味しいケーキやクッキーを頂いた時は、紅茶が欲しくなりますよね。特に牛乳が甘く香るミルクティーやロイヤルミルクティーは、スイーツとの相性もぴったりです。

ところでミルクティーロイヤルミルクティーは同じミルクを使った紅茶のようですが、どう違うのでしょう?紅茶の本場・イギリスでの飲み方や、名前の由来も気になりますね。

そんな「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いについて紹介していきますので、ぜひ覚えてティータイムの話題にしてくださいね。

スポンサーリンク
 

ミルクティーとは?

紅茶にミルクではなく、ミルクに紅茶を入れる

ミルクティー

ミルクティーはミルクに紅茶を入れた飲み物で、日本でもおなじみの飲み方です。ただし「ミルクティー(milk tea)」は和製英語で、紅茶の本場イギリスでは「ティー・ウィズ・ミルク(tea with milk)」と言います。

イギリスでもミルクティーは愛されていて、冷えたミルクに熱々の紅茶を加えていただきます。使う茶葉はミルクの味に負けないアッサムや、味に個性があるアールグレイがよく合いますね。

ミルクティーは、イギリスはじめヨーロッパでは、「ティーカップにミルクを入れてから、紅茶をそそぐ」のが美味しいいれ方とされています。日本では、逆にミルクを後にいれることが多いかもしれませんね。

実はイギリスではミルクが先か紅茶が先かで、130年も言い争いが続いていたんです。

議論を終わらせたのは、英国王立化学協会。2003年に「ミルクが先で紅茶が後」の方が美味しい紅茶を味わえるというリリースを発表し、一応は結論を出しています。

その理由としては、冷えたミルクに紅茶をそそぐと、ミルクに含まれるタンパク質の変化が少なくなるから。そして紅茶とミルクがしっかり混ざって美味しい紅茶になるとのことです。

英国王立化学協会は権威ある化学団体ですが、大真面目にミルクティーについて考えたことにびっくりです。

そしてイギリス人にとってミルクティーは、長年にわたって議論されるほど愛されていることにも驚かされますね。

□紅茶ミルクティー一人分~紅茶専門店の紅茶教室

*ティーカップは温めておく事も、美味しいミルクティーにをいれるコツですね。

アジアからヨーロッパへ

紅茶は乾燥させたお茶の葉を発酵させたもので、日本茶と同じ作り方をしています。違いはお茶の葉の種類と発酵具合で、紅茶は完全に発酵させているんですよ。

紅茶にミルクを入れて飲む方法は、モンゴルやチベットで長く親しまれていました。そして1655年頃に、中国皇帝がオランダの東インド会社の客人を招待した時に出されたという、オランダ人旅行者の記録も残っています。

17世紀後半には、紅茶はイギリスにも伝わり、アフタヌーンティの習慣とともに広まっていったんですね。

スポンサーリンク

ロイヤルミルクティーとは?

茶葉を牛乳で煮出す紅茶

ロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティー(Royal milk tea)は、温めた牛乳に紅茶の葉を入れて煮出した紅茶です。茶葉に熱湯を少量注いてから常温の牛乳を加え、加熱して煮出す方法もあります。

使う茶葉はミルクティ―同様、味のしっかりしたアッサムや、アールグレイがおすすめです。牛乳は沸騰直前で火を止めるのが、美味しく入れるコツです。

入れる時は茶こしを使い、茶葉がティーカップに入らないようにしてくださいね。

□紅茶ロイヤルミルクティ(チャイ)二人分~紅茶専門店の紅茶教室

*チャイはインドなどで飲まれている紅茶で、ロイヤルミルクティーと同く紅茶を牛乳で煮出しているんですよ。

ロイヤルミルクティーは日本生まれ

ロイヤルミルクティーはイギリス生まれのイメージがありますが、実は日本で生まれた飲み方です。考案したのは紅茶を販売するリプトンで、京都・三条の喫茶店「サー・トーマス・リプトン」で提供されたんですよ。

リプトンでは昭和40年代に、「ロイヤル」の名前を付けた紅茶を売り出していました。そのなかでイギリスのミルクティーをさらに美味しく飲むために、ロイヤルミルクティーを考案したんです。

ですので、イギリスはじめ、海外ではロイヤルミルクティー(Royal milk tea)は存在しません。あえて言うなら「シチュードティー(stewed tea)」と呼びます。シチューを煮るように茶葉を煮ると言うのは、分かりやすい例えですね。

ミルクティーとロイヤルミルクティーの違い

違いは淹れ方!

ミルクティー

最後に、ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いを紹介しますね。


■ミルクティー

  • 紅茶にミルクを入れた飲み方。
  • ミルクティーは和製英語で、イギリスではティー・ウィズ・ミルクと呼ぶ。
  • イギリスでは、ティーカップに冷えた牛乳を先に入れてから紅茶を入れる方法が美味しいと定義された。
  • 茶葉はアッサムやアールグレイなど、牛乳に負けない香りや味があるタイプがおすすめ。

ロイヤルミルクティー

  • 牛乳に茶葉を入れて煮出す、紅茶のいれかた。
  • 日本で昭和40年頃考案されたため、ロイヤルミルクティーは和製英語となる。
  • 海外ではロイヤルミルクティーはなく、シチュードティーと呼ぶ。
  • アッサムやアールグレイなど、ミルクティーに合う茶葉がおすすめ。

美味しいお菓子と一緒に紅茶を

【関連記事】

茶は独特の香りが楽しめるお茶ですが、苦味が少し苦手という人もいます。そんな時は苦味がまろやかになる、ミルクティーでおもてなししたいですね。

ミルクティーはミルクに紅茶をいれたもので、ロイヤルミルクティーは茶葉を牛乳で煮出したものです。イギリスではミルクティーのいれかたで、130年もの長きに渡って言い争いがあったと言うから驚きです。

美味しいお菓子をいただく時は、ミルクティーやロイヤルミルクティーで素敵な時間を過ごしませんか?