amagazamens3

急なに降られたときに、とっさにコンビニに飛び入り、ビニール傘を購入する…なんて光景をよく目にしますね。

でも、雨が上がった後に、できれば安っぽい傘を持ち歩きたくないもの。

その点、折りたたみ傘ならば、普段からカバンに忍ばせておき、雨が降ったらサッと取り出して使えるすぐれものです。

いざという時にあると心強い折りたたみの傘、メンズ用の人気ブランドや選ぶポイントをまとめました。

スポンサーリンク

メンズ用の折りたたみ傘を選ぶポイント

邪魔にならず、すぐに使えるか

amagazamens4

折りたたみ式の傘の最大の利点は、小さく折りたためることです。

小さく折りたためるという事は、どうしても傘の骨が折り重なり、使いたい時にすぐ使えないという欠点も。すぐ使える点を優先すれば、今度はどうしてもかさばるサイズになってしまうこともあります。

小さく折りたためる点を優先するのであれば、三つ折りタイプの傘がおすすめです。

折りたたんだ時の大きさが大体30センチほどで、ペットボトルが1本増えたぐらいの感覚で持ち歩けます。

その代わり折り畳み方が複雑で、にわか雨にあたった時などにすぐ広げられず、しまいにくい欠点があります。

すぐに使えるほうが良いのなら、二つ折タイプの傘がおすすめです。

取り出してすぐに広げられるので、雨に濡れる心配がかなり減りますし、しまいやすい利点も。その代わり折りたたんでも、長さが50センチ前後と携帯性に欠点があります。

濡れずに使えるか

amagazamens1

すぐに取り出して使う事で、にわか雨に濡れないという事も大切ですが、広げた時の直径も大切になりますね。

折りたたみ式の傘は携帯性にすぐれているものの、傘が小さいといった話も聞かれます。

でも最近では、直径100センチのストレートタイプと同程度の大きさの傘も出回っています。

また、直径は小さくても傘の広げ方に工夫を凝らし、カバー率を上げた折りたたみ式の傘も。店頭で購入する際には、傘を開いて実際のカバー範囲を確認するとよいでしょう。

使った後に収納しやすいか

意外と見落としがちなのが、雨が上がった後の濡れた折たたみ傘をどうするかについてです。

使い終えたら再び折りたたみますが、濡れた傘を綺麗に折りたたむのはなかなか大変。

更に濡れた傘をカバンに入れることも出来ず、持ち歩く羽目にもなってしまいます。

この時に置き忘れてしまって失くす、なんてことも…。

撥水性の高い折りたたみ傘なら、雨が上がった後に軽く振るだけである程度の水濡れをなくせますね。

傘カバーに防水性と耐水性が備わっていれば、傘が軽く濡れていても、カバンにしまうことも可能です。

実際に使った後の事も考えて折りたたみ式の傘は購入すると、使い勝手が格段に上がりますよ。

スポンサーリンク

メンズ向け、人気のブランド折りたたみ傘

totes(トーツ)

ワンタッチ式の傘はよくありますが、バネの力で開くものであって閉じる時は手動ですよね。

ところがトーツの傘は、ボタンを押すだけで自動で閉じる事も出来る優れもの。

電池やモーターの力を使っていませんので、壊れない限り何度でも使用が可能です。

ボタンひとつで開閉可能というのは、実際に雨に降られた時にその威力を発揮します。

手持ちの荷物が多くても、片手でサッとさせるので雨に濡れる時間を減らせるのですよ。

広げた時の直径も約100センチと、大きさも合格点。柄もベーシックなストライプやチェック柄が多いので、ビジネス用にもうってつけです。

innovator(イノベーター)

実用性とおしゃれさを傘に求めるなら、イノベーダーの傘がオススメ。

北欧を中心に展開しているブランドで、ポップで洗練されたデザインは北欧ならでは。しかも全タイプ共通で撥水加工がしっかりしていて、ジッパー付きの傘袋は使うと便利さに驚きます。

折りたたみ式の傘のラインナップも豊富で、用途にあわせて選べるのも嬉しいポイント。

とにかく小さくたためる5段式折りたたみ傘は、収納時の長さが17センチと超小型

通常の折りたたみ傘と、自動開閉式折りたたみ傘もあるので、使い分けに便利ですね。

OFESS(オフェス)

オフェスが出している「ウォーターロック」という傘は、
その名の通り濡れた傘からの水漏れを防げる傘です。

その理由は、持ち手の部分に傘カバーを挟む構造になっているから。傘カバーと持ち手部分で濡れた傘の水分を『ロック』してしまうので、水濡れを防げるのです。

当然ながら防水加工もしっかりしているので、傘カバーから水気がしみ出ることもありません。

防水面以外でも、傘の直径が約95センチと大きめなのに、折りたたむと約25センチとコンパクト。

カラーも女性向けの可愛いものから、ビジネスシーンに使える黒の濃淡ストライプまで揃っています。

デザイン違いで揃えて、ビジネスとプライベートで使い分けするのも面白いですよ。

出来る折りたたみ傘で差をつけよう

勤時の急な雨でスーツが濡れてしまうと、せっかくのスーツが台なしです。

それに、濡れてしまうと体温が奪われて、体調不良の原因にも。たかが雨といって馬鹿には出来ません。

安いビニール傘も良いですが、そこはサッと傘を取り出してスマートにさしたいものです。

上司と外回りをしている時などに傘を用意出来れば、評判も上がるかも知れませんよ。

身だしなみの面からも、対応力という面からも、折りたたみ傘を常備して、出来る男を印象付けたいですね。