ンバープレートの数字が、好きなものを選べるようになってだいぶ経ちます。希望する数字が空いていれば、好きな数字が付けられるのは覚えやすくてとても便利。

もし自分で決められるのであれば、なるべく縁起の良い数字を選びたいですよね。

また日常生活で数字を選ぶ場面でも、縁起が良さそうな数字を選びたくないですか?

そこで縁起の良い数字について、1桁と4桁を例に紹介します!

スポンサーリンク

一桁の縁起の良い数字は?

奇数は縁起が良い!

縁起が良い数字は様々ですが、主に日本では「奇数は縁起が良い」と言われています。

というのも「陰陽道」では、奇数は「陽」を表す数字と考えるから。逆に偶数は「陰」を表し、割り算で割れる事から縁起が良くないとしています。

一桁の数字で奇数は「1・3・5・7・9」の5つ。ちなみに0は偶数という扱いとなります。

9は語呂合わせに注意

奇数の中で「9」に関しては、縁起が良いと言われる一方で避けたい数字にもなります

9が特に縁起が良いとするのは、陰陽道の考え方から。陽の数字で最も数字が大きく、陽のパワーが一番集まっている数字だからなんです。

一方で「9」は「ク」とも読めるため、「苦しい」に繋がって避けたい数字という人も。

もし9の数字を使うことがあれば、良い意味だけを取り入れませんか?

1と7もラッキーナンバー

その他の奇数で特に選ぶなら、「1」「7」がオススメ。

「1」は・・・
始めの数字ということで、頂点を目指す・トップになりたい人にとって縁起の良い数字です。

一方、
「7」は・・・
メジャーリーグが元になって広まった縁起の良い数字です。

あるチームの優勝がかかった試合の7回の攻撃で平凡なフライを打ち上げてしまいます。ところが突然の強風でホームランとなり、これが優勝を決める一打に。この出来事を「ラッキーセブンだった」と評したことから、7は縁起の良い数字として広まったのです。

8は末広がり

陰陽道の考え方では、偶数は「陰」の数字であまり良くない数字。しかし日本古来の考え方では、「8」縁起の良い数字となっています。

元々8という数字は、「沢山」を表すもの。「八百万(やおよろず)の神」という言い方をしますが、これは「数えきれないほど」という意味。

また8を漢字で書くと「八」となり、裾が広がる様子が「末広がり」で縁起が良い数字なんですよ。

四桁の縁起の良い数字は?

自分の誕生日

四桁の数字で縁起が良い数字に、「自分の誕生日」があります。例えば「12月1日」生まれの人は、「1201」がラッキーナンバーです。

ただし、銀行などの暗証番号を誕生日のナンバーにすると、他人にバレる可能性が高まるので絶対に止めましょう。

4444で「しあわせ」

同じ数字が4つ並ぶのも、縁起が良い数字となります。

その中でちょっと変わった数字を選びたいなら、「4444」がおすすめ。4は「し」と読めることから、4が合わさって「しあわせ」に繋がります。

風水的には「24」「32」

風水の考え方では、「24」「32」が金運をもたらす数字。

そのため「2432」「3224」という4桁の数字は、お金に困らない数字となります。

またこっそり縁起を担ぐ数字として、「4桁の数字の合計が24や32になるもの」もおすすめ。例えば「4569」ですと、「4+5+6+9=24」で24に繋がる縁起の良い数字となります。

スポンサーリンク

逆に縁起の悪い数字は

日本では4と9が

日本において縁起の悪い数字として挙がるのは、「4」「9」

それぞれ「し(死)」と「く(苦)」と読めることから、語呂合わせで縁起が悪い数字とされています。特に病院では「4」と「9」が付く番号は避けられ、病室ではまず使われません。また4と2の組み合わせも、「しに」と読めるため避けられます。

外国での縁起の悪い数字

外国では、次の数字が縁起が悪いとしています。

西洋を中心に、「6」は「何もない数字」という事で「悪魔の数字」という扱いに。特に666は「獣の数字」として、ホラー映画でも使われるほど縁起の悪い数字としています。

ベトナムでは「惨」につながるので、4以上に「3」が縁起が悪い数字となります。

キリスト教において13人目の弟子「ユダ」がキリストを裏切った為、もっとも嫌われる数字。「13」の数字を嫌うばかりに、恐怖を感じる人もいるほどなんですね。

出来れば良い数字を

縁起の良い数字や悪い数字は、昔からの語呂合わせが元になったものが多く見られます。

根拠が無いと言えばそれまでですが、せっかく使うなら縁起の良い数字を使いたいもの。車のナンバープレートや毎日使うロッカーの番号など、身近なものに関係のある数字ならなおさらです。

心が揺らぎそうなときに強く気持ちを保つため、あるいは大丈夫という安心感のため。

そういった「ちょっとしたお守り」代わりに、縁起の良い数字を取り入れるのはいかがですか?