ピンクのストロベリームーン

空に浮かぶはその日ごとに姿を変えるため、少し不思議なイメージがあります。特に満月にはうさぎが餅をついていたり、狼男が変身したりと…神秘的なイメージがありますよね。

そんな満月でも特に神秘的なのが、めったに見られない「ストロベリームーン」というもの。この月には願い事を叶える力があると言われているのですが、どんな願いが叶うのか気になりませんか?

そこで、

  • ストロベリームーンとは?
  • 2019年のストロベリームーンはいつ?
  • どんな願い事が叶うのか?

…について紹介するので、ぜひ覚えて参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ストロベリームーンとは?

6月のイチゴ満月

ストロベリームーン(Strawberry Moon)とは、満月が赤く見える現象のこと。ネイティブアメリカン(アメリカン・インディアン)がそう呼んだことから、この名前が広まりました。

いちごの旬は、現代の日本では12月から4月にかけてですが、アメリカでは6月から8月にかけて

そのイチゴが旬を迎える6月の満月が赤く色づくことから、ネイティブアメリカンは「いちごの満月=ストロベリームーン」と表現するように。そこから、現在では6月の満月のことを「ストロベリームーン」と呼ぶようになったわけですね。

ちなみにヨーロッパではバラの色に例えられ、「ローズムーン(rose moon)」とも呼ばれています。

□2017年6月9日ストロベリームーン!【出水市】

*こちらは2017年のストロベリームーン。確かにいつもの満月より赤いですね。

なぜ月が赤くなるの?

月の色は金色や白に見えることが多いですが、なぜ6月だけは赤く見えるのでしょうか?

それは太陽と月の位置関係が、深く関わってきます。

月は自分で光っているのではなく、太陽の光を反射することで光っているように見えます。そして月は地球の周りを回転しているため、地球から見たときに光が当たらない部分も見えることに。

これが月の満ち欠けの正体であり、満月は「月に光が当たっている部分が全て見えている状態」なんです。

ストロベリームーン

満月の夜の太陽と月の位置は、地球を中心としてそれぞれ反対側に位置します。そして地球から見たときの月の位置により、太陽の光の色にも変化が生まれます。

太陽の光は白っぽく見えますが、この色は様々な色が混ざり合ってできたもの。ただし地球の大気を通した時に反射されてしまい、条件によっては届かない色も出てきます。

夕日が赤く見えるのは、太陽が低い位置にある関係で赤が特に強く出ているから。同じようにこの「赤が特に強く出る」状況が、ストロベリームーンにも発生しているんです

地球を中心として見たときに、月と太陽が反対側にあり、太陽が高い位置にあって月が低い位置にある時。このときの月は夕日のように、赤い色が強く反射されてしまいます

これが「ストロベリームーン」の正体で、科学的に説明できるものというわけなんですね。

スポンサーリンク

2019年のストロベリームーンはいつ?

夏至に近い満月の日が

6月の満月が赤く見えるのは、太陽と月の位置が関係しているからと説明しました。これは北半球から見た太陽が一番高い位置に来るのが、夏至(げし)を迎える6月であることに関係します。

その夏至の日が1年の中でも最も太陽が高い位置となりますが、相対的に反対の位置にくる「月」は1年で最も低い位置になります

そのため夏至の日の月が、条件としては一番赤い月となります。しかしその日が必ずしも満月となるとは限らないため、夏至に一番近い満月の日が「ストロベリームーン」となるんですね。

【関連記事】
昼間が一番長い日!夏至の日はいつ?ヨーロッパでは?

2019年のストロベリームーンの日にちは?

2019年の夏至は、6月22日(土)。しかしこの日は「十日夜の月」と呼ばれる、月が半分程度見えている日。ここから一番近い満月は5日前です。

ですので、2019年のストロベリームーンは、6月17日(月)になります。

夏至の日とは少しずれますが、天候が良ければ、普段より赤い神秘的な月が楽しめそうですね。

遠くにあるストロベリームーン

ストロベリームーンは願いが叶うの?

恋人と見ると…

ストロベリームーンは、一年に一度しか見ることができない特別な満月。そのため、ストロベリームーンを見ることができると、幸せになると伝えられています

例えば、

  • 恋人同士で見た場合、その人と永遠に結ばれる。
  • 片思いの人と見た場合、その人と恋人になれる。
  • 縁遠い人が見た場合は、素敵な恋人があらわれる。

このように、特に恋愛関係に良い効果があらわれると言われているんですよ。

また恋愛だけに限らず、ストロベリームーンを見ると幸運に恵まれるとも言われています。めったに見られないものを見ることは、それ自体がこの上ない幸運なのかもしれませんね。

*こちらは2018年のストロベリームーン。写真撮影が素晴らしく、幻想的な雰囲気が醸し出されてます。

6月の満月の夜に注目!

【関連記事】

トロベリームーンは6月にしか見られない満月で、いちごのように赤く見える特徴があります。とても神秘的な月ですが、太陽の位置と月の位置が関係している科学的根拠のあるもの。

しかし1年に一度しか見られない貴重な満月は、見ることで幸運に恵まれると伝えられています。特に恋愛運にご利益があり、恋人と見ると永遠に結ばれとも。

2019年のストロベリームーンは6月17日。この日の夜が晴れる事を願って、好きな人と一緒にストロベリームーンを眺めて楽しみませんか?