presidentialelection1

国の首脳陣が変わる時は、ニュースでも大きく取り上げられます。特にアメリカの大統領に関しては、様々な面で影響が大きいため世界的にも大きな注目が集まります。

しかし、アメリカの大統領選挙って1年近くも行なっているような印象がありますよね。日本とは仕組みが違うのでしょうが、一体どうやってアメリカの大統領を選ぶのか気になりませんか?

そこでアメリカ大統領の任期や大統領になる条件、そして大統領選挙の仕組みを簡単にまとめました!

スポンサーリンク

アメリカ大統領の任期は?

任期は4年、最大10年

アメリカ大統領は権限がとても大きく、アメリカを背負って立つ象徴とも言える地位。

その任期は、4年、最大で2期(引き継ぎ任期含めて連続で10年未満)まで大統領になることが可能となっています。

2期・8年の任期を終えた後は、どれだけ国民の支持を受けても再任(3選)は不可能です。また期間をおくなどしても大統領に3選は出来ません。

ただし任期の合計が6年以下だった場合は、例外的に三度目の大統領となることが可能です。

これは任期途中で大統領が退任した場合、引き継いだ人物が残りの任期を務めるため。例えば1年6ヶ月で大統領が退任した場合、次の大統領は2年6ヶ月の間大統領を務めます。

presidentialelection3

大統領になるには

アメリカ大統領となる資格を得るには、次の条件が必要となります。

□出生による「アメリカ合衆国市民資格(アメリカ国籍)」保持者

だれでもアメリカで生まれた時点で、アメリカ国籍が得られます。そのため母親がアメリカ以外の国籍を持っていても、生まれた時点でアメリカにいたなら国籍を取得。

また両親の一方がアメリカ国籍保持者であれば、どこで生まれても子供はアメリカ国籍を得られます。

□35才以上かつアメリカ在留期間が14年以上

アメリカで生まれて国籍を取得したとしても、14年以上アメリカに住んでいないと駄目という事です。

□連続して10年以上、大統領の職にいない者

この他法律には無いのですが、「共和党」「民主党」のどちらかに所属することも求められます。

アメリカはこの二大政党が議会の大多数を占め、それ以外の勢力はごくわずか。そのため事実上二大政党からの出馬が、大統領となる条件となってしまいます。

スポンサーリンク

アメリカ大統領選挙の仕組み

予備選挙と党員集会

アメリカ大統領選挙を行う前に、次の手順を経て各党で大統領候補を決定します

1.大統領になりたい人が、立候補を宣言する。

2.選挙が行われる年の1月より各州で党員集会または予備選挙を行い、立候補を絞っていく。

3.7月に各党の全国集会が行われ、ここで大統領候補を一人選ぶ。

党員集会は話し合いで、予備選挙は投票を行ってどの候補者を支持するのかを決定します。

特に「スーパー・チューズデー」と呼ばれる、予備選挙・当院大会が集中する日は要注目。

この日の結果で、候補者選びの行方がある程度決定します。

最終的には全ての州で最も支持を集めた候補者が、大統領候補を確定。それを7月の全国集会で、「党を代表する大統領候補」として指名するのです。

そして本選へ

presidentialelection2

各政党で大統領候補を選んだ後は、いよいよ本選へと突入します。

1.11月上旬までの間、大統領候補が選挙活動を行う。

2.11月の第一月曜日の翌日に、一般投票で「大統領選挙人団」を州ごとに決定する。

3.12月の第二水曜日の翌週月曜日に、大統領選挙人団が投票で大統領を選ぶ。

4.翌年1月に開票を行い、票を多く集めた方を大統領とする。

5.1月20日に、正式に大統領として就任する。

ここで一番重要なのが、11月の「大統領選挙人団」を選ぶ一般投票です。

この一般投票では、有権者が各大統領候補に投票を行います。州ごとに結果は集計され、投票の多かった候補者が決定。

するとその候補者を支持している「大統領選挙人団」が、州ごとに割り振られた人数分選び出されます。

大統領選挙人団は州ごとに人数が異なり、最大で55人・最小で3人が州ごとに割り振られています。

例えば5人が割り振られてる州でA候補者の得票数が多ければ、5人がA候補を投票する事が確実に。

3人が割り振られている州でB候補者の得票数が多ければ、3人がB候補に投票することとなります。

そのため11月の一般投票を終えた時点で、大統領は決定したも同然。後は12月の選挙人団が投票となりますが、ここで結果がくつがえることはまずありません。

大統領選選挙が面倒な方法を取るのは、アメリカが「州」が集まって出来た国だから。州の代表がアメリカ大統領を選ぶ、という形式なのでこの様な方法をとっているんですよ。

*「大統領選挙人団」とう方式は、採用しているアメリカでも面倒な方法と思っているみたいですね。

1年掛けて決定する

アメリカ大統領選挙は長いイメージがありますが、大半は大統領候補を選ぶための期間。各政党の大統領候補が一本化された後も、投票までにやや時間がかかります。

しかも11月の一般投票でほぼ決定していても、正式に任命されるのは翌年1月。予備選挙・党員集会から約1年掛けて決まるため、とにかく長いイメージとなるんですよ。

しかしこれもアメリカならではと考えて、大統領選挙の行方に注目したいですね。