valentainmsg1

2月の一大行事と言えば、バレンタインですね。

そんなチョコレートにぜひ添えて欲しいのが、メッセージカード。メールやSNSで愛のメッセージをやり取りしていたとしても、改めてカードで貰うと男の人は嬉しいものです。

しかしメッセージカードには、どんな言葉を書き綴れば相手に伝わるのでしょうか。

バレンタインカードのメッセージを書く時のポイントと、相手別で覚えておきたいメッセージの例文を紹介します!

スポンサーリンク

バレンタインカードに書くメッセージのポイント

思いは短くストレートに

ッセージカードを書きなれていない場合、つい長く文章を書いてしまいがちです。そうなるとメッセージカードではなく、手紙になってしまいます。

それにあまり長い文章は、相手が読み飛ばしてしまう可能性も。メッセージカードには、伝えたい言葉を短く書きましょう

またメッセージカードの内容は、ストレートな表現のほうが気持ちが伝わります。面と向かって言わないからこそ、はっきりとした表現でないと伝わりづらい部分も。

愛してる・大好きです・感謝しています…など、直接だと言いづらいストレートな表現を心がけましょう。

valentainmsg2

忘れがちな「名前」

特に夫へ贈る場合、つい名前を省略しがちです。

しかし付き合いが長いからこそ、相手の名前も自分の名前もしっかり書いておく必要があります。互いの愛を再確認するバレンタインカードには、恋人時代に戻って互いの名前を書きましょう

また現実的な話として、同僚や上司などに渡す「義理チョコ」にはお返しが付き物です。

その時に自分の名前を書いたメッセージカードがあると、貰った側にとって便利。相手がうっかり忘れてしまわないよう、メッセージカードを添えて送った事をアピールしましょう

なるべく直筆で

メール全盛の現在、相手の書いた自筆の文字を知らない事も結構ありますね。文字を書くのが苦手な場合、手紙もワープロソフトなどで入力してプリントアウトという事もありがちです。

しかしメッセージカードがプリントアウトしたものですと、購入したカードをそのまま添えただけの印象になって味気ないもの。

たとえ文字を書くのが苦手でも、ゆっくり丁寧に直筆で記入するようにしましょう

相手との関係を考えて書く

メッセージカードを贈る相手は、大きくわけると次の二種類に分類されるのではないでしょうか。

・片思いの相手や恋人・結婚相手に送る場合
・友人や同僚・上司に送る場合

です。

前者の場合は、自分の気持ちをストレートに表現すると良いですが、後者の場合はそうもいかない場合もありますね。

異性の友人や同僚の場合、表現の仕方によっては誤解を招くことも。相手が妻帯者であれば尚更配慮が必要でしょう。

義理チョコや友チョコの場合、お世話になっていることへの感謝を一言書く程度にしましょう

スポンサーリンク

バレンタインカードに描くメッセージの文例

それでは、バレンタインに贈るおすすめのメッセージを相手別に文例でご紹介しますね!

片思いの彼相手に

メッセージを添えるのであれば、直接告白する事を前提としたものにしましょう。

・〇〇の時から好きでした。
・あなたのことがとっても好きです。
・お付き合いして下さい。
・これからもずっとずっと一緒にいたいです。

その上で、これまで連絡先を教えていなければ、書き添えるとベストです。

彼氏に

・〇〇くん、ハッピーバレンタイン!大好き!!
・今日も、明日も、明後日も、来年も、〇〇の事をずっと愛してます。
・I Love You(Loveの部分をハートに変えるとよりラブラブ感アップ!)
・〇〇くんのこと、もっともっと好きになってもいいかな?

特にバレンタインのようなイベントでは、読んでいて恥ずかしくなるぐらいが伝わりやすいもの。恥ずかしがらずに挑戦しましょう。

valentainmsg3

夫に

基本は恋人同士の時と同じです。そこに妻としての、感謝の気持ちをプラスしましょう。

・パパ(お父さん)、いいえ、〇〇くん。愛してる。
・いつも大好きです。子供のパパじゃなくて、〇〇くんが大好きです。
・毎日お疲れ様。頑張ってる〇〇さんが、頼もしくて素敵で毎日惚れなおしてるんだよ!
・いつもありがとう。そして、愛しています。

結婚後は純粋な気持ちを伝える機会は少ないので、バレンタインでは恥ずかしくてもぜひ頑張りましょう。

同僚に

・お疲れ様です。休憩のひとときにどうぞ。
・先日のお詫びの品です。(ミスをカバーしてもらった時などに)
・これからもよろしくお願いいたします。

そっけないかも知れませんが、誤解を招かないためにもこれぐらいがよいでしょう。

上司に

・いつもお世話になっております。
 ささやかですが、日頃の感謝の気持ちです。
 これからもご指導のほど、宜しくお願いいたします。

・いつもお世話になっております。
 ささやかではありますが、女子社員一同より感謝の気持ちを贈りたく思います。
 これからもどうぞ宜しくお願い致します。

目上の方に対しては、3行ほど書き添えます。その上で敬語を忘れず、ビジネスマナーに沿った文章を心がけましょう。

カードだからこそ伝わる想い

告白も別れもメールやSNSでという時代、あえてカードで気持ちを伝えると強く印象付けられます。メールは操作ミスで消去もありえますが、カードなら捨てようと思わない限りは手元に残るもの

彼氏や夫が手元に残してくれて、この言葉を励みにしていると思うと嬉しくなりませんか?

短いからこそ伝えたい言葉ははっきりしますし、相手にも伝わりやすくなります。

バレンタインの愛の言葉は、ぜひメッセージカードに書き綴って相手に渡しましょう!