■どんど焼き

お正月を過ぎたら「どんど焼き」が行われますよね。

どんど焼きが終わると、本当にお正月が終わったと言う感じがします。

でも、どんど焼きって、どうして「どんど焼き」って言うんでしょう?

どんど焼きの由来や、いつ行われるのか、地域による呼び方の違いなど、どんど焼きについてまとめてみました。

スポンサーリンク

どんど焼きとは?由来は?

「どんど焼き」は、小正月の1月15日に、お正月飾りや書初めなどを持ち寄って、燃やす行事です。

神社で行っていることもありますし、地域の行事として行われていることもあります。

dondoyaki1

どんど焼きの意味

どんど焼きは、門松やしめ飾りなどで出迎えた歳神様を、お正月飾りを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるとされます。

どんど焼きもお盆の「迎え火」「送り火」と同じような「火祭り」の一種なんですね。

どんど焼きにまつわる言い伝え

どんど焼きは、歳神様を送る火なので、若返りの効果があり、火で焼いたお餅や団子を食べると、1年を健康に過ごせるとされています。

また、書初めを火にくべた時に、高く上がると「字が上手になる」と言われます。

どんど焼きの灰を持ち帰って、家の周囲にまいて魔除けにすることもあるそうです。

どうして「どんど焼き」って言うの?

「どんど焼き」の語源については、諸説あり、

○火を燃やすとき「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやし立てたのがなまった
○竹を燃やした時の「どんっ」と始める音からついた
○どんどん燃える様子から

などと言われます。

「どんど焼き」は、音の響きから着いた名前のようですね。

どんど焼きの由来

鎌倉時代には行われていたと言われる「どんど焼き」ですが、平安時代の宮中行事「左義長(さぎちょう)」を起源とする説が有力です。

平安時代、宮中では、正月の15日に、青竹を束ねて毬杖(ぎっちょう)三本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師(おんみょうじ)が謡いはやしながら焼く

と言う行事が行われていました。

その年の吉凶を占ったと言われるこの行事は、毬杖(ぎっちょう)3本を結ぶことから、「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれました。

これが民間に伝わって、現在の形になったと言われています。

スポンサーリンク

どんど焼きはいつ行われるの?

どんど焼きは、1月14日、あるいは1月15日に行われることが多いです。

以前は、1月15日は「成人の日」でお休みでしたが、成人の日が1月の第2月曜日に変更されたため、15日前後の土日に行われることも多いようです。

どんど焼きは「子どものお祭り」とされているので、子どもたちが参加できるようにと言う配慮かも知れませんね。

地域による呼び方の違いは?どの地域で行われるの?

dondoyaki3

どんど焼きは、NPO地域資料デジタル化研究会の10年以上にわたる調査で、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の47都道府県で行われていることが明らかになりました。

小正月行事「どんど焼き」の全国調査集計

つまり、どんど焼きは「国民的行事」と言えるわけですね。

また、この調査によれば、日本だけでなく韓国にも「タルジプ焼き」と呼ばれる小正月の火祭りがあるそうです。

地域による呼び名の違いは?

「どんど焼き」は、地域によって呼び名が違います

どんど焼きのほかには、地域によって、次のように呼ばれています。

あわんとり(千葉県南部・茨城県南部)
お焚き上げ(神社で行事としてする場合)
おんべ焼き(単におんべとも)
御柴灯(おさいとう)
かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
かんじょ(新潟県村上市岩船)
さいと焼き(神奈川県横須賀市鴨居八幡)
さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)
しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
道祖神祭り
とうどうさん(愛媛県東予地方)
とんど(奈良県、広島県、岡山県)
とんど焼き(近畿とその周辺、東京都)
とんど正月(兵庫県播磨地方)
どんと
どんどや(九州)
とんどさん(鳥取県)
ほっけんぎょう(九州)
やははいろ(東北)

WikiPediaより引用

それにしても、いろんな呼び方があるものですね。

どんど焼きを行う有名な祭りとしては、仙台の大崎八幡宮で行われる松焚祭があります。

こちらの記事で書いているので良ければ御覧ください。

仙台のどんと祭!大崎八幡宮で開催される松焚祭の見どころは?

伝統行事は大切にしよう

dondoyaki4

私自身は、子供の頃は、近くの神社のどんど焼きに行っていました。今住んでいるところでは、町の行事として、ボーイスカウトなどを中心にどんど焼きが行われているようです。

どんど焼きは、「子どものお祭り」なので、以前は、子どもたちが組み立てや飾りつけなども行っていたとか。

でも、最近は、子どもの数も少なくなり、都市部では火災の危険などもあって、どんど焼きも難しくなって来ているようです。

どんど焼きが行われる地域では、どんど焼きに参加してみませんか?伝統行事はできるだけ大切にして行きたいものですね。