バイキング料理

々な料理を食べたいけれど、まとめて注文すると食べきれないですよね。

そんな方にとって嬉しいのが、様々な料理を一度に食べられるバイキング形式。たくさん食べたい腹ペコさんにとっても、バイキング形式は嬉しいシステムですね。

ところでレストランなどではビュッフェと言われる事がありますが、これもバイキングと同じなのでしょうか?あるいは「ブッフェ」という言葉も良く聞きますね。

そこで、バイキングとビュッフェ、またブッフェ、それぞれの定義や違いについて紹介します!

スポンサーリンク

バイキングとは?

帝国ホテルが発案

バイキングスタイル

食べ放題を意味するバイキングは、実は和製英語。語源となったのは、帝国ホテルが立ち上げたレストランが元となっています。

1957年(昭和32年)に帝国ホテルで新館を立ち上げる際に、目玉となるレストランをどうするか思案していました。

そんな時にデンマークで、「スモーガスボード」という形式に出会います。スモーガスボードとは、北欧などに伝わる「好きなものを好きなだけ食べる」形式の事。

このスタイルが日本人に受けると判断し、新しいレストランは食べ放題形式となりました。

スモーガスボードだと言いづらいので

しかし「スモーガスボード」は、日本人には覚えづらい言葉。そこで帝国ホテル内で、レストランの名称を募集することとなりました。

その当時、日本では「バイキング」という映画がヒット中。映画内ではテーブルに大量の食事を乗せて、バイキングが食事を取る姿がありました。

本来「バイキング」とは、中世ヨーロッパの海で大暴れした北欧の海賊の事ですが、この映画の中の食事の印象と「北欧=バイキング」という事で、名称が「インペリアルバイクング」に決定しました。

「インペリアルバイキング」がオープン後、食べ放題を取り入れるお店が増加。その際食べ放題スタイルの事を、「バイキングスタイル」と紹介するようになったというわけです。

ちなみに「食べ放題」という意味での「バイキング」は、和製英語。海外で「バイキング」と言っても通じませんので、注意してくださいね。

ビュッフェとは?

ビュッフェ

食べ放題ではないことも

海外で食べ放題のお店を探す時は、ビュフェと言えば良いのでしょうか。

実は「ビュッフェ」は、フランス語の「buffet」から取られた言葉

意味は「立食」「軽食」で、そこから転じて「自分で料理を取りに行くスタイルの食事」となります。

日本のようにビュッフェ=食べ放題、とはならない場合もあるので、海外では注意が必要です。

ビュッフェスタイルの色々

ビュッフェスタイルといった場合、主に次の形式に分かれます。

スタンディング・ビュッフェ

スタンディング・ビュッフェとは、その名の通り「立食パーティー」の事で、食べることよりも参加者と語らうことをメインとします。

会場の数カ所に軽食やドリンクが置いてあり、各自お皿に取り分けます。

シッティング・ビュッフェ

シッティング・ビュッフェは、食べ放題に近い形式で、各自が食べたいものを取ってテーブルで頂きます

食べ放題の事もありますが、数量が決まっている場合や1品ごとに加算されることも。判断がつかない場合は、スタッフに「食べ放題ですか?」と確認しましょう。

オンテーブル・ビュッフェ

10人程度が席につけるテーブルに、料理が用意してある形式の事をオンテーブル・ビュッフェと呼びます。

テーブル中央に料理が数種類用意されていることが多く、各自で取り分けます。

回転テーブルのある中華料理店、と言われるとわかりやすいかも知れませんね。

スポンサーリンク

ビュッフェ?ブッフェ?

お店によってはビュッフェではなく、「ブッフェ」という事があります。

これはフランス語の「ビュッフェ」が、英語では「ブッフェ」と発音するため。発音が違うだけで意味はほぼ同じなので、あまり気にしなくても大丈夫です。

ちなみにアメリカにも食べ放題のお店はあり、日本のように「Buffet(ブッフェ)」と言う事が。

例えばピザ食べ放題なら、「Pizza Buffet」といった具合です。

バイキングとビュッフェの違いのまとめ

バイキング

バイキングとビュッフェですが、日本ではほぼ同じ意味で使われます。しかし厳密には違いがあるので、簡単にまとめて紹介します。

★バイキング

  • 帝国ホテルが、日本初の「バイキング」を始めた。
  • 食べ放題システムの事を指す和製英語であり、海外では通用しない。
  • 北欧のおかわり自由形式、「スモーガスボード」が元になった。

★ビュッフェ

  • 料理を一カ所にまとめておいてあり、自分で食べたい物を取りに行くシステム。
  • 語源はフランス語で、意味は軽食・立食で、本来は食べ放題を指す言葉ではない。
  • アメリカでも、食べ放題を「ブッフェ(ビュッフェ)」という事がある。

日本ではあまり違いを気にしなくても良いですが、特に海外旅行では、バイキングとビュッフェの特徴と違いをしっかりと覚えておくと役に立ちますよ。

品良く程よく

々な料理を一度にたくさん味わえる、バイキングやビュッフェ。本来は意味が違うものですが、日本ではほぼ同じなので違いを気にせず楽しみたいですね

ただどちらにも言えることですが、食べ放題だからといって料理を山盛りに取るのはマナー違反。見た目にも悪いですし、欲張らなくても料理はなくならないので少しずつ取りましょう。

食べられる量を程よく盛りつけて、品よく食べ放題を満喫しましょう!