shinnekutai2

入社員として社会人となったら、スーツにYシャツ・ネクタイを、毎日身に付けるようになる人も多いと思います。

特にネクタイは、学生時代はほとんど縁がなく、戸惑うことも多いのではないでしょうか。

ネクタイは種類も値段も豊富にあります。

初めて選ぶなら、

  • どの様なネクタイが良いのか、
  • はどうしようか、
  • 本数は幾つ揃えるべきなのか、

・・といったことに迷いますよね。

そこで、新入社員らしいネクタイにふさわしい色や、おすすめのネクタイのブランドについてご紹介します

スポンサーリンク

新入社員が使う、ネクタイの選び方のポイント

スーツに合わせる

様々な色・柄のネクタイが販売されていますが、ネクタイを購入する際に気をつけるポイントはひとつ。

それは「手持ちのスーツ・Yシャツに合うデザインか」です。

いくら上質なネクタイでも、スーツと組み合わせてみて、浮いてしまうようでは台無し。実際にスーツを着用してお店に行くのも良いですし、手持ちのスーツをスマホで撮影しておくのも良いでしょう。

スーツを着た新入社員

ネクタイの色にも注意

新入社員が最初に購入するスーツのは、おそらくは紺系かグレー系でしょう。それでしたら柄は小さめのもので、ベースとなる色が前に出るネクタイを選びましょう

紺系・グレー系のスーツに合わせやすい色は、紺色・グレー・赤ワイン色(ボルドー)です。黄色もよく合うのですが、目立ちすぎるので、新入社員向けではありません。

その上で、無地・ドット・ストライプ・小紋と揃えておけば、失敗も少ないですよ。

ネクタイは意外と見られている

最初のうちは、スーツもなかなか数を揃えられません。そこで変化を付けるためにも、安いもので良いのでネクタイは複数本用意しましょう。

営業などで対面する人は、意外と相手のネクタイを見ているものです。前回会った時と同じネクタイだと気づかれると、外見に頓着しない人という印象がついてしまいます。

お給料が入り安定してきたら、良いネクタイに少しづつ変えていきましょう。

色による、ネクタイの印象について

ネクタイのによって、相手に与える印象が随分と違ってきます。会合の席などで上手く活用して、最初の印象をより良くしていきましょう。

shinnekutai3

青系のネクタイ

濃紺は見る人を落ち着かせ、清潔感を演出する色です。フレッシュ感を出したい新入社員には一番適した色ではないでしょうか。

また、知的な印象も与えますので、初めての会合の席に、良い印象を与えますよ。

赤系のネクタイ

赤系はここ一番でアピールしたい時に使うと強い印象を与えます。プレゼンの時に持ってこいですね。

ただし明るすぎる真っ赤な色は、遊び人の印象を与えます。ボルドーやバーカンディなどの、ワインレッド系の赤を活用しましょう。

ピンク・黄色などのネクタイ

ピンク黄色といった、強く明るい色のネクタイは、相手にお洒落な印象は与えられます。

ですが新入社員が着用すると、不真面目な印象を与えてしまう可能性も。

どうしても使いたい時は、ドットやストライプの柄側で取り入れると、真面目でお洒落な印象となります。この時のベースとなる色は、紺などの濃い目の色を選ぶと、より落ち着いたものとなりますよ。

スポンサーリンク

1本は持っておきたい、お勧めネクタイブランド

ネクタイは複数所持している方がお洒落な印象を受けます。特に、軸となるブランドネクタイは、1本はぜひ用意しておきたいものですね。

ただし、ブランドロゴが全面に出るもの、高級ブランドは逆効果。新入社員にもおすすめな。さり気なく使えるブランドを幾つか紹介します。

CELINE(セリーヌ)

セリーヌの特徴は、新入社員のお財布にも優しい価格帯であることです。それでいて使いやすい色や柄が揃っているので、ネクタイ入門にうってつけです。

ブランドネクタイは個性が強いものが多い中で、使い勝手が良いのは有難いポイント。まずはセリーヌから揃えてみてはいかがですか?

FAIRFAX(フェアファックス)

フェアファックスは、某ドラマで倍返しする主人公が着用して話題となりました。

フレッシュさと力強さを印象づけるなら、1本は欲しいところ。話題性だけでなく、無地・柄物ともに明るめの色彩ながら、使いやすいデザインが揃っています。

高品質なのにお手頃価格なのも、おすすめしたいポイントですね。

Bentley Cravats(ベントレー・クラバッツ)

少し個性を出したいのであれば、ベントレー・クラバッツはいかがでしょうか。

アメリカントラッド特有の、斜め縞模様のネクタイが特徴的。やや個性の強いネクタイが揃っていますが、奇抜になりすぎず、カジュアルな職場によく馴染みます。

スーツ着用ながらもお洒落が許容される職場なら、ぜひ挑戦してみて下さい。

最初は無難に、冒険はあとから

【関連記事】
おしゃれなネクタイの結び方!定番から個性的な方法までご紹介!

クタイはスーツのおしゃれの要ではありますが、最初から派手にする必要はありません。むしろ派手にしすぎると、浮ついた印象となり、逆効果となってしまいます。

上司や取引相手には、まずは清潔で信用のおける男、という印象を与える方が重要。そのためにも、ネクタイは無難な色や柄を選び、真面目さを印象づけて行きましょう。

ネクタイでお洒落をするのは、それからでも充分間に合います。まずは、無難にいくのがベターですね。