虹の絵

上がりの空にかかるを見つけると、なんだか気分がウキウキしてきますよね。

また庭にホースで水まきをしているときに、ホースの先に小さな虹ができていた・・なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

何色もの色が重なった虹は、「虹色」とも表現されます。この虹色の順番はどうなっているのか、また何色が重なっているのかご存知ですか?

知っているようで、意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

そんな「虹色」について、色の順番や覚え方、また世界の虹色事情についてまとめてみました。

スポンサーリンク

虹色の順番は?

きれいな虹

赤から紫まで

日本での虹色の順番は、アーチの外側から内側に向かって、

…の7色にわけられます。

これら、虹の色の境界線ははっきりせず、グラデーションのように赤から橙・橙から黄色・黄色から青へと変わっていきます。

とくに内側の藍色や紫色は空に溶け込んで見づらいことも多く、人によっては7色でなく5色や6色に見えることもあります。

また虹が発生した時間帯などによっては、全体が薄くぼんやりして見づらいこともあるんですね。

虹色はなぜこの順番になるの?

虹の色は、常に外側が赤で、グラディエーションのように変わっていき、内側は紫となります

虹色の順番がこのようになっているのは、魔法のように虹が突然生まれわけではなく、(法則性のある)自然現象からです。

虹は、太陽の光が空気中に含まれる水滴にぶつかることで発生する現象ですが、光は水滴にぶつかると、進行方向が曲がってしまう特徴があります。

また光には多くの色の情報が含まれているのですが、ぶつかると色がバラバラの方向に曲がってしまいます。この曲がり具合は、光の持つ色ごとによって微妙に違うため、結果的に色が分かれて層となって見えるように。

また、色ごとの曲がり方は常に同じなので、どこで虹を見ても、色の重なり方や順番は同じなんですね。

虹色の覚え方は?

描いた虹

音読みにして

虹色の順番は、暗記するとなると意外と覚えづらいもの。そこで、暗記しやすい方法を紹介します。

1つめは、虹の七色を音読みにしてリズムよく覚える方法です。

虹のそれぞれの色を音読みにすると、次のようになります。

順番
(外より)
虹色 音読み
1 セキ
2 トウ
3
4 リョク
5 セイ
6 ラン
7

これをつなげ、「セキトウキリョクセイランシ」と覚えましょう。

ただしこの方法ですと、音読みと色がうまく結びつかないと覚えづらいことも。しかし訓読みよりはリズム良く覚えやすいので、まずはこの方法でチャレンジしませんか?

語呂合わせで

2つめの方法は、語呂合わせで覚えるもの。

ただしこの方法はアーチの外側からではなく、内側から覚えるものとなります。

これは内側の紫から藍・青・緑・黄・橙・赤の順に、「知らせろ男」と覚えるもの。

順番
(内より)
虹色 語呂合わせの
読み
1 紫(シ)
2 藍(ラン)
3 青(セイ)
4 緑(リョク)
5 黄色/黄土色(オ)
6 橙(トウ)
7 赤(コウ)

黄色の「お」と、赤の「こ」がちょっと苦しいかもしれませんね。

音読みの暗記と同じく、音読みから色を想像できないと覚えづらい部分もありますが、覚えやすい語呂合わせなので、こちらを覚えるのもおすすめですよ。

英語で覚える

それぞれの色を英語に直し、その頭文字で覚える方法もあります。

順番
(外より)
虹色 英語 頭文字
1 レッド(Red) R
2 オレンジ(Orange) o
3 イエロー(Yellow) y
4 グリーン(Green) G
5 ブルー(Blue) B
6 インディゴ(Indigo) i
7 ヴァイオレット(Violet) v

これらの頭文字を取り、「Roy G Biv(ロイ・ジー・ビヴ)」と人名風に覚える方法が。

英語が得意な人でしたら、こちらのほうが覚えやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク

虹の色や数は世界ではどう違うの?

虹色は七色じゃない!?

虹のコップ

虹の色ははっきり区分けされていないため、国によっては7色ではなく、6色や5色、または2色とする場合もあります

7色と数える国も含め、世界の虹色の事情をいくつか表であげてみました。

国(民族・地域) 虹の色数 備考(色順など)
アフリカ・アル部族 8色 赤・橙・黄・黄緑・緑・青・藍・紫の順
日本 7色 赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順(古くは5色とも)
韓国 7色 (古くは1色~5色とも)
オランダ 7色
アメリカ 6色 赤・橙・黄・緑・青・紫の順
イギリス 6色 赤・橙・黄・緑・青・紫の順
フランス 5色 (7色、3色とも)
ドイツ 5色 赤・橙・黄・緑・青の順(3色とも)
中国・漢族 5色 (4色とも)
メキシコ・マヤ族 5色 黒・白・赤・黄・青の順
ロシア 4色 (5色、7色とも)
インドネシア・フローレス島 4色 赤地に、黄・緑・青の「縞」
台湾・ブヌン族 3色 赤・茶・青、または赤・黄・紫
南アジア・バイガ族 2色 赤・黒
日本・沖縄地方 2色 赤・青、または赤・黒

日本では「虹は7色」となっていますが、古くは5色と言っていたときもありますし、沖縄のように2色としている民族は意外と多いようです。

人間の目で見る虹については、その人の見え方によって色の感じ方は変化します。またその国・民族の文化によって、色を細かく分別しないことも

そのため、国や地域・歴史などの要因で、虹色の数が減ったり増えたりしているんです。面白いですね。

虹色は色々

虹色と言われると七色と連想しますが、その内訳は意外と覚えていないもの。イラストの虹色ははっきりしているのに、実際の虹色は色がぼんやりしているからかもしれませんね。

日本では赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の七色としていますが、外国ではその数が減ったり増えたりすることも。見え方の違いはあれ、基本的な色の順番はどの国でも変わらないものなので、頑張って暗記したいですね。

カラフルで美しい虹色が生まれる原理も一緒に覚えて、雨上がりの空に虹を探しませんか?