ですが、見た目は似ていますし、どう違うのかとても気になりますね。

ということで、きちんとした場で間違えたら恥ずかしいですので、マドレーヌとフィナンシェの違いについて、形や味や作り方などの観点からまとめてみました。

スポンサーリンク

マドレーヌとは?フィナンシェとは?

マドレーヌとは

madfinan2

マドレーヌ(madeleine)とは、フランス生まれの焼き菓子のこと。名前の由来は、このお菓子を始めて作った女性の名前がロレーヌ地方でメイドをしていた、マドレーヌさんだったから、と言われています。

このお菓子のマドレーヌ、ベルサイユ宮殿でも人気になり、それから1760年ごろにはパリ中に広まったそうですね。

フィナンシェとは

madfinan1

フィナンシェ(financier)もまた、フランス生まれの焼き菓子。

フィナンシェという言葉には、「金融家」「お金持ち」という意味が。というのも、パリの金融街周辺のお店が発祥の地とされている為、その名がついたと言われています。

形も金のインゴットによく似ているため、金融街で働く人が名前を連想したという説も。更にはルネサンス期に絶大な富と権力を振るった「メディチ家」をイメージした、という説もあります。

美味しいお菓子なのに、その由来はお金関係というのは意外ですね。

スポンサーリンク

マドレーヌの特徴や味は?

マドレーヌはこうやって作られる

マドレーヌの特徴は、マドレーヌ型と呼ばれる貝の形をした焼き型に、生地を流しこんで焼くことです。

この焼き型はホタテ貝をイメージしているとされ、初期のマドレーヌはホタテ貝を使ったという説もあります。
マドレーヌ型を使わずに、カップケーキのようにして焼くこともありますが、これもまたマドレーヌ。

マドレーヌの主な材料は、薄力粉・卵・砂糖・バター・ベーキングパウダー。ベーキングパウダーと卵以外は同じ量を用意することと、卵は黄身も白身も使用することが特徴です。

その他の特徴としては、レモンの皮と汁を加えるて風味を加える事も挙げられます。

マドレーヌの作り方はお菓子のなかでは簡単で、初心者に最適と言われています。

バター以外の材料をあらかじめ混ぜておき、そこに溶かしバターを加えてざっくり混ぜます。そして出来た生地をバターを塗った焼き型に流しこんで、オーブンで焼くだけと本当に簡単。

焼く時の温度と時間にさえ気をつければ、難しいことはほとんどありませんね。

□マドレーヌを作るっ!/Make the Madeleine.

最後の方の7分15秒からマドレーヌ型が登場します。本当にホタテ貝の形をしていますね。

マドレーヌの味は?

マドレーヌの味は、バターの風味が甘く香り、しっとりとした食感です。レモン汁を加えることで爽やかな酸味も加わりますが、基本的には甘くしっとりした味となります。

バターと砂糖をたっぷり使用しているので、美味しいですが食べ過ぎにはご注意を。

フィナンシェの特徴や味は?

フィナンシェはこうやって作られる

フィナンシェの特徴は、フィナンシェ型と呼ばれる、少し平たい長方形の焼き型を使うことです。
マドレーヌと違い、長方形以外のフィナンシェは全くないとは言いませんが、ごく珍しいものとなります。

フィナンシェの作り方は基本的にはマドレーヌと同じですが、最大の違いはその材料

薄力粉と砂糖はマドレーヌと同じですが、それ以外に卵白・アーモンドプードル・焦がしバターを使います。

アーモンドプードルとはアーモンドを粉末状にしたもので、フィナンシェはこれをたっぷり使用します。
焦がしバターとはその名の通り、一度鍋でバターを加熱して色をつけ、それを漉して常温にしたもの。

気をつけないと焦がしすぎて風味が消えてしまうので、フィナンシェはマドレーヌと比べると少し作るのが難しいお菓子です。

しかし焦がしバターさえ出来れば、マドレーヌと作り方は同じなので、頑張れば手が届きそうなお菓子かもしれませんね。

□超美味しいフィナンシェの作り方【レシピ有り】 How to make super delicious Financier

47秒頃から焦がしバターの作り方が。フィナンシェ型は3分30秒頃の登場です。

フィナンシェの味は?

フィナンシェの味は、アーモンドの甘さと焦がしバターの風味が強く出た味わい。薄力粉が少ない為、マドレーヌに比べて表面がサクサクで、中が柔らかい食感となります。

こちらもつい手が出る美味しさですが、アーモンドはカロリーが高めなので、こちらも食べ過ぎには注意ですね。

こだわりの違いをしっかり味わって

貝型あるいはカップケーキ型で、甘くしっとりとした味わいのマドレーヌ

平たい長方形で、外はさっくり中はふんわりで香ばしい味わいのフィナンシェ

作り方はともに良く似ていますが、使われる材料の違いでこんなにも味わいが違ってきます。どちらがより優れているかはその人の好みにもよりますが、どちらも美味しいことには変わりありませんよね。

初めてでも比較的簡単に作れるマドレーヌと、少し難しい箇所はありますが、作りごたえのあるフィナンシェ。

両方作り比べたり食べ比べたりして、違いをしっかり味わいたいですね。