higasafemail3

日に日に暖かくなると、お散歩・買い物と外に出かけたくなりますよね。

そんな時に気をつけなければいけないのが、紫外線の事。

紫外線対策には、広い範囲をカバー出来ておしゃれな日傘が欠かせませんよね。

しかし日傘は意外とかさばるもの。

ストレートタイプも良いですが、折りたたみ式を常備したいですね。

そこで女性の必需品、折りたたみ式の日傘を選ぶポイントや、オススメブランドを紹介します。

スポンサーリンク

折りたたみ式日傘を選ぶポイント

二つ折?それとも三つ折り?

higasafemail1

折りたたみ式日傘の最大の利点は、たためる事によって持ち運びが楽になることです。

小さくなればカバンに入れやすいですし、常備できるので外出時にさっと取り出して使えますね。

その折りたたみの日傘ですが、大きく分けて

  • 「二つ折りタイプ」
  • 「三つ折りタイプ」

に分かれます。

どちらにしましても、折りたたみ式の日傘そのものが、構造的に丈夫ではないので、強風が吹くと傘の骨も折れやすくなります。

そういった点を理解した上で、自分の使いやすい日傘を選びましょう。

○二つ折タイプ

  • 利点:デザインが豊富でたたみやすい。
  • 欠点:折りたたんでも比較的大きい。

○三つ折りタイプ

  • 利点:コンパクトになるのでカバン内で邪魔にならない
  • 欠点:折り畳みにくい。傘のシワが多くなる。

遮光率とUV加工

これは日傘全体に言えることですが、どれだけ紫外線を防ぐことができるかがとても重要です。

まず、日傘にUV加工がなされているかを確認しましょう。その上で遮光率が高い傘であると、さらに効果的です。

遮光率が高いと直射日光を遮ってくれるため、傘の下は日陰状態となります。

しかしこれだけでは紫外線は防ぐ事ができません。

そこで重要になるのが、UV加工。UV加工を組み合わせて、はじめて日焼け防止に効果のある日傘となるのです。

春先や秋などの肌寒い時はUV加工のみの日傘を使うと良いでしょう

遮光率が高すぎると、傘の下で少し冷えてしまいますよ。

色とデザインは

higasafemail2

日差しの遮断効果と紫外線の吸収効果から考えると、どうしても黒い日傘を選びがち。

実際、黒色は紫外線の吸収効果が高いため、日傘に適した色ではあります。

しかし、遮光率と色はあまり関係がありませんし、UV加工さえ行われていれば、色は何色でも大丈夫。

ただし黒の吸収効果は、照り返しの紫外線に対して効果があります。

裏生地が黒い日傘の方が、
照り返しによる日焼けを防止しやすくなるので、その点ではオススメですね。

また、レースの日傘はUV加工が施されていれば、薄手でも日焼けは防げます。

しかし、レースの『穴』から紫外線が漏れる可能性があるので、裏張りのしっかりしているものを選びましょう。

スポンサーリンク

折りたたみ日傘のオススメブランド

Laura Ashley(ローラ・アシュレイ)

ローラアシュレイでは現在、雨傘兼用のものが販売されています。

これなら日差しの強い時も、急な雨でも対応が可能ですね。

デザインも無地と花柄の二種類があるので、落ち着いたデザインをお探しならオススメです。

UVION PREMIUMWHITE(プレミアムホワイト)

UVIONは東京丸惣 という傘製造会社のブランド名。国内製造なので、緻密な作りが嬉しいですね。

UVIONが手がける「プレミアムホワイト」シリーズの日傘は、機能的ながら素敵なデザインが揃っています。

UVカット率99%以上を誇る日傘は白を基調としており、表地は白無地、裏生地にレース柄や花柄が。外からは透けた柄が、内側ではしっかりとした柄が目を楽しませてくれますよ。

サンバリア100

サンバリア100も国産ブランドの日傘です。
こちらも国内製造で、丈夫さを売りにしています。

丈夫さ以外にも注目したいのは、徹底したカバー力です。

UVカット率100%・遮光率100%を目指す徹底ぶりのため、
内側は黒一色で統一されています。

その代わり、外の生地はフリル付き・レース・ドット柄など、
幅広いデザインが揃っています。

サンバリア100公式サイト

日傘を生活に取り入れよう

higasafemail4

りたたみ日傘一つとっても、

  • 雨傘兼用のもの
  • 日光も遮断するもの
  • デザイン優先のもの

と沢山あります。

せっかく持つのですから、日焼けを防げて快適に過ごせる日傘を選びたいものです。その上で毎日のカバンに入れて持ち歩き、屋外に出た時にさっと使いこなしたいもの。

折りたたみ式日傘を持ち歩いても、カバンに入れたままでは意味がありませんよ!

毎日の生活に折りたたみ日傘を取り入れて、お肌を焼かない生活を目指しましょう。