地面に置いた黒いパンプス

性の足元を美しく見せるパンプスは、ビジネスシーン・プライベートと幅広く活用できる靴です。特に細く高いヒールの靴は、一度は履いてみたい憧れの靴かもしれません。

しかしパンプスは歩きづらい・足の甲が痛い・靴ずれを起こしやすいなど、履きこなしにくいイメージも。特に長時間履くことになるビジネス用のパンプスは、歩きやすくて疲れないものを選びたいですね。

そこでパンプスで悩む方に教えたい、痛くない歩きやすいパンプスの特徴とおすすめブランドを紹介します。

スポンサーリンク

歩きやすいパンプスの特徴とは?

サイズはピッタリのものを

パンプス足のサイズ・幅がぴったりであるほど、歩きやすく疲れにくくなります。その理由はパンプスはヒールがあることで、体重が足のつま先に掛かるから。

大きすぎる靴は中で足が滑り、足指が折れ曲がった状態で体重が掛かります。こうなると靴擦れが発生しやすく、足をかばうような歩き方になってしまいます。

また靴が大きいと脱げやすくなるため、脱げないようにと足に余計な力が入ることに。逆に小さすぎる靴も中で足指が曲がった状態となるので、外反母趾(がいはんぼし)の原因ともなります。

まずは足にぴったり合うサイズを探し、その上で足の幅にも合う靴を選びましょう

黒いパンプス

ヒールは高くないものを

パンプスを履くと足がきれいに見えるのは、かかとのヒールにある程度の高さがあるから。しかしヒールが細く高くなるほど、安定感に欠けてしまいます。特にビジネスで履くパンプスの場合、とっさの時に走れず安定性に欠けるピンヒールは致命的。

ヒールは3センチ~5センチの高さで、ヒールが太めのものを選びましょう。

ヒールの低いパンプスは、ローファーなどの「ペタンコ靴」と変わらないと不満かもしれません。しかし実際に履いてみるとヒールがあるだけで、印象ががらりと変わるので大丈夫です。

靴底の硬さと柔らかさをチェック!

靴の形やヒールの高さも歩きやすさに影響しますが、それ以上に靴底の状態も確認しましょう。

靴底がふにゃふにゃであらゆる方向に曲がりやすいものは、それだけ安定感を欠く靴の証拠。逆に全く曲がらない固い靴底も、足の裏とのフィット感に欠けるので歩きづらい靴となります。

理想の靴底は、「前1/3部分がしなやかに曲がり、それ以外は曲がらない」もの

前部分が曲がる事で体重移動がスムーズになり、ヒールが高くても歩きやすい靴になるんですよ!

スポンサーリンク

歩きやすいパンプス・おすすめブランド

○I○I(マルイ)・velicoco(ヴェリココ)

百貨店○I○I(マルイ)が手がけるパンプスは、別名「らくちんキレイパンプス」と呼ばれています。

らくちんパンプスの秘密は、

  • 歩きやすさを考えたアーチ型の靴底
  • しっかりとした滑り止め

この2つのおかげで、見た目以上に歩きやすいパンプスを実現しています。

また20.5センチ~26センチとサイズ幅が大きく、ヒールの高さが選べるのも嬉しいですね。何よりデザインが豊富で5000円台から購入できるため、よく歩く方におすすめです。

ワコール・SUCCESS WALK(サクセスウォーク)

女性肌着メーカーのワコールは、実は足元関係の商品も手がけています。

働く女性のためのパンプス「サクセスウォーク」は、特にブラックパンプスが充実!体重を受け止めやすいヒールの位置や、柔らかくて歩きやすインソールなどの工夫がたっぷり。

特に足幅が広い人だと見つけにくい、EEEサイズが揃っているのは見逃せません。もちろんブラック以外のカラーもあるので、ビジネス以外でも活用可能です。

アシックス・GIRO(ジーロ)

スポーツシューズのイメージが強いアシックスですが、パンプスも扱っているんですよ。

「GIRO」は「ビジネスウォーキング・シューズ」という扱いで、長時間履き続けることを想定してます。

スポーツシューズでお馴染みの衝撃吸収材使用で、パンプスなのに歩きやすいのも特徴。カジュアルなデザインの靴もあるので、シーンや年齢を問わず履けるのもうれしいですね。

fitfit(フィットフィット)

外反母趾(がいはんぼし)などの足の悩みを抱えている人にとって、パンプス選びは大変かもしれません。そんな方におすすめしたいのが、フィットフィットの靴です。

ここの靴は、「外反母趾の方にも痛くなく美しい靴を」をコンセプトに作られています。そのため親指などを圧迫しない幅広の作りとなっていて、ソールも足裏にピッタリ。

見た目の美しさにもこだわっていて、一見したら普通のパンプスのよう。美しさにもこだわった靴なので、とっておきの日に履くパンプスとしてもおすすめです。

fitfit公式サイト(パンプス)

シューフィッターも活用しよう

際にお店で選ぶとなると、自分だけでピッタリのパンプスを見つけるのは意外と大変。
そんな時はシューフィッターのいるお店を選ぶと、ピッタリの1足をおすすめしてくれます。

シューフィッターは靴の専門家のこと。プロと一緒に探せば素敵な1足に出会えるかも。

足に合わないパンプスは、たとえお気に入りのデザインでも靴箱で眠らせてしまいがち。それでは靴も足もかわいそうですから、歩きやすく疲れにくいパンプスを見つけてくださいね。