韓国料理は何でも辛いイメージがありますが、実はあまり辛くないメニューもたくさんあるって知ってましたか?

特にスープ系は食材の旨味がたっぷり味わえ、日本人の舌にもなじみやすい味なんです。そんな韓国のスープでおすすめしたいのが「ソルロンタン」と「コムタン」です。

韓国ドラマでも良く見かけるメニューですね。でもこの2つの料理。どう違うんでしょう?

そこで!似ているソルロンタンとコムタンの違いや見分け方について紹介していきます。韓国料理を食べるときの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
 

ソルロンタンとはどんなスープ?

雪のように白いスープ

ソルロンタン

ソルロンタン(설렁탕)は「先農湯」あるいは「雪濃湯」と書きますが、牛肉ベースのスープで、骨付きの牛肉や頭・舌・内臓と、ニンニク・しょうがなどの香味野菜を煮込んでつくります。何時間も煮込みながらアクを取ることで、骨髄のエキスやお肉の旨味がスープに溶け込むんですね。

骨髄が溶けこんだスープは雪のような乳白色で、香味野菜と煮込んでいるため臭みもないんですよ。

長時間煮込んで仕上げたソルロンタンは、一緒に煮込んだ肉とネギと一緒に盛り付けられます。味は牛の旨味が強いですが、味付けそのものはほとんどされていないため薄味です

食べる時はキムチ・塩・醤油・ニンニク・唐辛子などを使い、自分好みの味を加えていただきます。一緒に出されるご飯をソルロンタンに入れて、ご飯にスープを吸わせて食べるのも一般的ですね。

王が作るお祭りのスープ

ソルロンタンという名前となったのには、いくつかの由来があります。中でもっとも有力視されているのが、豊作祈願のお祭りで出されたスープです。

かつて李氏朝鮮の時代に、先農祭という豊作祈願のお祭りが行われていました。代々の王が祭を取り仕切り、農業の大切さと豊作を願ったんです。

このお祭りでは牛を使って畑を耕す儀式もありましたが、儀式のあとの牛はスープにして振る舞われました。先農祭で作るスープなので、先農湯(ソルロンタン)と呼ばれるようになったというわけです。

別の説では、朝鮮王朝と当時関係が深かったモンゴル(元)の言葉だったというのもあります。モンゴル語で肉入りスープをシュルルと呼び、これがハングルで「ソルロンタン」になったと言う説もあるんですね。

コムタンとは?

透き通ったスープ

コムタンスープ

コムタン(곰탕)も韓国ではおなじみのスープで、「膏飲湯」と書きます。

材料は牛肉・胃袋や小腸などの内臓で、長時間煮込んで旨味を引き出しています。牛骨は入っていないためスープは透き通り、内臓が多く入るためソルロンタンより油のコクが楽しめます

食べる時は薄切りの牛肉とネギを添え、キムチや調味料で好みの味にしたりご飯を入れていただくんですね。

長時間煮込んだスープ

膏飲湯(コムタン)の「湯(タン)」とは、スープ全般を指す言葉。膏飲(コム)は元々「コウム」と読み、長時間煮込むという意味がありました。

牛肉や内臓を長時間煮込んでスープにするコムタンは、「長時間煮込んだスープ」そのものですね。

韓国には牛ではなく鶏をつかったコムタンもあり、こちらは「タッコムタン(닭곰탕)」と呼びます。

「タッ」は鶏のことなので、「鶏肉を長時間煮込んだスープ」ですね。また牛テール(尻尾肉)を煮込んだスープもあり、こちらは「コリコムタン(꼬리곰탕)」と呼ばれます。

スポンサーリンク

ソルロンタンとコムタンの違いや見分け方

牛骨でスープを取るかどうか

ソルロンタンとコムタンは、どちらも牛を使って長時間煮込んで作るスープです。どちらも似ていますが、最大の違いは牛骨でスープを取るか取らないかです。

「ソルロンタン」は牛骨も入れて煮込むため、スープが乳白色です。「コムタン」は牛骨を入れないため、スープの色は透き通っているんですよ。そこで見分けができますね。

…とは言え、最近では「乳白色のコムタン」もあったりします。お店でも区別していないこともあるんですね。

さっぱりしているか油のコクがあるか

ソルロンタンとコムタンの味の違いは、油のコクにあります。

「コムタン」は牛の胃や小腸を加えて煮るため、油によるコクと旨味があります。「ソルロンタン」も内蔵を入れて煮込みますが、コムタンよりはさっぱりしています。

どちらも牛の旨味以外の味は最低限なので、素材の美味しさが感じられる味。食べる時はキムチや調味料を入れて、自分好みの味に仕上げることもできるんですよ。

優しいスープを味わおう!

韓国料理は辛いものや、ボリューム満点の料理が多いイメージがありますよね。実はその一方で、辛くないスープ料理も多くあり、辛いものから優しい味わいまで選べるんです。

ソルロンタンとコムタンは、韓国料理でも優しい味わいの牛肉のスープ。

一般的には

  • 乳白色でさっぱりしているのが「ソルロンタン」
  • 透き通ってコクがあるのが「コムタン」

と覚えておくといいですね。

どちらも自分で味付けできるスープなので、好きな調味料をプラスして優しいスープを味わいたいですね!