alohaladys1

に向けてあると便利なのが、着るだけで華やかな印象になるアロハシャツ

ハワイへは行けなくても、着用するだけでハワイ気分になれて気持ちが明るくなりますよ。

しかし派手な柄が多いアロハシャツを、どのようにコーデすればいいのでしょう?あるいはレディース用のアロハシャツを、どこで買えばいいのか悩んだりするかもしれませんね。

そんな方にレディースのアロハシャツの着こなしと、おすすめのアロハシャツのブランドを紹介します!

スポンサーリンク

レディースのためのアロハシャツの着こなし・コーデ

定番はデニムと!

ロハシャツは柄が派手な分、パンツはシンプルにするとすっきりした印象となります。とくにデニムがおすすめで、ブルー系の色合いはどんなアロハシャツとも相性抜群です。

シャツもブルー系なら、同系色コーデでまとまり感が更にアップ。白が多いシャツであれば、柄が多くても開放的ながら上品な印象に。アロハシャツ独特の赤や黄色を散りばめたデザインも、デニムパンツなら優しく受け止めてくれます。

デニムはスキニージーンズでも良いですし、ワイドパンツやガウチョも相性抜群。変わった所ではサロペットと合わせると、クラシカルに可愛いスタイルの完成です。

足元にはスニーカーやサンダル・グラディエーターなど、少しリゾート感のある靴を選びましょう。

alohaladys2

裾をきゅっと絞って

ワイドパンツやガウチョ、ロング丈のスカートと合わせるときには裾を結ぶのがオススメ。ワイドパンツ系は下に向かって広がるため、上半身はコンパクトにまとめるとスリムな印象になります。

裾をパンツの中にインしてもいいのですが、裾を結ぶほうがアロハらしいラフ感がアップ。腰のくびれも生まれるため、ワイドパンツだとメリハリが無いとお悩みの方にオススメです!

白でリゾート感を演出!

アロハシャツには多くの色が使われている分、一歩間違えると目がチカチカするコーデになりがち。

その点を上手にまとめるには、どこか一ヶ所に白を取りいれましょう

例えば、

  • アロハシャツの下に着るインナーを、白系でまとめた薄い柄入りのTシャツにする。
  • デニムパンツの代わりに、白やクリーム系のカリブパンツを取り入れる。
  • つばの広い白の帽子をかぶったり、クラッチバックに白をと入れる

など。

夏コーデは白がよく似合いますので、アロハシャツコーデにも取り入れましょう。

スポンサーリンク

おすすめのアロハシャツブランド

IOLANI(イオラニ)

イオラニとは、ハワイの言葉で「天国の鳥」という意味。

創業者が日系人だからか、アロハシャツのテイストなのにどこか日本らしさもあるブランドです。ハワイらしい柄でありながら色使いが繊細で、女性に合わせやすいアロハシャツでもあります

また「居楽仁」というブランド展開もあり、こちらは和風テイストが表に出たもの。アロハシャツに抵抗がある人でも、こちらなら着やすいのではないでしょうか。

Tori Richard(トリ・リチャード)

トリ・リチャードは、ハワイでは高級ブランドとなるアロハシャツブランド。

綿生地が多いアロハシャツですが、こちらではレーヨン・シルクといった高級感ある生地も扱います。柄も仕立ても上品で、派手なシャツだと子供っぽくなる人にオススメ

きっちり着てもラフに着ても、大人のリゾート感が演出できるので落ち着いた印象となりますよ。

KAHALA(カハラ)

カハラは元々レディースブランドとして立ち上げ、のちにメンズやスポーツ用品を手がけるように。現在はトリ・リチャードの傘下にありますが、一ブランドとして独自の路線を貫いています。

特徴は上品でありながら、ビビットな色使いでどこか可愛さがあるところ。ハワイにおけるフォーマルシーンに活用出来るアロハなので、日本の街中でもよく馴染みます。

SUN SURF(サンサーフ)

サンサーフはハワイで広く流通している、アロハシャツを代表するブランドです。
それだけにサイズもデザインも豊富で、日本人女性にも合うサイズが多いのが嬉しいところ。カラフルでポップなデサインも多く、可愛さを出したいコーデには欠かせません。

なによりも「アロハシャツ」らしさが全面に出るため、見ているだけで元気が貰えます。

サンサーフ SUN SURF SS35068

サンサーフ SUN SURF SS35068
価格:19,440円(税込、送料込)

Avanti Shirts(アヴァンティシャツ)

アロハシャツの黄金期と呼ばれた、1930~50年代のデザインは現在でも人気。当時のものは手が出せませんが、復刻デザインを出しているブランドがいくつもあります。

その中でもアヴァンティシャツは、シルク生地で再現しているため着心地がとても爽やか。それでいて家で洗濯OKな手軽さと、ビンテージデザインとしては入手しやすい価格なのも魅力的。

コレクションしても良いのですが、レトロ可愛いデザインを身にまとうのも面白いですよ。

実は日本人向け?

アロハシャツの起源の一つに、移住した日本人が持ち込んだ振袖から作ったという話があります。独特の柄も元は晴れ着と思えば、どこか懐かしく馴染みやすいのではないでしょうか。

そのためかアロハシャツは、ハワイの人以上に日本人によく似合うという話も。

見た目の派手さで遠慮せず、一度袖を通してみませんか?日常がハワイのリゾート気分に変わる、アロハシャツをぜひコーデに加えてくださいね。