ハヤシライス?ハッシュドビーフ?

飯大好き日本人にとって、ご飯に何かをかける料理は人気のメニューですね。

そんなご飯にかける料理で代表的なものと言えばご存知カレーライスですが、他にも「ハヤシライス」も好きという方は多いのではないでしょうか?

そのハヤシライスと同じような料理に、「ハッシュドビーフ」もありますよね。

このハッシュドビーフとハヤシライス、どちらも美味しいですが、具体的には何がどう違うのでしょう?

  • ハッシュドビーフとハヤシライスの違い
  • ハヤシライスが生まれた由来
  • ビーフシチューとビーフストロガノフの違い
  • ハヤシライス&ハッシュドビーフのおすすめレシピ

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いは

ハッシュドビーフとは

ッシュドビーフとは、薄切り牛肉と玉ねぎを炒めデミグラスソースで軽く煮込んだ料理のこと。

ついご飯にかけて食べたくなる料理ですが、本来はそのまま頂く料理です。マッシュポテトを添えることもありますが、ご飯の代わりのような食べ方はしません。

またハッシュドビーフは西洋料理と思われがちですが、実は日本で独自に生まれた洋風料理。海外でハッシュドビーフというと、「刻んだ野菜と肉を煮込んだ料理」の事でした。それが日本に伝わった際に、デミグラスソースを加えて1つの料理として完成したのです。

ハヤシライスとは

ヤシライスは、牛肉と野菜を炒めトマトソースで煮込んでご飯にかけた料理のこと。

実はハッシュドビーフと、ほとんど作り方が変わりません。違いは「トマトを加える」点。ただしハッシュドビーフにも、トマトソースを入れることが多いのも事実。

トマトの比率が多く、ご飯にかけて食べるのがハヤシライスという考え方が一般的です。

ハヤシライスはどう生まれた?

ハヤシライスは、「ハッシュドビーフを基にした日本の料理」だと思われがち。ですが、実際のところは生まれた経緯に諸説あり、ハヤシライスとハッシュドビーフにはあまりはっきりとした違いがありません

一説によれば、丸善の創始者「早矢仕有的(はやし・ゆうてき)」が考案したとも言われています。

牛肉と野菜の煮込み料理を友人に振舞った、あるいは丁稚の夜食に出した料理が元になったもの。振舞った方が「ハヤシ(早矢仕)」さんなので、「ハヤシライス」とよばれるようになったのです。

「ハヤシライス」の名前に関しては、ハッシュドビーフが訛ったという説もあります。

「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス」が訛って、ハヤシライスとなった、というのだそうです。ハッシュの部分がハヤシとなり、省略されてハヤシライスとなったと考えられています。

スポンサーリンク

ビーフシチューとビーフストロガノフの違いは?

ビーフシチュービーフストロガノフも、日本では似ていて同じようなものと思われがちな料理ですね。

ビーフシチューとは

ーフシチューとは、牛肉や玉ねぎ・じゃがいも・人参などを煮込んだ料理のこと。ブイヨンで長時間煮込み、塩コショウ・トマトソース・デミグラスソースなどで味付けをします。

特にデミグラスソースで味付けしたものを、ビーフシチューと呼ぶことが多いです。

ビーフストロガノフとは

一方のーフストロガノフですが、ロシア発祥の煮込み料理です。

昔、顎の弱ったストロガノフさんという方がおられて、その方の為にステーキを薄切りにして煮込んだことが由来とも言われています。牛肉が一般的ですが他の肉を使うこともあり、その場合でもビーフストロガノフと呼ばれます。

作り方の特徴としては、仕上げにサワークリームを入れる点があげられます。その代わりデミグラスソースは使われず、トマトソースもほとんど使いません。その為仕上がりの色味が若干白く、酸味が強い味となります。

ハヤシライス&ハッシュドビーフのおすすめレシピ

簡単に出来る!ハヤシライス&ハッシュドビーフの作り方

ハッシュドビーフもハヤシライスも、基本的な作り方は同じです。途中からいくつかの違いがあるので、その点を押さえて作りましょう。

材料の準備

◎基本の材料(2人前)

  • 牛肉薄切り   200~300g
  • 玉ねぎ     1~2個
  • マッシュルーム 水煮缶1つ
  • バター     大さじ2
  • 赤ワイン    100cc
  • 固形コンソメ  2個

○ハッシュドビーフの追加材料

  • 水        400cc
  • デミグラスソース 1缶(約300g)
  • ☆ケチャップ    大さじ1~2
  • ☆塩・コショウ   少々

○ハヤシライスの追加材料

  • トマト水煮缶   1缶(400g)
  • 水        400cc
  • ☆ソース      小さじ1
  • ☆トマトケチャップ 小さじ1
  • ☆塩・こしょう   少々

作り方

◎ハッシュドビーフ・ハヤシライス共通の作り方

  1. 玉ねぎとマッシュルームを薄切りにする。
  2. 牛薄切りは1センチぐらいに切る。
  3. 鍋にバターを溶かし、玉ねぎを飴色になるまで弱火で炒める。
  4. そこにマッシュルームと牛薄切りを入れて軽く炒める。
  5. 火が通ったら赤ワインを加え、アルコールを飛ばす。

○ハッシュドビーフにする手順

  1. 水と固形コンソメを入れて沸騰させる。
  2. 沸騰したら中火にして、デミグラスソースを加える。
  3. とろみが出たら、☆の調味料を入れて味を整えて出来上がり。

○ハヤシライスにする手順

  1. 水・固形コンソメ・トマト缶を入れて加熱する。トマトが固形ならつぶしながら入れる。
  2. 沸騰したら中火にして5分ほど煮る。
  3. 味見をして、☆の調味料で味を整えて出来上がり。

□基本のハッシュドビーフ | ABCクッキングスタジオ

*下ごしらえにひと工夫すると、更に本格的になりますよ。

味わいの違いで楽しく作ろう

いかがでしたか?

ハッシュドビーフもハヤシライスも、それほどの違いはなく、作り方もほぼ一緒。

  • トマトが好きなら・・ハヤシライス
  • 深い味わいを楽しむなら・・ハッシュドビーフ

ということで良いのではないでしょうか?

ハヤシライスもハッシュドビーフも、どちらも美味しい料理ですので、両方作って食べ比べるのも楽しいですね!