summerknit1

ァッション誌上で、春夏コーデにニット帽を取り入れているのをよく見かけますね。

冬の定番アイテムだったニット帽は、最近では春夏でも使える「サマーニット帽」に進化をしているんですよ。

おしゃれに上手く取り入れたいですが、帽子コーデって難しいですし、野暮ったくなりそうで…。

そんなあなたのために、サマーニット帽の上手なかぶり方や、上手なコーデについてまとめてました!

スポンサーリンク

サマーニット帽の特長と魅力について

編み目に注目!

ット帽の実用的な利点は、保温効果で頭を寒さから守ること。

ですが、サマーニット帽に保温効果は不必要ですよね。

そこで注目したいのが、冬では無理な、編み目模様なんです。

キャップタイプやベレータイプなら、細かな模様編みが入ったものも多く見られます。

冬なら編み目の隙間からぬくもりが逃げてしまいますが、サマーニットなら逆に頭の熱が逃げてくれます

それに夏場の室内は、冷房が効きすぎて寒い場合も。そんな時、サマーニット帽は女の子の大敵「冷え」から守ってくれますよ。

目線が上に行くから…

「ビーニー」と呼ばれる頂点がとんがったキャップタイプは、視線が自然とニット帽の方へと集まります。

丸顔がちょっと気になる人も帽子分がプラスされて、顔の細長さを印象付けられます。

またかぶり方を工夫すれば小顔効果を演出できるのも、ニット帽のすごいところ。ヘアスタイルとの組み合わせでは、気になる顎のラインも引き締まって見せられるんですよ!

サマーニット帽のおしゃれなかぶり方

深くかぶるのはNG

summerknit2

サマーニット帽の基本は、深くかぶりすぎない事です。

軽くかぶってしまうと頭が大きく見えてしまいそうで、ぐっとかぶってしまいがちです。

ですが、おでこや耳を隠してしまうかぶり方は、防寒度が上がってしまって野暮ったくなりがち。

サマーニット帽は、前髪やおでこが全部見えるぐらいの浅さでかぶりましょう。

ポイントは「耳」

浅くかぶるといっても、その加減が今ひとつ掴みづらいかと思います。

そこでポイントとして覚えておきたいのが、耳のライン

基本は耳は全て出る状態でかぶること。その上でおでこが全部出るように、前後を調整してみましょう。後頭部は深く、前頭部はおでこが見えるまで調整し、耳を出すようにかぶると可愛くなりますよ

更にここから片耳を出し、もう片耳を半分隠すように左右を傾けると、上級者っぽいです!

もし表にロゴがあるニット帽なら、隠した方の耳の上に来るように調節するとオシャレです。

スポンサーリンク

ヘアアレンジも重要

ヘアアレンジは、まとめるにしてもおろすにしても「ゆるふわ」が基本です。

ショートの人

耳より前のサイドを少しだして「ふんわり」させる。

□ショートヘアアレンジ ニット帽に合うアレンジ

ロングの人

軽く巻いて緩いカールを作ってからツインテールにする。

三つ編みにするなら

きっちり編まずに少し取りこぼしがあるような緩い三つ編みに。

ゆるふわヘアは、その力加減が難しいですが、コツは引っ張り過ぎない事全てまとめようとしないことです。

ふんわりヘアにならない髪でも、逆毛をたててまとめ髪にするだけでもゆるふわ感が出ますよ。

サマーニットのオススメコーデ

summerknit3

「軽さ」と「重さ」を取り入れよう

サマーニット帽を取り入れたコーデで気をつける点は、
「夏らしく軽く、そして重く」
です。

合わせる色は明るいパステルカラーなどの、軽い色彩でまとめましょう。その上で1カ所、引き締めるための重い色も取り入れるとバランスが取れます。

例えばトップスに明るい色を入れるなら、インナーにダークカラーを取り入れる。あるいは靴を黒系でまとめると、夏らしく軽いのにすっきりまとまった印象となりますよ。

夏っぽく、ちょっとメリハリを。

軽さに加えて「メリハリ」感を取り入れると、サマーニット帽が可愛く引き立ちます。

シンプルなシャツに丈の短いパンツやスカートですと、夏らしいのですがちょっと帽子が浮いてしまいます。

上に一枚カーティガンやジャケットを加えるか、足元をスニーカーに変えるなどしてメリハリを加えましょう。

髪はゆるふわに、服装は軽やかさにメリハリを心がけると、ニット帽コーデが決まりますよ。

メンズはラフすぎない、かっちりしすぎない。

メンズの場合は、Tシャツ+ジーンズの組み合わせが基本になるでしょう。

ただしこれだけでは、軽くなりすぎてニット帽が浮いてしまいます。

ここでも一枚ジャケットを加えて、Tシャツ+ジーンズのラフさを抑えましょう。

ラフすぎず、かと言ってかっちりし過ぎないバランスが、メンズのニット帽コーデのポイントです。

鏡の前でコーデチェック!

サマーニット帽の着こなしは難しいかも知れませんが、暑苦しく感じない組み合わせにすることを心がけましょう。

服と合わせてみて帽子が浮かず、暑苦しく感じなければ大丈夫!ニット帽を見た時の印象を大切にして、自分なりのコーデを作り上げてみましょう。

意外な組み合わせがハマったりなど、予想外の発見があるかも知れませんよ!

鏡の前で確認して自分だけのコーデを見つけて、サマーニット帽を楽しみましょう!