「ナデシコ」とは、女性の例えによく使われる言葉。最近では女子サッカー日本代表の愛称、「なでしこJAPAN」としてもおなじみですね。

ここで登場する「ナデシコ」とは、ご存知、の名前。

ナデシコはプレゼントにも最適そうですが、どんな花でどんな花言葉があるのか気になりませんか?

そこで、
・ナデシコの花言葉
・ナデシコとはどんな花か
・大和撫子とは

について順にご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ナデシコの花言葉とは

純愛、そして大胆

薄いピンクのナデシコ

ナデシコの花言葉には、主に次の4つがあげられます。

  • 純愛
  • 貞節
  • 無邪気
  • 大胆

「純愛」「貞節」「無邪気」といった花言葉は、ナデシコの花の姿から取られたもの。

ナデシコの花びらは先端がとても細く、繊細で愛らしい印象に。その様子が若い女性の印象と重なり、純愛などの花言葉となったんです。

一方で「大胆」という花言葉がありますが、これは西洋の花言葉。西洋のナデシコは赤い色の品種が多く、色鮮やかな様子から名付けられました。

同じナデシコでも異なる印象の花言葉があるのは、女性の多種多彩な一面を見ているようですね。

色別の花言葉は

ナデシコには様々な色があり、色ごとに花言葉が付けられています。

白いナデシコ

花言葉:器用・才能

西洋の花言葉なのですが、知的美しさや才能を褒めたい時にこの色を贈りたいですね。

赤のナデシコ(八重咲き)

花言葉:純粋で燃えるような愛

赤いナデシコの、特に八重咲きの品種の花言葉。愛の告白の際に、この花言葉と赤いナデシコを添えると効果的かも知れませんね。

ピンクのナデシコ

花言葉:純粋な愛

特にピンクは女性の愛らしいイメージが強く、また大人よりは少女のイメージが強い色。そのため同じ愛でもひたむきさや、純粋さが強調されているんですよ。

スポンサーリンク

ナデシコとはどんな花?

全世界に300種類以上

ナデシコとはナデシコ科ナデシコ属の植物の総称で、特に「カワラナデシコ」のことを指します。

ナデシコは品種改良が盛んで、世界中に300以上の品種が。その過程で一年草・多年草などの変化も生まれ、花の色や形も変化していきました。

濃いピンクのナデシコ

カワラナデシコとは

カワラナデシコは日本に自生するナデシコで、西日本を中心に広く分布。60センチ程度まで成長し、日当たりの良い河原などでよく見かけます。

開花時期は6月~9月で、淡い紅色や白い花が開花。

また先端に向かうに従って、細く糸状に花びらが分かれる特徴があります。

実は秋の七草に登場するナデシコは、カワラナデシコのこと。秋の七草は観賞用なので、粥に入れて食べないよう注意してくださいね。

【関連記事】
秋の七草の種類と分かりやすい覚え方。春の七草との違いは?

「撫でし子」が「ナデシコ」に

ナデシコという名前は、花の様子が可憐で「幼子のように撫でたくなる」のが由来。

そこから、
「幼子のように撫でたくなる」
 ↓
「撫でたくなるような子」
 ↓
「撫でし子」
 ↓
撫子(ナデシコ)

というように名前が変化してきたわけなんですね。

こうした由来があることから、古くから幼子や女性の例えとして「なでしこ」が登場。

花のナデシコに掛けて、あの花のように愛らしい・可憐だと和歌に織り込んでいるんですね。

常夏の花

ナデシコの別名には、大和撫子や常夏というものがあります。

この中の「常夏」とは、中国から伝わった「セキチク」というナデシコの一種からつけられたもの。セキチクは四季咲きという、季節を問わず何度でも開花する品種です。

その様子が夏が続くように感じられ、常夏という別名がついたんですよ。

大和撫子とは

日本古来を区別するために

ナデシコの別名というよりは、女性を例える一つの単語としておなじみの大和撫子

「大和」とは日本を指す言葉ですが、元は「倭」と書いて「やまと」と読みました。

日本にはカワラナデシコなどが自生していましたが、平安時代に中国大陸からセキチクが伝わり園芸品種も誕生。

そこで日本古来のなでしこを「大和撫子」として、区別するようになりました

美しい女性のたとえ

なでしこのように美しい女性

言葉としての「大和撫子」の意味ですが、日本人女性の清楚な様子を例えた言葉

カワラナデシコの清楚な姿が、古くからイメージされる日本人女性の理想とされたんです。

女性の美しさは人それぞれですが、ナデシコの花を見ていると「こうありたい」と思うかも知れませんね。

七変化のナデシコ!

【関連記事】
秋の花といえば何?代表的な花5選!名前や読み方も紹介!

しい女性に例えられるナデシコは、とても品種の多い花。一年で枯れてしまう品種もあれば、何度も花を咲かせる品種もあります。

また清楚なイメージが強い一方で、情熱的な色合いの品種もあります。

花言葉も「純愛」「貞節」から、「大胆」まで様々なので、相手に合わせて贈りたいですね。

色々な顔を見せてくれるナデシコの中から、ピッタリの品種を見つけてみませんか?