暑さも一段落してが近づくと、夏とは違ったが咲いて私達の目を楽しませてくれます。

中にはよく見かけるけれど、名前をよく知らない花もあるのでは?また秋を連想させる花として名前があがるものの、どんな花なのか知らない事も。

知らなくても花の美しさは変わりませんが、出来れば花の名前や読み方などを覚えておきたいですね。

そこで秋の花といえば連想される代表的な花5つと、名前や読み方、そして花言葉など様々な角度で紹介します!

スポンサーリンク

秋桜(コスモス)

秋桜

秋の花の代表と言えば、漢字で「秋桜」と書くコスモスではないでしょうか。

開花時期は10月~11月頃ですが、夏に咲く品種もあるため長く楽しめる花の一つです。

コスモスは中南米原産のキク科の植物で、日本には明治時代に伝わった花。日当たりが良く水はけが良ければやせた土地でも育つため、初心者にも育てやすい花でもあります。

*一面に広がるコスモスの花々は、見ていると心が和みますね。

そんなコスモスの花言葉は、次のものとなります。

  • 乙女の純真
  • 調和
  • 謙虚
  • 平和

調和や平和は、コスモスの由来がギリシャ語の「秩序(コスモス)」から取られているから。日本では乙女のイメージが強いのですが、実は平和と秩序を象徴する花でもあるんですよ。

色別に見ると、

  • 白は「純潔」
  • ピンクは「乙女の純潔」

と純粋さを表したものが多くなります。

一方でチョコレートコスモスと呼ばれる黒い品種は、「恋の終わり」という花言葉が。

恋人に贈るときは、黒以外のコスモスを選ぶとふさわしいですね。

【関連記事】
淡く可憐な秋桜(コスモス)の花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

金木犀(キンモクセイ)

金木犀

秋の樹木では、キンモクセイの花が代表的。

9月下旬から10月中旬にかけて、オレンジ色の花と濃厚な甘い香りが楽しめます。

ただし開花時期が3日から5日ほどと短いため、見かけた時はしっかり楽しみたいものです。ちなみにある年代以上の方にはキンモクセイの甘い香りが「トイレの香り」と連想されてしまう場合が。

これはくみ取り式トイレが一般的だった時代に、キンモクセイの香りが長く使われ続けたからです。

そんなキンモクセイの花言葉は、次のものとなります。

  • 謙虚
  • 気高い人
  • 陶酔

謙虚や気高い人は、花が小さく雨が降ると散ってしまう様子から取られたもの。陶酔は、濃厚で甘い香りからの連想ですね。

【関連記事】
金木犀(キンモクセイ)の花言葉とは?香りの効果や名前の由来について

撫子(なでしこ)

撫子

秋の七草は、春の七草と違って七草粥にして食べず、その美しさを楽しみむもの。その七草の一つにナデシコがあり、赤やピンクの可憐な花が人気を集めています。

可憐な女性のことを大和撫子と言いますが、この花に様子から例えられたものなんですよ。

実はナデシコは品種改良しやすい花だったため、様々なナデシコが生み出されてきました。そのため開花時期は5月頃から10月頃まで長く、秋以外の季節でも楽しめます。

そんなナデシコの花言葉は、次のものとなります。

  • 純愛
  • 大胆

大胆は西洋で言われる花言葉で、赤いナデシコの花から取られた花言葉。色別で見ると、ピンクが「純粋な愛」で赤が「純粋で燃えるような愛」となります。

【関連記事】
ナデシコの花言葉や花の特徴について。大和撫子の言葉の由来は?

スポンサーリンク

桔梗(ききょう)

桔梗

同じく秋の七草の一つに数えられる桔梗(ききょう)は、秋に青紫の美しい花を咲かせます。

その花は特徴的な五角形で、この花をモチーフにした家紋もいくつかあるんですよ。

桔梗は6月頃から花が楽しめ、初夏に咲いた後に茎の部分を切り落とすと再び秋に花が。

そのため長く花が楽しめることから、園芸でも人気の品種。初心者でも育てやすいため、鉢植えで楽しんで見ませんか?

そんな桔梗の花言葉は、次のものとなります。

  • 永遠の愛
  • 誠実
  • 清楚

これらの花言葉から、菊以外のバリエーションが欲しい時の仏花として用いられることも。先立たれた夫や妻を偲び、花言葉に託すのも素敵ですね。

【関連記事】
色によっても違う!桔梗(ききょう)の花言葉とは?気になる由来についてもご紹介!

彼岸花(ヒガンバナ)

彼岸花

ヒガンバナは、別名「曼珠沙華(マンジュシャゲまたはマンジュシャカ)」とも呼ばれる花。

その名の通り、秋のお彼岸(9月中旬)に特徴的な赤い花を咲かせます

ちなみに曼珠沙華とは、サンスクリット語で「天上の花」という意味。どこかエキゾチックな佇まいは、お彼岸の季節にぴったりですね。

ただし彼岸花には水溶性の毒があるため、花束にするには不向きの花。

体内に入ると吐き気や麻痺症状が起こりますが、触った後の手をしっかり洗えば大丈夫です。

そんな彼岸花の花言葉は、次のものとなります。

  • 独立
  • 情熱
  • 悲しい思い出
  • 想うのはあなた一人
  • また会う日を楽しみに

赤い花の色かから情熱や独立といった言葉となる一方で、どこか悲しい花言葉が多いのが特徴。特に一人取り残されたかのような花言葉の数々は、しんみりしてしまいますね。

【関連記事】

じっくり秋の花を楽しもう!

【関連記事】

に咲く花は落ち着いた印象があり、力強く咲く夏の花とはまた違った美しさがあります。花なんて咲いてないと思っていても、探してみると身近で咲いているかも知れませんよ。

また観光地となっている花の名所もあるため、休日に訪れてみるのも素敵です。これをきっかけに秋の花の名前を覚え、書けるようになるのも面白いのでは。

様々な魅力がある秋の花を、様々な角度で楽しみませんか?