最近では会社での衣服も、スーツではなく、
オフィスカジュアルが一般的になりつつあります。

スーツよりは肩肘張らずに済み、お手入れも楽なので、
この傾向はとても助かりますね。

一方で手持ちの服が乏しくて、
同じような服装になりがちなのも悩みの種。

また、カジュアルと言われても、一定のラインもあるでしょうし、
オフィスカジュアルって難しいですよね。

そこで、ポイントを押さえて着こなしたい、
女性のオフィスカジュアルについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

オフィスカジュアルって?

そもそもオフィスカジュアルとは、
どの様な衣服のことを指すのでしょうか

officecasual2

オフィスカジュアル=スーツより楽

記事の冒頭で紹介した動画は、海外の例なので、
少し派手すぎな部分がありますが、
これもオフィスカジュアルの一例と言えます。

オフィスカジュアルの定義は、
スーツでない、もう少し楽な服装というもの

ニュース番組に出演している、
女性キャスターの服装が参考になるでしょう。

一概には言えない側面も

しかし、オフィスカジュアルの許容範囲は、意外と曖昧なもの。

会社によっては、女子社員の制服を支給せず、
各自で着たい服を着なさいという所もあります。

また、Tシャツにジーンズ、スニーカーでも大丈夫という所もあります。

一方で、リクルートスーツの上着を脱ぐ程度までしか、
許されないといった企業も
あります。

職種・業務内容によっては、
オフィスカジュアルとして許される範囲は本当に多種多様です。

これと決めつけず、
自分の勤務先の先輩方の衣服から判断するのが、
良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

オフィスカジュアルは、どの様な服装ならOKなの?

実際の所、オフィスカジュアルとは、
どの様な服装にすれば良いのでしょうか。

officecasual1

基本はスーツ系で

どこまでラフにして良いのか、自信が持てないのなら、
スーツラインで考えると良いでしょう。

最近では洗えるスーツも登場していますし、
単品でも買い足しやすく組み合わせやすいです。

ボトムは、パンツもそうですが、
タイトスカート・プリーツスカートも、何枚かあると便利です。

上はジャケット、カーディガン・ブラウスなど、
スーツに合わせられるものでよいでしょう。

これはNG!

ある程度カジュアルな服装が許される職場でも、
マナーとして避けた方が良い服装があります。

代表的なものは、以下のものとなります。

 ・赤・黄・青など、はっきりしすぎた派手な色の服装
 ・肌の露出が多い服装
 ・派手過ぎる柄物
 ・ジーンズ、特にダメージ加工のもの
 ・ファッション性の高すぎる靴
 ・スニーカーなどラフ過ぎる靴
 ・柄物タイツ、または素足
 ・派手過ぎるアクセサリー類

職種によっては、先に挙げた服装でも大丈夫な場合もありますが、
あえて着用する必要がない衣服ばかり。

なるべく避けた方が無難ですね。

オフィスカジュアルの着こなしポイントは?

officecasual5

オフィスカジュアルを着こなすのに、
覚えておきたいポイントとは何でしょうか?

動きやすく、きちんと。

スーツ系から一歩抜けだした、オフィスカジュアルを考えるなら、
動きやすさ重視で考えましょう。

例えば、パンツはストレッチ素材の、
ブーツカットパンツがあると、足さばきがとても楽になります。

スカートならば、ひざ丈までの長さに抑えて置くとよいでしょう。
ひざ丈程度のワンピースも、派手な柄物でなければ大丈夫です。

これに、同系色のジャケットやロングカーディガンを合わせます。

インナーにはクルーネックシャツを合わせれば、
きちんとしていて動きやすいコーディネイトの完成です。

これをベースにして、インナーを変えたり、
カーディガンを工夫すれば、着回しコーデもできますね。

着回しコーデのポイントは色

毎日違う服を着用できれば良いですが、
なかなか難しいですよね。

そこで、着回しコーディネイトを覚えておくと、
毎日の服装の悩みから開放されますよ。

着回しコーデで、オフィスカジュアルを考えるならば、
買い足す服の色はなるべく揃えましょう。

黒、紺、ベージュ、グレーをベースとして、
ジャケットやボトム、靴を揃えると統一感が出ます。

別素材で組み合わせても、同系色なら馴染みますし、落ち着いた印象を演出できます。

その上で、インナーを少しカラフルにすれば良いでしょう。

1週間で考えるなら、ボトム・スカートは4枚前後、
ジャケット等の羽織りものは3枚前後。

それに合わせるインナーシャツは、毎日取り替えるので、5枚前後。

後は、スカーフ、ストール、ベルトなど小物類を3・4点揃えれば、
最低限乗りきれるでしょう。

靴はできれば2足あると、使い減りもせず長持ちしますよ。

CROOZ

制限があるから面白い

officecasual3
学生時代は制服があったし、
会社でも制服があると楽なのになあと思う人もいるでしょう。

けれども、制服は統一性があるため、どうしても似合わなかったり、
着たくないデザインもあります。

オフィスカジュアルは、制服と比べて自分に似合う服装を演出することが出来る
ということなんですよね。

限られた手持ちの衣服のなかで、どうやって素敵に見せるか?
を考えるは、あなた次第です。

許される範囲で自分らしさを、
オフィスカジュアルの中で表現してみると楽しいですよ!