夜の信号機

路に設置されている信号機については、「青信号は進め・赤信号は止まれ」と教えられますね。守るべき当たり前の交通ルールですが、ここで不思議に感じる点はありませんか?

それは「緑色」なのに「青信号」と呼ぶこと。また左から「青・黄・赤」になっているのは何故でしょうか?

そこで、

  • 信号機の緑を「青」と呼ぶ理由
  • 信号機は左から青・黄・赤と並んでいる理由
  • 他の国でも信号機は緑・青・赤なのか?

…について順に紹介していきますので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

信号機の緑を「青」と呼ぶ理由

日本語の色の表現では…

信号機

号機の「青信号」には、少し青みがかった緑色の照明が使用されています。緑色なのに「青」と呼ぶのには、日本人特有の色の表現が関係しています。

日本語の色の表現では、緑色を表す時に「青」という言葉を使うことがあります

例えば、

  • 緑豊かな草原を「青々とした」
  • 緑色の濃い葉野菜を「青野菜」
  • 緑がかったリンゴを「青リンゴ」

…など、緑なのに「青」と呼ぶことも多いですよね?

これは平安時代末期までは、緑色のことも「青」と呼ぶ風習があった名残と言われています。

奈良・平安時代では、色を表す形容詞が「白し」「赤し」「黒し」「青し」の4つしかなく、緑色も「青し」と呼ばれていたんです。その風習が現在でも受け継がれているというわけですね。

新聞記者が緑を青と書いた

緑色を青と呼ぶ理由はわかりましたが、なぜ緑信号が青信号と呼ばれるようになったのでしょうか。

日本に初めて信号機が設置されたのは、昭和5年(1930年)のこと。この時導入された信号機は現在のものと変わりなく、「青・黄・赤」の3色からなる信号機でした。

また当時の法律にも「緑信号」の記述があり、当初は「緑信号」と呼ばれていました。ところが信号機の導入を伝えたある新聞記者が、緑と書くべき信号の色を「青」と書いてしまったんですね。

これが信号機を見たことがない人にまで広がり、「青信号・緑信号・赤信号」が定着してしまったというわけです。

その後、昭和22年(1947年)に、信号はそのままに法律上でも「青信号」と修正されました。このため色は緑色ですが、言葉としては「青信号」となったんですね。

信号機は左から青・黄・赤と並んでいる理由は

赤信号を見えやすくするため

信号機は左から順に、「青(緑)・黄・赤」と並んでいます。この順序は道路交通法施行令第三条により決められているため、勝手に変えることはできないんですよ。

この、左から「青(緑)・黄・赤」の並びとなったのは、止まれの意味である赤信号を見やすくするためです。

左側通行の日本では、多くの信号機は道路の左側に設置されています。そのため万が一街路樹と重なってしまっても、「止まれ」の赤が見えるようにしています。

もちろん街路樹がかからないよう整備が行われているため、信号が見えなくなることはまずありません。それでも「万が一」が無いように、赤信号はいつでも見えるようにしてあるんですね。

信号機が「縦」の地域もある

縦の信号機

一部の豪雪地帯では、信号機が「縦」に並んでいることがあります。この場合は上から順に、「赤・黄色・青(緑)」となります。こちらの色の順序も「道路交通法施行令第三条」にて決められています。

信号を縦に設置しているのは、雪の重みが信号機全体にかかりづらくするための工夫です。縦にすれば雪が積もる場所が少なくなるので、その分重みがかかりづらくなるんです。

また「赤」が上なのも、赤信号を見やすくするため、そして雪で隠れにくくするためです。

スポンサーリンク

外国でも信号機は緑・青・赤なのか

信号機の色は世界共通

信号機の色は日本以外の外国でも「緑・黄・赤」の三色が使われています

また順番も同じで、

  • 横の場合は、左から緑・黄・赤
  • 縦の場合は、上から赤・黄・緑

となります。

外国(ドイツ)の信号機

全世界で信号の色や順番が共通となっているのは、国際標準化機構(ISO)で定められているからです。

国際標準化機構(ISO)は全世界共通の規格を作ることで、安全性を高めることを目指す団体。国際照明委員会(CIE)によって定められている信号機の色のルール5色のうち、「緑・黄・赤」の3色を交通信号の色とし、「白・青」を航空用の信号などに使うように定めています。

以上のことから、どの国でも交通信号は「緑・黄・赤」の三色となっています。ただし国によって、同じ色でも濃さや色合いは多少違うことがあります。

外国でも緑で青なの?

日本では緑色でも「青信号」と呼んでいますが、他の国ではこのような違いはないのでしょうか。

アメリカやイギリスを中心とした英語圏では、信号の色は次のように表現されます。

  • 青信号…Green light
  • 黄信号…Amber light
  • 赤信号…Red light

赤色は文字通り「Red」、青信号の青は「緑色」なので、英語では緑を表す「Green」が使われています。また黄色は「Yellow」ではなく、琥珀色を表す「Amber(アンバー)」が使われているんですよ。

見慣れているからこそ奥深い

【関連記事】
交通安全週間(全国交通安全運動)はいつ?春と秋に実施される理由は?

青信号の色は「緑」というのは不思議ですが、これはある新聞記者が「青」と伝えてしまったのが定着したからというのは面白いですね。古く平安時代には「緑色」を「青」と表現したこともあり、正確ではないけれどそれほど間違いでもないんです。

信号の色は全世界共通のため、日本だけ「青信号」を「青色」にすることは出来ません。世界的に見た場合も「青信号」は緑色なので、外国の方と話す時に「Blue」と言わないように注意したいですね。

うっかりミスで定着した青信号ですが、運転するときは「うっかり」をなくして安全運転に努めましょう!