haruyasai4

は、輸送手段の発達や、農家さんたちの努力によって、一年中美味しい野菜が食べられるようになりました。

とは言え、冬は野菜の流通が減るものなので、やっぱり春野菜が待ち遠しいですよね。

この季節しか食べられない野菜もありますし、旬ならではの美味しい野菜もあります。

今から待ち遠しい春野菜の種類、代表的な春野菜の健康への効果、そして美味しい食べ方をまとめてみました。

スポンサーリンク

春野菜の種類には何がある?

主に春野菜と呼ばれるものは、以下のものがあげられます。

代表的な春野菜

haruyasai1

春キャベツ

春キャベツは、普通のキャベツより小ぶり。葉が柔らかいのが特徴です。

新たまねぎ

新たまねぎは水分が多く、柔らかいのが特徴。傷みやすいので、冷蔵庫で保管しましょう

アスパラガス

アスパラガスにはグリーンアスパラとホワイトアスパラがありますが、どちらも同じ野菜です。栄養価は、グリーンアスパラの方が高いですね。

関連記事:アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

菜の花

菜の花の種は菜種油(キャノーラ油)の原料になります。花が綺麗ですが、花が咲く前のものを食べます。

ふきのとう

ふきのとうは、北国では春を告げる風物詩となっています。山菜ですが栽培もされています。

ウド

ウドは山菜の一種です。「ウドの大木」と言いますが、実はウドは成長しても木にはなりません。

その他の春野菜

その他にも、セリ、三つ葉、ニラなどの、香りの強い野菜も春野菜に含まれます。山に取りに行くような野菜ですと、たけのこも春野菜ですね。

また、えんどう豆、グリーンピース、そら豆といった豆類も、春が旬の野菜です。通年栽培されているものも多いですが、春が特に栄養価が高く美味しいんですよ

春野菜に含まれる栄養素は?

haruyasai2

春野菜の中で、特に取り入れたい栄養素が多く含まれる野菜を紹介します!

春キャベツは胃腸に効く!

お腹の調子が今ひとつで、便秘がちなら、春キャベツを多めに食べましょう。食物繊維が、便秘に効果的に働きます。

また、春キャベツに含まれるビタミンUが、胃腸の調子を整えてくれます。ビタミンUは肝臓を助ける働きがあるので、お酒続きの時にも助けてくれます。お酒のおつまみに、春キャベツを食べるのも良いですよ。

新たまねぎはさらさらに!

新たまねぎには、目が痛くなる成分である、硫化アリルを含んでいます。この硫化アリルは、血液をサラサラにする効果があります。

硫化アリルは普通の玉ねぎにも含まれていますが、熱に弱い性質があります。そのため、出来るなら生食向きの新たまねぎがおすすめですね。

疲れた時はアスパラガスを!

アスパラガスに含まれる、アスパラギン酸とビタミンB1には、新陳代謝を促す効果があります。

更にアスパラギン酸には、スタミナを付ける効果もあります。アスパラガスを食べれば、疲労回復とスタミナアップの効果があるんですね。

スポンサーリンク

春野菜・オススメレシピ!

春野菜は、あまり手を加えず、シンプルな調理の方が美味しく栄養価も逃げにくいです。

山菜の天ぷら

ウドやふきのとう、菜の花は、天ぷらにして、お塩を振って食べると美味しいです。

作り方のポイントは、衣をつけ過ぎないこと。衣が厚ぼったいと、山菜のさくっとした食感がなくなってしまいます。

□ふきのとうの天ぷら

春キャベツとアスパラとベーコンの炒め物

簡単なのに美味しい、定番料理が春キャベツとアスパラとベーコンの炒め物

用意するものは次の通りです。

・春キャベツ半個~四分の一個
・アスパラガス4~5本
・ベーコン3枚ぐらい

作り方は次の通りです。

  1. アスパラガスは1センチぐらいの斜め切りします。
  2. 春キャベツは1センチほどの厚めの千切りをします。
  3. ベーコンは2センチ幅に切ります。
  4. 蓋の出来るフライパンに油を引き、ベーコンを炒めます
  5. ベーコンから油が出たら、アスパラと春キャベツを入れ、軽く炒めて油を回します。
  6. 油が回ったら蓋をして、弱火にして3分ほど蒸します。
  7. 仕上げに塩コショウで味を整えます。

新たまねぎを加えても美味しいですし、パスタを加えると、ボリューム満点でお腹一杯にもなります。

新たまねぎを薄切りするだけ

究極の手抜き料理ですが新たまねぎスライスです。効率良く栄養が取れる料理なんです。

用意するものは、

  • 新たまねぎ
  • 薄切り出来るスライサー

だけ。

包丁で薄切りが出来る人は、スライサーは不要ですね。

作り方も実に簡単で、新たまねぎを薄くスライスするだけです。

食べ方は、醤油とかつお節が定番ですが、ポン酢やマヨネーズでも美味しいです。辛味が気になる人は、スライスして3分ほど冷水に晒して、絞ってから食べると良いでしょう。この程度なら、栄養分が水に溶けだす心配もあまりありません。

春の野菜を沢山食べて、元気になろう!

haruyasai5

昔から、旬のものを食べると健康になる、と言われていますよね。

季節感を大切にする、粋な心ももちろんですが、栄養面から見ても、旬を取り入れる事はとても大切。特に春野菜は、成長するエネルギーをたっぷりと蓄えています。長い冬が終わって春になった時に、野菜からもエネルギーを貰いたいですね。

春野菜を沢山食べて、元気を取り込んで、春を楽しみましょう!