5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

端午の節句には、五月人形や鯉のぼりといったお祝いごとを行いますが、男の子のお祝いのイメージがありますよね。

女の子のいる家庭では何もしないイメージがあるかもしれません。

でも、端午の節句はそもそも「こどもの日」ですし、女の子だってお祝いしたいですよね?

そこで、
・こどもの日は女の子もお祝いしてもいいの?
・女の子へのプレゼントは?

…についてまとめましたので、女の子を持つご両親は必見ですよ!

スポンサーリンク

こどもの日は女の子もお祝いしてもいいの?

「こどもの日」とは

こどもの日は「国民の祝日」として、法律で定められたもの。制定されたのは1948年で、戦前には無い祝日。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
というものなんです。

趣旨を見て分かる通り、こどもの日はすべての子供に対するお祝いの日。なので女の子も、積極的にお祝いしていいんですよ。

端午の節句とは

5月5日をこどもの日としたのは、元々この日が「端午の節句」だったから。こどもの日を制定する際に、子供のお祝いとして馴染みがあったので選ばれたんですね。

端午の節句とは5月5日にお祝いする、男の子のためのお祝いの日。女の子のお祝いである、3月3日の桃の節句と対になるものです。

端午の節句には、菖蒲(しょうぶ)を使って邪気を払う風習があります。

この菖蒲ですが、
・葉の形が細長く刀に良く似ている
・菖蒲が尚武(しょうぶ)に繋がる
などのことから、男児のお祝いをする日に。

そこから武家男児の象徴である鎧兜の人形と、鯉のぼりを飾るようになりました。

5月5日は元々男の子のお祝いの端午の節句ですが、そこに「こどもの日」が後から追加されたんですね

ですので、
・男の子のお祝いの日でもあり
・子供全てのお祝いの日でもあるんです。

鯉のぼりや五月人形はどうする?

端午の節句は男の子のお祝いの日ですが、女の子は鯉のぼりなどを飾ってはいけないのでしょうか。

五月人形に関しては武家男児の象徴という部分があるため、あえて飾る必要はありません。3月3日のお雛様と同様に、女の子が飾りたいなら飾っても良いかも知れませんね。

鯉のぼりに関しては、「鯉は滝を登って竜になる」という中国の故事が由来となったもの。そこから子供の立身出世を願う縁起物となったのですが、男の子だけというものではありません。

ですから、女の子が飾りたいというなら、鯉のぼりも飾っていいんですよ。

ただし五月人形も鯉のぼりも、男の子のものというイメージが強いのが現状。最近では小さな鯉のぼりもあるので、女の子の場合は室内に飾ったほうが無難かも知れませんね。

スポンサーリンク

女の子にはどんなプレゼントがいいの?

その子の好きなものを

端午の節句のプレゼントとなると、男の子の場合は鯉のぼりや五月人形が定番。女の子に関しては何が良いでしょうか。

本人が欲しがるなら鯉のぼりをプレゼントしても良いですね。

また五月人形のモデルに採用されやすい、金太郎に関係したアイテムも。例えば熊がお友達という逸話から、熊のぬいぐるみ熊のキャラクターの文房具などいかがでしょか。

しかしこどもの日のお祝いだからとこだわらず、その子に与えたいものをプレゼントするのが最良でしょう。

ここで注意して欲しいのが、
「これは女の子のものじゃない」
「これは男の子のもの」
と言ってしまうこと。

否定することは、子供の気持ちを傷つけることにつながるので注意しましょう。

お祝いはどうする?

子供の日のお祝いの席ですが、端午の節句のお祝いをそのまま行なって問題ありません。

例えば端午の節句では、「柏餅」「ちまき」を頂く風習があります。

・柏餅
あんこ餅を柏の葉でくるんだもので、子孫繁栄の縁起物

・ちまき
餅やもち米を竹の皮などでくるんで蒸したもので、厄払いの縁起物

いずれも子供の将来を案ずる縁起物ですので、女の子がいる家でも積極的に食べたいですね。

*柏の葉が入手できれば簡単に作れるので、親子で挑戦しませんか?

また端午の節句は菖蒲湯に入る風習があるので、家族で日帰り温泉に出かけるのも素敵です。

菖蒲の花の見頃は5月下旬と、残念ながらこどもの日に見るのは難しいかもしれません。

しかし温泉施設や入浴施設では、菖蒲湯を提供しているところも。昼間は子供の大好きなテーマパークへ行き、その帰りに菖蒲湯に浸かるのはいかがですか?

関連記事:
端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?
鯉のぼりの由来や意味。こどもの日に掲げるのは何故?

男の子も女の子もこどもの日!

5月5日はこどもの日でもあり端午の節句でもあるため、男の子をお祝いする日だと勘違いされがち。

それも間違いではないのですが、こどもの日は全ての子供をお祝いする祝日です。

女の子だけの家庭でも、5月5日にはお祝いをしませんか?縁起の良い鯉のぼりを飾ったり、ちまきや柏餅を美味しく食べたり。男の子も女の子も一緒に楽しく、5月5日を過ごしたいですね!