christmassong1
12月になると街がクリスマス一色になりますね。

ショーウィンドウには雪のデコレーションや、電飾。
そして、何処からともなく流れるクリスマスソング

みなさん、好きなクリスマス・ソングはありますか?
クリスマス・ソングの役割や、
洋楽クリスマスソングの定番について紹介します!

スポンサーリンク

クリスマス・ソングは何のためにあるの?

クリスマスソングと言ったら、何を思い浮かべますか?

日本ではジングルベル、聖しこの夜などが有名ですね。

クリスマス・ソングの始まりは、キャロルです。

クリスマス・キャロルは、中世にフランスからイギリスに広まったと言われています。
イエス・キリストの事やキリストが産まれた時の事が歌われ、
当時は輪になって、歌いながら踊ったようです。

『キャロル』とは、古いフランス語で『円舞のための歌』と言う意味です

イギリスやアメリカでは、クリスマスが近づくと
街のあちこちでキャロルを歌う人達を見かける事ができます。

昔は貧しい物貰いが、キャロルを歌って施しを受けていた様です。

最近は家々を回ってキャロルを歌い、受け取ったお金をチャリティーに募金します。

今や、いろんなジャンルのクリスマスソングがありますね。

レゲエ、ロック、オペラ、ボサノバ、そしてポップ。
びっくりですよね。

クリスマスソングが愛されるのには理由があります

christmassong5

欧米ではクリスマスは家族が集まる日。
日本で言う正月やお盆の様な感じです。

そして、集まったみんなで食事を楽しみながら近況報告。
みんなでお気に入りの映画を見たり、クリスマスソングを歌ったりします。

クリスマスソングは、懐かしい思い出を呼び起こしてくれるもの。
『おじいちゃんが口ずさんでいた歌だ!』

『クリスマスには、お母さんがこの曲を聴いていたっけな。』

なんて思い出して、家族が恋しくなったり。
家族に会えるクリスマスが近づいている事にワクワクしたり。

こんな風にクリスマスソングは、
ちょっと幸せな気分にさせてくれるものとして認識されています。

クリスマス=カップルの日というイメージが強い日本では、
ちょっと不思議なクリスマスソングの楽しみ方かもしれませんね。

スポンサーリンク

定番の洋楽クリスマス・ソング

洋楽クリスマス・ソングといったら、どの曲を思い浮かべますか?

クリスマスシーズンによく耳にする曲、

『クリスマスと言ったらこれ!』

という王道ソングをいくつか紹介したいと思います。

◎Santa Clause is Coming to Town [サンタが街にやってくる]

1934年に発売された曲。
この曲は、『サンタが街にやってくる』の邦題で知られている曲です。
ジャクソン5や、カーペンターズ、マライア・キャリーなど・・
有名な人達によってたくさんカバーされている曲です。
christmassong2

◎Jingle Bell Rock [ジングルベル・ロック]

1958年に制作された曲。
たくさんの人が何度もカバーしています。
christmassong6

◎Rudolph, The Red Nosed Reindeer [赤鼻のトナカイ]

1948年にリリースされた曲。
映画『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』を基に作られた曲です。
邦題は『赤鼻のトナカイ』。日本でも有名ですよね。

アメリカで作られたこの曲は、
カナダ・オーストラリア・イギリス・そして日本のアーティストによって
何度もカバーされているクリスマスソング。
christmassong3

◎White Christmas [ホワイトクリスマス]

1942年に発売された曲。しっとりと聞かせる名曲です。
いろいろな人がカバーしている曲です。

★Kelly Clarkson – White Christmas (Audio)

◎All I Want For Christmas is You [恋人たちのクリスマス]

1994年に発売されたマライア・キャリーの曲です。
この曲も洋楽クリスマスソングといえばコレ!というくらいの定番で、
たくさんのポップシンガーの人達がカバーしています。

★Mariah Carey – All I Want For Christmas Is You

◎Wham! Last Christmas [ラストクリスマス]

1984年に発表されたワムの曲です。
クリスマスの失恋をテーマにした曲ですが、クリスマスの定番曲として
多くのシンガーにカバーされています。

★Wham! – Last Christmas

◎Happy Xmas(War Is Over) [ハッピー・クリスマス]

1971年にジョン・レノン&オノ・ヨーコによって発表された曲。
戦争を終わったという平和を願うテーマの曲で、クリスマスの定番曲です。

変わり種?!面白いクリスマス・ソング

christmassong4
定番ソングより、ユニークで面白い曲の方が好みの人はいますか?

実は、私もその一人。
私のお勧めの曲を紹介したいと思います。

The 12 Days of Christmas (クリスマスの12日間)という
有名なクリスマス・キャロルがあります。

この曲は、1980年頃に作られたクリスマス・ソングで、
かなり古く歴史があるもの。

この曲のパロディー、『The 12 Pains of Christmas』が私のお勧めです。

1988年にリリースされたアルバム『Twisted Christmas』の一曲。

原曲は12日間の素敵な事を歌った曲ですが、
パロディー版は12のクリスマスにまつわるやりたくない事・嫌な事を歌ったもの。

アメリカでは、いろんなコメディー番組で合唱されたりしていますよ。

さいごに

いかがでしたか?

洋楽のクリスマス・ソングの定番ソング、
そしてユニークなソングについての紹介でした。

あなたの知っている曲はどれくらいありましたでしょうか?

毎年クリスマスに歌われている有名な曲も
多かったんじゃないでしょうか?

今年は、ちょっとユニークな曲を見つけて
あなたの定番クリスマス・ソングに追加してみませんか?

素晴らしいクリスマスソングを聞いて、楽しいクリスマスを過ごしましょう!