に咲く花と言えば、色鮮やかな花が多い印象があります。

見上げると黄色いひまわりが目に飛び込む一方で、樹木を見ればピンクの花が。公園でよく見かけるこの樹木は、「サルスベリ(百日紅)」というもの。

身近なようで意外と知られていない百日紅を、もっと詳しく知りたくはないですか?

そこで、百日紅の花言葉や、どんな花なのかをまとめて紹介します!

スポンサーリンク

サルスベリ(百日紅)の花言葉

猿も滑る

サルスベリの花言葉ですが、主に次の6つが挙げられます

  • 不用意
  • 愛嬌
  • 雄弁
  • 活動
  • 世話好き
  • あなたを信じる

この中の「不用意」「愛嬌」は、サルスベリの幹から名付けられたものです。

サルスベリの幹は、他の木の幹と比べるとつるつるとしています。そのため木登りが上手な猿でも、この木には登れず滑ってしまうという言い伝えが。

登りたくても登れない様子が「不用意」に、滑ってしまう様子から「愛嬌」という花言葉が生まれました。

花の付き方が

「雄弁」「活動」「世話好き」に関しては、サルスベリの花の状態から名付けられました。

サルスベリの花は、枝の先に密集して咲く特徴が。また開花時期になると次々と花が開く様子は、見ていてとても華やかです。

花が次々と咲く様子が、雄弁で活動的な印象に。また枝に密集して揺れる様子が、世話好きという花言葉へと繋がったんですよ。

信じる乙女が

「あなたを信じる」は、朝鮮半島の言い伝えから生まれた花言葉です。

あるとき旅の王子が竜神を退治し、生贄となった少女を助け出しました。

少女と王子はたちまち恋に落ちましたが、王子は使命があるため旅を続けなければならない運命。そのため旅を終えることになる100日後に、再会の約束を交わします。

ところが100日を目前にして少女はこの世を去り、再会を願っていた王子は嘆き悲しむことに。その後少女の墓から木が生え、美しい赤い花がいつまでも咲き続けるようになりました。

生まれ変わって木となっても待ち続ける少女の姿が、「あなたを信じる」という花言葉となったんですよ。

スポンサーリンク

サルスベリとはどんな花?開花時期は?

7月から8月にかけて

サルスベリは中国原産の落葉樹で、日本でもよく見かける樹木。花がきれいで病気に強く、大きく成長しない樹木なので公園や庭に最適です。

そんなサルスベリの花は、7月~10月にかけて開花します

特に7月~8月が花のピークで、白・ピンク・赤・紫の花が次々と開花。一つ一つの花は小さく、2~3日で散ってしまいます。

しかし次々と開花するため、長期間花が楽しめるんですよ。

信じるもの

サルスベリは漢字で書くと、「百日紅」となります。

これは花言葉のところでも触れた通り、100日後に再会を誓った恋人たちの逸話から取られたもの。

少女はこの世を去ってしまいましたが、赤い花が咲く樹木となっても恋人を待ち続けました。この逸話から、百日紅という漢字が当てられたというわけですね。

木登り上手の猿も

漢字は「百日紅」と美しいのに、その漢字にあてられた音はサルスベリ。これもやはり花言葉のところでも触れた、猿も滑ってしまうほどの木という逸話から名付けられました。

サルスベリの幹がつるつるしているのは、樹皮が成長と共に落ちてしまうからです。

樹皮が落ちると中から新しい樹皮が出てきますが、これがつるつるした触感。その様子が「猿でも滑る」と表現され、この名前となりました。

実際の猿は、つるつるしたサルスベリの幹でも上手に木登り。「猿も木から落ちる」とはならないので、猿がかわいそうと思った方は安心してくださいね。

庭に植える?植えない?

サルスベリはきれいな花が咲き、病気にも強く育てやすい樹木。そのため庭木としても人気で、玄関先などによく植えられています。

しかし風水的の考え方では、サルスベリは庭木には不向きとされています。というのもツルッとした幹は、猿も滑り落ちると言われるほど。

実際は違うのですが、そのイメージから「落ちる」「下がる」といった出世から離れる象徴に。

あくまでも風水の考え方なので、花が気に入ったなら気にせず庭木にして大丈夫ですよ。

名前に2つの言い伝え

サルスベリは音で聞くと少し楽しく、「百日紅」という漢字を見ると美しい印象があります。そして密集して咲く花は美しい一方で、つるつるした幹は少しおもしろいと感じられる樹木でもあります。

そんなサルスベリの花言葉には、猿も滑り落ちるといった愉快なものが。一方で再会が叶わなかった恋人の伝説もあり、二面性がある樹木とも言えますね

街角でサルスベリの花を見かけたら、ぜひ花言葉と逸話を思い出してくださいね!