秋冬物の衣服には、暖かさと肌触りの良さを求めたいですよね。

特にベロア・ベルベット・別珍の生地は、秋冬コーデの軸となるもの。起毛と光沢に特徴があるこれらの生地ですが、どれも同じ生地に見えませんか?

それぞれどこに違いがあり、使い分けが必要なのかも気になります。

そこで、ベロア・ベルベット・別珍の特徴や違いについて、様々な角度でまとめました!

スポンサーリンク

ベロアとは

起毛の生地

ベロアとは、上品な光沢のある、表面に細かな起毛がある生地のこと。ラテン語で「毛むくじゃら」という意味の言葉が、フランス語(velour)に変化したものが語源。

見た目の美しさとしなやかさから、ゴシックデザインのドレスやワンピースによく使われます。

ベロアの特徴

ベロアの特徴としては、次の3点が挙げられます。

  • 伸縮性に富んだ、綿またはポリエステル製のパイル編物。
  • 細かで長めの起毛があり、強めの光沢をもつ。
  • ポリエステル製の場合、擦れた部分がテカテカになりやすい。

ベロアの最大の特徴は、「パイル生地の編物」という点です。

パイル生地を簡単に説明すると、タオルのように表面に糸がループ状に出ている生地のこと。

ベロアはループしている部分を薄くカットし、ふかふかになるように起毛させたものなんです。

ちなみに衣服などの使われる布地(生地)は、製造方法によって「織物」「編物」に分けられます。

  • 織物は、縦糸と横糸を交差させて生地を作る技法
  • 編物は、糸を輪にし別の糸を通して生地を作る技法

です。

ベロアの特徴である伸縮性は、編物であるからなんですよ。

ベルベットとは

別名・ビロード

ベルベット(velvet)とは、上品で光沢がある起毛の生地のことを指します。

日本では天鵞絨(てんがじゅう)ということがあり、またビロード(veludo)ということも。

  • ベルベットは英語表記
  • ビロードはポルトガル語表記

で、実は同じものを指しているんですよ。

ベルベットはドレスやコートに使われることが多く、またカーテンの生地としても利用されます。

ベルベットの特徴は

ベルベットには、次のような特徴があります。

  • レーヨンや絹を使用した織物。
  • 生地は厚みがあるが柔らかく、表面に豪華な光沢と長めの起毛がある。
  • 水や圧力に弱く、一度毛が寝てしまうと元に戻りにくい。

一見するとベロアと似ていますが、最大の違いは「織物」であること

織り方も特徴的で、二枚重ねのような生地を織り上げて間を切断。切り離した部分が起毛状態となり、ベルベットの生地が完成します。

ベルベットは編物であるベロアとは違い、柔らかさはあるものの伸縮性はそれほどありません。また水に濡れたり圧力がかかると起毛が倒れやすくなり、元に戻りにくい弱点もあります。

スポンサーリンク

別珍(べっちん)とは

別珍は当て字

別珍(べっちん)は英語のベルベッティーン(velveteen)が語源の生地で、主に綿で作られる織物のこと。

日本では明治時代より製造され、その時につけられた「別珍」の当て字が定着したんですよ。

別珍は足袋や帽子などに仕立てる他に、最近ではスカジャンの素材としても使われることがあります。

別珍の特徴は

別珍には、次のような特徴があります。

  • 綿生地の織物がメインである。
  • 生地はやや硬く、落ち着いた光沢と短めの起毛がある。
  • 比較的丈夫である。

元々別珍は、絹織物だったベルベットを真似て、綿で作られたものです。

そのためベルベット同様に光沢と起毛がありますが、綿素材なのでやや素朴な印象に。

一方で起毛が倒れづらく、ベルベットよりも丈夫という利点もあります。また素材が綿であることが多いため、ベルベットよりも扱いやすく安価という利点も。

印鑑ケースや指輪ケースの内張りに使われることも多く、貴重品を優しく守ってくれるんですよ。

ベロア・ベルベット・別珍の違い、まとめ

見た目の違い

一見するとよく似ている、

  • ベロア
  • ベルベット
  • 別珍

もし店頭で見かけた時に迷ったら、以下の点を覚えておくと見分けがつけやすくなりますよ。

素材 特徴や違い
ベロア
  • 伸縮性があり、毛足が長めのことが多い。
  • 素材は綿・ポリエステルが中心。
  • 織物ではなく、編物素材である。
ベルベット
  • 生地は厚みがあるが柔らかい。
  • 表面の光沢が美しく、起毛は柔らかく手触りが良い。
  • 高級品は絹織物でできている。
別珍
  • 生地は薄手のものもあり、比較的硬め。
  • 毛足は短く、光沢は落ち着いている。
  • 綿織物が多く、絹はまず見かけない。

違いを理解して使いたい

ベロア・ベルベット・別珍は、同じような起毛素材なので、お店によっては同じ生地として扱われることがあります。

ですが、それぞれ違った特徴があるんですね。

  • 編物で柔らかいベロア
  • 織物でやや硬く毛足も短い別珍
  • 同じ織物でも絹を使い高級感あふれる光沢が魅力的なベルベット

いずれにしても乱雑に扱うと起毛が倒れやすくなるので、取扱いに注意してくださいね!