「しめじ」と「ぶなしめじ」の特徴と違い。栄養面はどう違う?

最終更新日: | 飲食 | , , ,

蔵庫にきのこ類を常備しておくと、さっと1品作れたりととても便利。特にしめじは味わい深く、和食・洋食を問わず活躍できるきのこ類ですよね。

そんなしめじですが、スーパーで買おうとした時に、しめじの他にぶなしめじというものもあります。

どちらも「しめじ」だとは思いますが、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、しめじとぶなしめじの特徴や違いについて、栄養面も含めてまとめてみました。

スポンサーリンク

しめじとは

正式名称は「ホンジメジ」

めじはシメジ科シメジ属のキノコで、正式名称を「ホンシメジ」というもの。傘の直径が2~3センチ程度・全長8センチ程度で、下部がやや膨らんでいる特徴があります。

ホンシメジは松茸などと同じく、赤松やコナラの木に生えて成長する「菌根菌」タイプのきのこ

菌根菌タイプのきのこは栽培が難しく、そのためホンシメジは市場になかなか出てこない高級品。

現在はある程度の栽培が確立されていますが、それでも天然物は貴重といえます。

□キノコ狩り ホンシメジ

*しいたけと間違えそうですが、これが「ホンシメジ」です。

香り松茸・味しめじ

昔からよく言われる、「香り松茸・味しめじ」という言葉。

「松茸よりもしめじのほうが美味しい」という意味でも使われますが、これには裏付けがあるんですよ。

ホンシメジには、グアニル酸・グルタミン酸・アスパラギン酸が豊富に含まれています。これらはいずれも「旨味成分」と呼ばれるもので、これがホンシメジの旨味の秘密。

また糖質の一種で味をまろやかにする「トレハロース」も含むため、特に美味しく感じられるんですよ。

主な栄養素とは

旨味成分以外のホンシメジの栄養素を、100gあたりで紹介します。

栄養素
カロリー 14kcal
ビタミン ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.5mg
ビタミンD 4μg
パントテン酸 1.97mg
ナイアシン 9mg
ミネラル カリウム 300mg
1.1mg
食物繊維 3.3g

きのこ類全般に言えることですが、ホンシメジはローカロリーで食物繊維が豊富。そのため整腸作用が期待でき、ダイエット時の強い味方に。

またむくみ改善効果のあるカリウムも豊富で、スッキリ効果も期待できますよ。また貧血予防効果のある鉄分も比較的含まれています。

その他で注目したいのが、ナイアシンパントテン酸。ナイアシンは血行促進効果があり、パントテン酸には新陳代謝を促す効果が。

更に疲労回復効果を高めるアスパラギン酸も加わる事で、疲れた時に食べると効果的なんですよ。

ぶなしめじとは

かつての「ホンシメジ」

なしめじは、キシメジ科シロタモギタケ属のきのこ。

傘の直径は1センチ程度・高さ10~15センチ程度で、スーパーでは密集した状態で販売されています。

一般的に「しめじ」と言われると、ぶなしめじを指すことがほとんど。というのもかつてぶなしめじは、「ホンシメジ」「シメジ」として販売されていたからです。

ホンシメジは栽培が難しい一方で、ぶなしめじは栽培が比較的簡単。そのため高級品のホンシメジにあやかって、市場に流通していました。

しかしホンシメジとぶなしめじは、それぞれ違う種類のきのこ。消費者を混乱させてはいけないと通達があったため、現在では「ぶなしめじ」の名で販売しているんですよ。

□きのこ栽培キット ぶなしめじが成長する様子

*ぶなしめじは栽培キットも販売され、自宅でも育てることが可能です。

主な栄養素は

次に、ぶなしめじの100gあたり栄養素を紹介します。

栄養素
カロリー 18kcal
ビタミン ビタミンB1 0.16mg
ビタミンB2 0.16mg
ビタミンD 2.2μg
パントテン酸 0.86mg
ナイアシン 6.6mg
ビオチン 9.9μg
ビタミンC 7mg
ミネラル カリウム 380mg
0.4mg
食物繊維 3.3g

ぶなしめじは、基本的にはホンジメシと栄養面では大きな違いがありません。ただしピオチンビタミンCに関しては、ぶなしめじだけにあるもの。

どちらも美肌効果をもたらす栄養素なので、美容に気遣う人にとっては嬉しいですね。

その他旨味成分として、グルタミン酸・スパラギン酸も。味はホンシメジよりあっさりしてますが、クセがないため幅広い料理に活用しやすい特徴があります。

スポンサーリンク

しめじとぶなしめじの違いのまとめ

しめじとぶなしめじの違いは

最後に、しめじとぶなしめじの特徴や違いをまとめましたので参考にしてくださいね。

■しめじ

  • 正式名称は「ホンシメジ」
  • 全長8センチほどで、根元部分が太い
  • 栽培が難しく、また天然のしめじは高級食材
  • 「香り松茸・味しめじ」の通り、旨味がとても強い
  • ローカロリーで食物繊維・カリウムが豊富
  • ぶなしめじよりも鉄分が多い

■ぶなしめじ

  • 全長10センチ程度で、栽培品はキノコが密集している
  • かつては「しめじ」「ほんしめじ」として販売されていた
  • 栽培が容易なため、手頃な価格で購入可能
  • しめじよりあっさりした味
  • ローカロリーで食物繊維・カリウムが豊富
  • ビオチンとビタミンCが含まれている

どちらも美味しい

しめじとぶなしめじは似ていますが、実は違う種類のきのこです

しかし以前には「ぶなしめじ」を「しめじ」として販売していた時期もあるので、間違えるのも仕方のないことですね。

高級食材で、旨味がたっぷりのしめじ。やはり旨味がある上に、手頃な価格でお腹いっぱい食べられるぶなしめじ

どちらも美味しいきのこですので、よく味わって食べたいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

https://youtu.be/p8JcVzbd9Zg 南国のフルーツと言われると、あなたは

記事を読む

ノンカフェインの美味しいお茶の種類7選!気になる効果は?

ほっと一息つきたい時に欠かせないお茶は、私達の生活に無くてはならないもの。 日本茶・紅茶な

記事を読む

栗はダイエット向き?調理法によるカロリーの違いとおすすめの食べ方!

秋になると旬の食べ物が出回りますが、その中でも栗はとくに美味しい食べ物。 天津甘栗やモンブラン

記事を読む

簡単にできる「栗」の茹で方と保存方法。冷凍しても大丈夫?

秋の美味しい味覚と言えば、栗を思い出す方も多いのではないでしょうか。 焼き栗、栗ご飯、

記事を読む

オリーブオイルは料理だけじゃない!高い健康効果を発揮する摂り方とは?

今やキッチンに備えてる人が多いオリーブオイル。 お料理する人にとってはオリーブオイルは、

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

青ネギ?それとも白ネギ?葱の種類には何がある?使い分けは?

あなたは「ネギ」と言われると、どのようなものを思い浮かべますか。 白い部分がたくさんあるネギで

記事を読む

美味しくワンスプーン!酢しょうがの効果と作り方!ガリとの違いは?

昔からお酢は体に良いといわれていますが、毎日摂るとなると工夫が必要となります。酸味が気にならない方で

記事を読む

そうめんのカロリーは高いって本当?ダイエットにはどうなの?

暑さで食欲が落ちる夏に、食べる機会が増えるそうめん。 そうめんを食べると体が気持よく冷えるので

記事を読む

すき焼きに入れたいおすすめの具材!定番から変わり種まで紹介!

誕生日などおめでたい時の定番のごちそうの一つに、すき焼きがあります。野菜やお肉を甘辛く味付け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑