月の表面の様子や表面温度ってどうなの?裏側はどうなってる?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , , ,

tsukinoondo1

に人類が降り立って40年以上が過ぎましたが、未だに月は遠く離れた存在。

いつか誰でも気軽に、月へ旅行に行ける日が来ると素敵ですよね。

そんな月には空気が無いことは知られていますが、地表に降り立つと温かいものなのでしょうか?

地球から見ると月の表面に模様が見えますが、表面の様子や温度はどういう状態で、また裏側はどうなっているのかも気になるところ。


そこで月の表面の様子や表面温度、また普段は見えない月の裏側についてまとめました!

スポンサーリンク

月の表面温度は?

過酷な環境

月にはうさぎが住んでいて、餅つきをしている。満月の時に月を見ると、こんな逸話を思い出しませんか?

しかし月の表面温度は、生き物が暮らすにはあまりに過酷すぎます。

月の表面に太陽の光が届いているの気温は、100℃~125℃前後まで上がります。

一方で光が届かないは、マイナス160~233℃近くまで下がることも。

暖かい時は暑いというより「熱い」状態ですし、寒い時は一瞬で凍ってしまうほどの温度です。

tsukinoondo2

水と空気が

太陽からの距離は地球とそれほど変わらない月ですが、なぜこれほどの温度差があるのでしょか。

それは月には、水と空気が無いからです。

空気の層(大気)は太陽の光を和らげつつ、温まった地表の熱を逃げないようにする働きが。しかし月の重力は地球の重力の約1/6しかないため、空気を地表にとどめておくことができません。

そのため太陽の光が当たって気温が上昇しても、当たらなくなるとあっという間に冷えてしまいます。

また地球の表面の約7割が海で覆われていて、太陽の光で温まった熱を地球全体に均一に届ける役目が。しかし月には水がないため、光の当たってる所だけが暑くて他は一切温まらないのです。

月の表面の様子は

デコボコクレーター

満月の表面を地球から見ると、
・明るい部分
・暗い部分

があることがわかります。

この暗い部分がうさぎに見えることから、月にはうさぎがいると言われたんですよ。

この明るい部分と暗い部分を作っているのは、隕石が落ちて出来たクレーターです。

月が出来たとされる約46億年前には、地球と月の周辺の宇宙にはたくさんの隕石の元が。それが次々と月に落下し、月の表面に深さ数キロにも及ぶ巨大なクレーターがいくつもできました。

黒い影は「海」

ある程度隕石も落下し尽くした頃、今度は月の内部にマグマが生まれました。

出来たマグマは地表に出てきたのですが、その場所がクレーターの底の部分。

しかもマグマの熱量がそれほど高くなかったため、比較的溶けやすい玄武岩だけが溶ける結果に

それがクレーターを埋めて黒い平らな地平を作り、いわゆる「海」と呼ばれる地帯となりました。

海の名称がついたのは、その部分に水があるのではと昔の人が考えたから。実際は黒い玄武岩が光を反射しないためで、水のない乾いた大地なんですよ。

スポンサーリンク

月の裏側はどうなっているのか

常に同じ場所が

tsukinoondo3

ところで、いつ月を見ても同じ模様なのはどうしてなのでしょうか。それは、月の公転自転が関係しています。

「自転」とは月や地球などが、自分で回ること。一方の「公転」とは、ある一点を中心として周囲をぐるりと回ること。地球で言えば自転一週分が「1日」となり、太陽を中心とした公転一周分が「1年」となりますね。

実は月の自転速度と、地球の周りを回る公転速度はほぼ同じ。そのため地球からは、常に月の同じ面が見えることになります。

なので地球からは常に同じ模様が見え、いわゆる「裏側が見えない」状態となるのです。

*更に詳しい説明は、こちらの動画を見るとよくわかりますよ!

□なぜ月は、いつも同じ面を見せているのか

裏側には何がある

地球からは見えない月の裏側には、一体何があるのでしょうか。これに関しては、気象衛星などを使って撮影した写真がいくつか存在します。

*こちらはNASAが気象衛星で撮影したものを、アニメーションにした動画です。

□EPIC View of Moon Transiting the Earth

写真などをみると、月の裏側はなだらかなように見えます。しかしそれは「海」が月の裏側にほとんど無い為で、黒い部分がない事からくる錯覚。

実際は月の一番高い場所も一番低い場所も、月の裏側に存在。そのため月の表面よりも、更にデコボコした場所だという事が判明しています。

月を見上げて

うさぎがいたり、かぐや姫の故郷だったりと、何かとロマンチックな月。実際は生物にとって過酷な環境であり、黒い部分を「海」と言いながらも水のない場所でもあります。

そんな月ですが、天体望遠鏡で覗けば月の表面も確認することが可能。 あるいは満月の時に、表面の「うさぎ」を確認する事ができます。

意外と知らないことの多いお月様。満月の夜にじっくりお月見しませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

山車・神輿・屋台それぞれの違いとは?人が乗っても良いのはどれ?

子供の頃に地元のお祭りで、お神輿を担いだ経験はありませんか? 地域によっては、山車を引いた経験

記事を読む

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的な結晶の集まりである雪は、存在

記事を読む

ゲン担ぎに!縁起の良い1桁と4桁の数字は何?逆に縁起の悪い数字は?

ナンバープレートの数字が、好きなものを選べるようになってだいぶ経ちます。希望する数字が空いて

記事を読む

シールやラベルを上手にはがす方法!コツやポイントは?

子どもたちが、あちこちに貼ったシール。 はがしそびれた値札… シールって、長い間そのまま

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」の意味と違いとは?どう使い分ける?

ネット上のニュースなどを読んでいると、「これは書き間違いかな?」と思える言葉に出会いませんか

記事を読む

名字と苗字の歴史や由来。それぞれの違いや使い分けは?

日本人の名字は、実に30万種類以上もあると言われています。 例えば同じ「さいとう」でも

記事を読む

飛行機に乗ると耳が痛い!その原因と対処法は?

長距離の移動に飛行機は便利ですが、乗りたくないと言う方も中にはいます。高いところが怖いといっ

記事を読む

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力満点!アーティスト・ミュージシ

記事を読む

油性ペンの落とし方!手肌や服についたインクをキレイにするには?

ペンケースに一本あるととっても便利なのが、瓶や布などに書いても消えにくい油性ペン。 と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑