会社の人たち

新入社員を迎える部署では、歓迎会を行うことが多いかと思います。歓迎会を通じて新入社員と先輩・上司が交流できれば、今後の仕事もスムーズになりますよね。

この歓迎会で避けては通れないのが、上司・先輩(迎える側)の挨拶。もし指名された場合は、どのような内容で挨拶を行えばよいのでしょうか。

そこで、
・歓迎会で、迎える側が行う挨拶のポイント
・挨拶の例文

…を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

新入社員歓迎会で上司や先輩からの挨拶のポイント

挨拶は短めに

挨拶文を読むところ

歓迎する側の挨拶は、ほとんどの場合は部署で一番偉い人が挨拶することになります。そのため長めの挨拶を行ってしまい、他の社員がだれてしまうことが。

自分に置き換えて考えてみると、歓迎会の長い挨拶は正直なところ苦痛ですよね?

たとえ良い挨拶でも、長すぎると内容が薄れてしまうので、なるべく挨拶は短くまとめましょう

堅苦しい挨拶は避けて

会社の先輩として、新入社員に伝えたい話はたくさんあるかと思います。しかしお酒も入ることもある歓迎会では、楽しい雰囲気であることが大切。

真面目な話も大切ですが、あまり堅苦しい話は場の空気が白けてしまう原因に。大切はことは伝えつつも、歓迎会らしく柔らかな内容にしたいですね

部署の特徴も伝えよう

新入社員にとって、部署内がどんなところかは気になるところ。業務内容に関しても理解はしていても、実情がどうなのか知りたいことも。

勤務時間中では伝わりにくい部署の実情を、柔らかく伝えることができるのも歓迎会ならでは。

  • 気兼ねなく話ができる
  • 密な連携がとれる
  • 失敗しても他の人がカバーしてくれる

…など、そうした職場の良いところも歓迎の挨拶ではぜひ伝えましょう

明るい声と笑顔で

挨拶に不慣れだと、つい早口になってしまいがち。そうなると聞き取りにくくなり、せっかくの挨拶も台無しです。

話すスピートは自分が思うよりもゆっくりと、そしていつもよりワントーン高い声で話す意識を。多少こわばってもいいので、顔は笑顔を心がけると好印象に繋がりますよ。

スポンサーリンク

新入社員歓迎会、上司や先輩からの挨拶の例文

上司からの挨拶

上司として、新しい部下に対して言いたいことはたくさんあるかと思います。しかし長く挨拶を続けずに、ビジネス文章のようにわかりやすくまとめると効果的です

また、新入社員の名前は、全員分呼びかけるのも忘れずに。名前を言われるだけで、「この人は自分を見ている」と安心感が生み出せますよ。

(部長などの役職名)の○○です。

(新入社員の名前)さん、
入社おめでとうございます。

(部署名)は、
あなたがたの入社を歓迎いたします。

最初のうちは学生時代と違い、
戸惑うことも多いでしょう。

しかしここにいる全員が、
最初から全てを理解していたわけではありません。

あちらにいる先輩も、
そして私も最初は全員新人でした。

ですので、わからないことを恥ずかしいと思わず、
なんでも聞いてください。

(部署名)の良いところは、
全員でカバーできることですから。

君たちが未熟であれば、全員で補います。

そうして様々なことを学んで成長し、
それを次の新人に還元してください。

最後になりますが、新人の皆さん全員の活躍を期待しています。

先輩からの挨拶

挨拶をする会社の人

上司からの挨拶とは別に、先輩社員としての挨拶を求められる場合もあります。この場合は上司の挨拶と内容が重ならないように注意し、その上で気さくさを演出しましょう。

入社○年目の○○です。

(新入社員の名前)さん、
入社おめでとうございます。

おそらくは期待と不安で、
毎日が大変かと思います。

自分も入社当初は不安だらけで、
ここにいます諸先輩方に頼りっぱなしでした。

その気持ちはとてもわかるつもりですし、
自分もつい最近のことのように思い出せます。

まだ自分も未熟ですし、
どちらかと言えば頼りにならないと
言われることもよくあります。

ですが、先に入社したものとして、
仕事を効率よく行うコツは知ってるつもりです。

まずは自分でできることを試し、
わからなければ先輩に聞いてください。

(部署名)の先輩として、
こちらもどんどん手助けしたいと思います。

最後になりましたが、
(新人の名前)さん、(部署名)にようこそ!

これからよろしく!

【関連記事】
新入社員歓迎会での新入社員挨拶のポイント!使える文例も紹介!

歓迎会は新入社員を迎え入れ、楽しく過ごすための場です。その挨拶はしっかり行いたい一方で、堅苦しいものですと場の空気にそぐわないことも。

歓迎会以外の挨拶もそうですが、伝えたいことを簡単に短くまとめるのが良い挨拶を行うコツ。特に歓迎する側の挨拶は長くなりがちですので、その点はしっかり意識しましょう。

新入社員を暖かく迎える挨拶文で、今後の関係をよりよくしませんか?