ジネスシーンでよく使われる英語は、できるだけ理解しておきたいもの。しかしわからない言葉があった場合、その場でごまかしてそれっきりにしていませんか?

そういった言葉の一つに「イシュー」があります。

イシューはビジネスシーンでよく使う言葉の一つですが、知ったつもりで使うと後で恥をかくことになりかねません。

この機会にしっかり覚えたいですね。

そこで、
・イシューの意味
・プロブレムとの違いは
・イシューの正しい使い方

についてを紹介するので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

イシューとは?その意味は?

話し合うべき問題点

イシュー(issue)とは、課題・問題点・討論・論争といった意味を持つ英語。そこから転じて、ビジネスシーンでは次のような意味で用いられます。

  • 考えるべき論点やテーマ
  • 論じるべき課題

イシューという言葉を使った場合、
問題点をどう解決し向上させるかについて論議する必要があります。

また、
自分でも何が問題なのかを考え、その意見を誰かと話し合うことが求められます

ビジネスシーンにおいて、他人と意見を交わすことはとても大切なこと。そうした意見を交わした上での問題点を今後の糧にするように、前向きに捉えることも重要です

日本語にすると長くなってしまう、これらの概念を「イシュー」という一言でまとめているんですよ。

プロブレムとの違いは?

問題や難問

イシューと同じ「問題点」という意味を持つ英語に、プロブレム(problem)があります。

プロブレムにも問題という意味がありますが、ここでの問題は「試験問題」「設問」といったニュアンスが。その他には「難問」「課題」「手に負えない」という意味が。

そこから転じてビジネスシーンでは、プロブレムは次のような意味で使われます。

  • 解決及び修正すべき問題点
  • 会社などに損害をもたらす課題

イシューの「問題」とプロブレムの「問題」の違い

イシューとプロブレムでは、「問題」には根本的な違いがあります。

  • イシューで扱われる問題は、解決することでプラスになる問題
  • プロブレムで扱われる問題は、放置するとマイナスになってしまう問題

です。

例えば、

  • 食品の味に問題があって売れず、話し合って味を改善するのがイシュー
  • 食品から異臭がする問題が発生し、すぐに回収して対策をとるのがプロブレム

です。

どちらも「問題」ではありますが、それぞれ方向性が違うもの。そのことを理解した上で使わないと、話が噛み合わなくなってしまうんですよ。

スポンサーリンク

イシューの正しい使い方は

名詞であることを意識する

イシューの使い方で覚えておきたいのは、イシューという単語は名詞だという点です。

そのため「イシューする」という使い方をせず、イシュー+動詞という使い方を徹底しましょう

事例1: 味の流行に乗り遅れないよう、イシューを特定しなければならない。

「どのような味覚が現時点で評価されているのか」がイシューが求めている問題点です。
 
※ 現時点での味覚の評価ポイント(イシュー)を特定する(動詞)

事例2: イシューの論議を重ねた上で、次の計画のたたき台にしたい。

「たたき台となる課題・問題点」がイシューであり、これを議論する必要があるとしています。
 
※課題・問題点(イシュー)を次の計画のたたき台にする(動詞)

いずれも次につながる問題点であり、マイナスの要素ではありませんよね?

そういった向上するための問題点に対し、イシューは使われます

イシューの関連用語

イシューには、いくつかの関連用語あります。ビジネスシーンで使うこともあるので、こちらも覚えておきましょう。

イシューツリー

ビジネスにおいて指摘される問題は、時として複雑に絡んでいることがあります。

一つのイシューを解決するために、別のイシューを考えなければならない。それらを線で結ぶように考えていくと、樹木のような図式が出来上がることがあります。

こういった複数の問題を線で結ぶように、一つづつ議論して解決していくこと。その見た目が樹木のようであることから、イシューツリーと呼ばれているんですよ。

イシューブランディング

イシューブランディングとは、企業戦略としての考え方の一つです。

製品・サービスをクライアントや一般向けに公表する前に、気になる点を発表。そうして期待をもたせたところで、製品やサービスを公表して説明する手法を指します。

この場合の「気になる点」というのが「イシュー」となり、イシューを解決するための「手段」が「製品やサービス」に。一度注目を集めておけばその後の説明もしやすいので、よく使われる手段でもあるんですよ。

向上するためのイシュー

シューには問題という意味があり、そこから転じて「話し合うべき議論」という意味で使われます。

同じ「問題」という意味で使われる言葉にプロブレムがありますが、イシューとは使い分ける必要がありますね。

緊急性があるのがプロブレムで、議論を交わすことでプラスになるのがイシュー。

イシューをよく考え議論を交わすことで、自分にも会社にもプラスの要素をもたらしてくれます。

仕事が順調な時こそ一度立ち止まり、イシューを見つけ出して考えてみませんか?