essay and column (1)

書が趣味という人のなかでも、好きなジャンルが異なるのはよくあることです。小説しか読まない人もいれば、エッセイを好んで読むという人もいますよね。

中には本は読まないけれど、新聞や雑誌に掲載されているコラムは必ず読む…なんて人も。

そんなコラムエッセイ、何となく同じようなものだと思っていませんか?実は違いがあるんです!

気になるコラムとエッセイの違いついて紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
 

コラムとは?

新聞・雑誌に掲載されている論評・意見

essay and column (2)
「コラム」はラテン語で「円柱」という意味の言葉で、そこから柱または柱状のものを指す言葉になりました。

新聞・雑誌では、コラムを「縦方向にまとめた一つの欄」という意味で使っています。また「一定の枠で囲まれた枠の中に書かれた、ニュース以外の意見記事」もコラムと言うようになりました。

そしてさらに発展し、新聞や雑誌などに掲載されている論評・意見のことをコラムと言うようになったんですね。

意見と分析が大事

コラムでは一つのテーマを元に、どのように考えているかを意見としてまとめる必要があります。

その際「なぜそう考えるのか」について、嘘のない事実に基づいてまとめることが求められます。さらには人に読まれることを前提とする文章のため、誰が読んでもわかる文章にする必要もあります。

そして複数回に分けて書くのではなく、記事内でまとめることも求められているんですよ。

匿名コラムと記名記事に分かれる

コラムには匿名で発表されるものと、誰が書いたのかがわかる記名記事とに分かれます。

「匿名コラム」の代表は、新聞の朝刊の一面コラムです。

・朝日新聞の「天声人語」
・読売新聞の「編集手帳」
・毎日新聞の「余禄」
・産経新聞の「産経抄」

などが、匿名コラムの代表ですね。

「記名記事」は匿名記事よりも、書いた人の主張や意見を読み取ることが出来ます。ときには厳しい意見を書くことで問題提起としたり、社会問題に発展することもありますね。

あるいは、違う意見を持つ方と、コラムなどを通じて論争が巻き起こることも。そういった外に広がる部分も、コラムの楽しみ方の一つと言えるんですよ。

ちなみにコラムを書く人のことを、コラムニストといいます。テレビのコメンテーターでコラムニストと名乗る人がいますので、チェックしてみると面白いですよ。

スポンサーリンク

エッセイとは?

考えたことや思ったことを文章にまとめたもの

essay and column (3)
エッセイ日本語で「随筆(ずいひつ)」と呼ばれる、文学での一つのジャンルのこと。作者の実生活で得た知識や体験などをもとに、考えたことや思ったことを文章にまとめたものを指します。

発表する場所は特に決まりがなく、またテーマを定める必要もありません。

エッセイはフランス語で「試み」という意味がある、「essai(エッセー・エッセイ)」に由来します。

ここでの試みとは、一つの事柄について文学として意見をまとめたもの。元々は思考を重ねてどういう結論になったかを書く、論文に近いものでした。

そのため、現在でも欧米でのエッセイは、より学術的な文章となることが多いんですよ。

日本におけるエッセイの歴史

日本最古のエッセイ(随筆)として、清少納言の「枕草子」は有名ですね。

「枕草子」は、清少納言が四季の移り変わりや日常生活を振り返ったもの。また鴨長明の「方丈記」や吉田兼好の「徒然草」も、エッセイの古典として名前があがります。

江戸時代になると、様々な階級の人がエッセイ(随筆)を書き残すようになりました。この頃は日記に近い文章が多かったことから、現代でも日本では気楽な読み物という側面が強いんですよ。

ちなみに、エッセイを書くことを職業とする場合、随筆家・エッセイストと名乗ることが多いです。テレビのコメンテーターとして登場することもありますよね。

コラムとエッセイの違いは?

essay and column (4)
最後に、コラムとエッセイの違いを簡単にまとめてみました。

コラム
・新聞・雑誌で発表される、ニュース以外の意見・論評記事のこと
・元は新聞などで「枠に囲まれたニュースではない記事」を指す言葉だった。
事実を元に意見を書く必要があり、名前を出して書く人のことをコラムニストと呼ぶ。

エッセイ
・フランス語の「試み」が語源の文学形式の一つで、日本語では随筆と呼ぶ
・作者の実体験などを元にした文章で、特にテーマを定める必要はない
・西洋では論文形式が中心だが、日本では気楽に読める文章が中心となっている。

コラム寄り?エッセイ寄り?どちら?

コラムとエッセイは同じものと思いがちですが、実はいくつかの点で違いが見られます。

基本的に「コラム」は新聞・雑誌に発表し、意見や感想を伝える側面があります。そしてエッセイ」はその人の実体験を元に思ったことなどを書くもので、発表の場所は特に問われません。

コラムもエッセイも、意見や感想を書いたものですが、表現の仕方や正確性に違いがあるんですね。

もし自分で意見や感想を書く時は、コラム寄りなのか?あるいはエッセイ寄りなのか?考えてから書いてみるといいですね。