イヤープレート(クリスマスプレート)

ヤープレートは毎年デザインを変えて限定販売される絵皿で、クリスマスシーズンになると登場します。「クリスマス(ノエル)プレート」とも呼ばれ、絵柄もクリスマスの様子を描いたものが多いですね。

毎年販売されるため収集しやすいですし、結婚や誕生日などの記念に贈るのも素敵ですよね。そんなイヤープレートですが、どんなブランドが人気があるのかも気になるところ。

そこで、イヤープレートを発売している主な人気ブランドを8つ紹介しますので、購入する際の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

イヤープレート(クリスマスプレート)の人気ブランドは?

ロイヤル・コペンハーゲン(Royal Copenhagen)

イヤープレートで何と言っても外せないブランドが、デンマークの「ロイヤル・コペンハーゲン(Royal Copenhagen)」です。印象的な青い絵皿は、世界中にコレクターがいます。

コバルトブルーの色合いは、日本の伊万里焼(古伊万里)の影響を受けていると聞くから驚きですね。また絵柄はすべて手書きで、一枚一枚微妙な違いが生まれています。

ロイヤル・コペンハーゲンは1908年からイヤープレートの制作をはじめました。それから現在まで一年も欠かすことなく毎年制作しています。

同じデザインのものは売らず、復刻も行わないので「その年だけ」という特別感が嬉しいですね。そのため古いイヤープレートや、人気デザインのイヤープレートは、オークションで驚くほど高値がつくこともあるんですよ。

ビング・オー・グレンダール(Bing&Grendahl)

1895年に世界で初めてイヤープレートを販売したのが、デンマークの「ビング・オー・グレンダール(Bing&Grendahl)」で、B&Gの愛称で親しまれています。1987年に「ロイヤル・コペンハーゲン」と合併しましたが、現在でも毎年新作を発表しています。

色合いは青と白のバランスが良く、皿全体で一枚の絵画のように仕上げています。長い歴史があるだけに、ロイヤル・コペンハーゲンと並べて比較するのも楽しそうですね!

マイセン(Meissen)

ヨーロッパではじめて白磁器の製造に成功したドイツの「マイセン(Meissen)」は、古い歴史と格式を誇るブランドです。イヤープレートの製造は1910年から始められ、6年毎に絵皿のシリーズを変える特徴があります。

現在のシリーズは2016年より始まった、「世界自然遺産シリーズ」です。

マチュピチュ(2016年)、ジャイアントパンダ(2017年)、カッパドキア(2018年)、グランドキャニオン(2019年)、ヴィクトリアの滝(2020年)と人気を集めてきています。他のブランドにはない、シリーズでイヤープレートを楽しめるのが魅力ですね。

スポンサーリンク

ウエッジウッド(WEDGWOOD)

イギリスのブランド「ウェッジウッド(WEDGWOOD)」は、炻器(せっき)と呼ぶ、陶器と磁器の中間のような性質を持つ焼き物で知られています。

炻器は、ガラス質の磁器と、土をこねて焼いた陶器の、両方の美しさが楽しめる器なんですよ。

ウェッジウッドの炻器は「ジャスパー(Jasper)」と呼ばれ、イヤープレートにも採用されています。淡い青や紫の色皿の上に、白く浮き出るように施されたデザインは、何枚も集めたくなりますよ。

ヘレンド(Herend)

ヘレンド(Herend)はハンガリー生まれのブランドで、イヤープレートの製造は1996年からと比較的最近です。そのため全てのイヤープレートを集めようと思った時には、集めやすいブランドとも言えますね。

ヘレンドのイヤープレートの特徴は、十二星座のモチーフを周囲に描き、中心部に十二支が描かれていることです。西洋と東洋を融合させたデザインはシンプルで可愛く、日本の家にピッタリですね!

ジアン(GIEN)

フランス生まれのブランド「ジアン(GIEN)」は、華やかさと繊細さが両立したデザインが特徴的です。

イヤープレートには花のモチーフが多く採用され、カラフルな色使いが気持ちを明るくしてくれます。お部屋に飾ると本物の花を飾ったように明るくなりますし、季節を問わず飾りやすいのも嬉しいですね!

今右衛門窯

ヨーロッパの陶磁器にも強い影響を与えた伊万里焼の窯では、イヤープレートを販売しているところもあります。「古伊万里」の一つである「鍋島焼」を作る「今右衛門窯」では、毎年イヤープレートを発表しているんですね。

伝統的な絵柄で描かれる花をあしらったイヤープレートは、和室にも洋室にも似合います。毎年200枚限定と、数は少ないですが、日本人なら一枚欲しくなりますね!

番外編・ケンタッキーフライドチキン(KFC)

手頃な価格でイヤープレートを集めたいなら、ケンタッキー(KFC)の「パーティーバーレル」を予約する方法があります。

ケンタッキーでは「パーティーバーレル」を予約すると、クリスマス絵皿がついてくるんですよ。デザインは毎年変わり、ここ数年はポップなデザインの絵皿がついてきました。

古いものでも集めやすいですし、年代ごとのデザインの変化を楽しむのも面白そうですね!

絵皿を部屋に飾ろう!

【関連記事】
イヤープレート(クリスマスプレート)の意味や由来!飾り方や楽しみ方は?

ヤープレート(クリスマスプレート)はクリスマスの風景などを描いた絵皿で、1年毎にデザインが変わる特徴があります。ヨーロッパの有名陶磁器ブランドを中心に毎年販売しているため、1年に1度のお楽しみとも言えますね。

青く色付けされたクリスマス絵皿のイメージが強いですが、ブランドによっては個性的なデザインも楽しめます。日本国内でもイヤープレートを作る窯もあるので、ヨーロッパのお皿と並べるのも素敵ですね。

ブランドや年ごとに集めたくなるイヤープレートを、お部屋のアクセントして飾りませんか?