本語には同音異義語が多く、どちらを使えばよいのか悩むことがよくあります。あるいは判っているつもりだったのに、間違って覚えていた…なんんてことも。

そういった間違えやすい言葉の一つに、「痛む」「傷む」があります。

特に「髪がいたむ」と言った場合、どちらを使えばよいのか悩んでしまいがち。

そこで、
・痛むの意味や使い方
・傷むの意味や使い方
・「髪がいたむ」はどちらが適切なのか

についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

「痛む」の意味や使い方

痛いと感じる、感じられる

痛むには、次の意味があります。

  • 病気や怪我などで、肉体に苦痛や衝撃といった症状があらわれること
  • 悩みなどで精神が落ち込み、苦痛や衝撃などの症状があらわれること

怪我をしたときは、その部分がズキズキとしますよね?また悩みごとがあると心が深く落ち込み、何もかも憂鬱になってしまいます。

これらは「怪我をした」「悩みごとがある」という原因に対し、心や体が痛いと感じているため。

このように本人が痛みや辛さを感じた時に、痛むという言葉は使われます。

痛むの使用例

「痛む」は、次のような場面で使われます。

  • 転んで膝を擦りむいたところが、未だに痛む
  • 腕の古傷が痛むので、今日は天候が崩れるだろう。
  • 失恋のショックが大きすぎて、今も胸の奥が痛い
  • 急な出費が続いて懐が痛いが、欲しかった商品だったので仕方がない。

基本的に対象となるのは、自分自身の体や心。この際、傷ついた部分は目に見えないものであっても、痛いと感じるなら「痛む」と表現します

ちなみに「懐が痛む」は、お金が失われたことに対して使う言葉。お金が減って今後の生活が大変だという「精神的苦痛」を感じることから「痛む」と表現されます。

スポンサーリンク

「傷む」の意味や使い方

腐っていく、壊れていく

傷むには、次の意味があります。

  • 物品に傷が傷つくことで、破損したり外見が損なわれること
  • 食品、特に野菜や果物が傷つくなどして腐ること

ここでポイントとなるのが、傷が入るという点。経年劣化で壊れた場合も、「年月」という傷が入ることで物品が損なわれています。

また食品が腐る場合も、時間の経過という「傷」が入ることが原因。野菜や果物に関しても、傷がつくとそこから腐りやすくなるため「傷む」という表現に。

破損した・腐ったという「誰が見てもわかる客観的な事実」に対して、「傷む」が使われます。

傷むの使用例

次に、傷むの使用例を紹介します。

  • 先日の台風で建物が傷み、雨漏りが発生した。
  • 同じスーツを毎日着用していると、スーツが傷む原因となってしまいます。
  • 常温で保存した牛乳は、賞味期限内でも傷むだろう。
  • 傷の入った果物を安く購入したが、食べきれずに傷んでしまった。

傷むを使う対象は、基本的にはとなります。

また壊れてしまった対象物が、痛いと感じない存在であるなら「傷む」という表現に。

建物もスーツも牛乳も果物も、大きな分類では「物」ですよね?

これらは壊れても自発的に「痛い」と言う存在でないため、「傷む」となるんですよ。

「痛む」と「傷む」の違いについて

最後に、「痛む」と「傷む」のそれぞれの違いを表にまとめてました。

言葉 意味や違い
痛む
  • 人の体や心が苦痛を受けることで、痛みを感じたときに使う。
  • 自分自身がそう感じる、主観に基づく表現である。
  • 懐が痛いという表現もあるが、この場合はお金が減ることで心がいたむため。
傷む
  • 物が傷付いて破損したり、食品が腐ったときに使う。
  • 客観的な視点に基づくもので、誰が見ても破損していることがわかる状態である。

大きなくくりの違いでいうと、

  • であれば、基本的には「痛む」
  • であれば、基本的には「傷む」

・・と覚えるといいですね。

スポンサーリンク

「髪がいたむ」はどちらが適切なのか

髪は痛いと言わない

ここでどちらを使うか迷ってしまう、髪の毛について考えてみましょう。

まず髪の毛は体の一部なので、「痛む」が適切だと思うかもしれません。しかし髪の毛自体は痛覚がなく、パーマをかけても脱色してもカットしても何も感じませんよね?

そのため「髪の毛がいたむ」といった場合、「傷む」という字を使います。

・髪が傷んだショックで心が痛い

…という表現で覚えておくと、もう迷いませんね。

ちなみにが荒れた場合は、爪には痛覚がないため「傷む」と表現。ただし深爪したり割れれるなど怪我をした場合は、「爪が痛い」と表現します。

人か?物か?

「痛む」と「傷む」は同音意義語のため、どちらを使えばよいのか良く迷う言葉です。

しかし、

  • 対象が何になるのか?
  • 誰でもわかるのか?

で判断するとわかりやすいですね。

体や心が苦痛を感じたときは「痛み」、物が壊れたり腐った場合は「傷み」を使用。特に迷いやすい髪の毛に関しては、痛点がないので「傷み」を使いましょう。

「痛む」と「傷む」、意味の違いを理解した上で、間違えないように使い分けたいですね。