醍醐桜の巨木

お花見と言えば、千本桜のような沢山の桜を楽しめる名所を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

しかし、昔は観桜と言えば、神社の境内や庭先に単一で植えられた「一本桜」を楽しむことの方が一般的だったんですよ。

岡山県の真庭市(まにわし)にある「醍醐桜」も、一本桜のひとつ。山里にあって天に向かってそびえたつ、新日本名木百選にも選ばれた見事な桜です。

そんな醍醐桜の由来、見頃予想、見どころ、実際に見た方の体験談や口コミ情報、アクセス情報などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

醍醐桜とは?

醍醐桜とは、岡山県北部、真庭市(まにわし)にあるアズマヒガンと呼ばれるヒガンザクラの1種の大木で、県の天然記念物に指定されています。

その醍醐桜は、

  • 高さは18メートル
  • 幹の太さは7メートル
  • 枝張りが20メートル

と言う巨木で樹齢は700年とも千年以上とも言われています。

醍醐桜と言う名前は、元弘2年(1332年)、元弘の乱により、後醍醐天皇が隠岐に流される途中、ここに立ち寄り、この桜の美しさを賞賛したと言う言い伝えに由来します。

醍醐桜は、丘の上にそびえ立つ孤高の一本桜。その美しい姿は広く知られ、毎年の開花シーズンには、多くの観光客でにぎわいます。

醍醐桜の木

醍醐桜の見頃予想、見どころ

醍醐桜の見頃時期は?

醍醐桜の見ごろは、例年4月上旬から4月中旬にかけてです。満開時にはかわいらしいピンク色の花を木いっぱいに咲かせます。

2017年は、4月8日開花、4月10日満開、4月17日散り始め、4月19日葉桜でした。最近の暖冬傾向から開花時期は早まる傾向にはありますが、昨年は例年よりも遅い開花でしたね。

2018年は長期予報を見ると、4月には気温が上がり開花が進むと予想されますので、例年並み、そして去年よりは早く開花すると思われます。

今後の天気の状況によって変わることはありますが、4月初旬の早い時期には開花、満開を迎えるのではないでしょうか。

尚、醍醐桜の開花状況は以下の自動音声案内で確認可能です。予め行かれる前にチェックしておくと確実ですね。

観光テレフォンサービス:0867-52-1503

□岡山 醍醐桜

*こちらの動画では様々なアングルから醍醐桜を撮られています。

醍醐桜まつり

また、4月下上旬頃から、桜の咲いている期間中「醍醐桜まつり」が開催されます。

桜まつり期間中は、一本桜付近の休憩所で、地元住民らによる軽食や、農産加工品の販売などが行われます。例年醍醐桜にちなんで、桜のソフトクリームやたいやきなども販売されているので、ぜひ食べてみてはいかがですか?

また、夜間にはライトアップが五分咲きあたりから実施され、夜9時まで夜桜を楽しむことができますよ

ライトアップされた一本桜の姿は格別ですね。

スポンサーリンク

醍醐桜の口コミ情報

実際に醍醐桜を見た方によれば、「圧倒的な迫力とご神木と言えるような神々しさ」を感じるとのこと。醍醐桜には横に普通の(?)桜もあるのですが、これは「二代目」とのこと。「普通」とは言っても、立派な桜の木です。

また、醍醐桜のすばらしさとともに「渋滞」のひどさを指摘する声が多く聞かれますね。

「西日本でも屈指の桜であることから、桜に向かう道路は大渋滞。過去、インターから5時間かかったこともあるそう。」

※フォートラベル クチコミガイド

ライトアップされた夜桜目当てのカメラマンもとても多いため、なるべく早めの時間に出かけた方が良いでしょう。

最後に、これは非常に大切な、そして当然のことですね。

「醍醐桜までの道は地元の方々が草刈り 溝掃除など 手を入れて綺麗にしてあります。ゴミは捨てないで 気持ち良く花見をさせてもらいましょう」

※醍醐桜のお花見クチコミ

醍醐桜へのアクセス情報

桜の開花期間中は大変混み合うため、公共機関の利用がおすすめです。

とは言え、電車でのアクセスは、JR姫新線美作落合駅から車でも30分以上かかります。タクシーを利用するか、もしくは自家用車で行くしかなさそうですね。

駐車場の数も合計で135台ほどと、それほど多くなく、平日でもかなり混みます。狙い目の時間は平日の朝早くに行くのがおすすめですね

■車で
中国自動車道の落合ICから国道313号、県道84号線経由で約40分

■JRで
JR姫新線「美作落合駅」下車 、車(タクシー)で約40分

  • 住所:岡山県真庭市別所2277
  • お問合せ:0867-52-1111(真庭市役所落合振興局地域振興課)

「一本桜」を楽しもう

醍醐桜の姿

在のような、たくさんの木に咲いた桜の花を団体の宴会で楽しむお花見スタイルは、実は明治以降に一般的になったスタイルです。

たくさんの桜を植えて楽しむためには「財力」が必要なため、お花見と言えば、お寺や領主さまの庭先に植えた一本の桜を愛でることだったわけです。

やがて天然記念物の概念が紹介され、一本桜の保護・育成が言われるようになり、一本桜は、天然記念物に指定されるようになります。今では、一本桜、千本桜ともに、それぞれの美しさを楽しむものになっています。

たくさんの桜も良いですが、一本桜の神々しいまでの美しさもまた格別。今年は「一本桜」を楽しんでみませんか?