高校や大学で、ルーズリーフを愛用していた方は多いかと思います。バインダー1つで複数の教科を書き留めることができますし、取り外してコピーしたりと便利でしたよね。

社会人になるとあまり使わなくなりますが、ルーズリーフは今使っても便利なアイテムです。しかし便利なのに「ルーズ」という、だらしないイメージの名前が使われているのか気になりませんか?

そこで、

  • ルーズリーフの意味
  • ルーズリーフが使われるようになった由来
  • A罫とB罫の違いは?
  • リフィルとは?

…について紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ルーズリーフの意味

ルーズリーフとは?

ルーズリーフ

ルーズリーフ(loose leaf)は、閉じるための穴が紙の端に空いているノート用紙のこと。閉じるためのリングがついたバインダーや専用のリングに挟んで、ノートのように使われています。

またバインダーに閉じず、1枚の紙の状態で使う事も可能です。

日本で販売されているルーズリーフは、主にA4、B5、A5の3つのサイズで、JIS規格によって大きさが決められています。

規格 サイズ 概要
A4 横210mm×縦297mm コピー用紙や大学ノートの大きさ
B5 横182mm×縦257mm ジャンプやマガジンなどの、週間漫画雑誌のサイズ
A5 横148mm×縦210mm A4をふたつ折りにした大きさ

目的に合わせて自由に組み合わせられるのが、ルーズリーフの魅力ですね。

ルーズリーフは「束になっていない紙」

ルーズ(loose)という単語は、「だらしない」という意味で使いがちです。しかし本来の意味は次の通りで、「だらしない」という意味以外でも使われる言葉なんですね。

  • 締め付けのない、ゆるい
  • しまりのない、だらしない
  • 開放されている
  • 束ねられていない、バラバラの商品
  • 梱包されていない

また、ルーズリーフのルーズは「束ねていない」という意味で使われています。リーフ(leaf)は「葉っぱ」という意味もありますが、一枚の紙を指す言葉でもあります。

なのでルーズリーフは「だらしない紙」ではなく、「束ねていない紙」という意味なんですね!

ルーズリーフが使われるようになった由来

ルーズリーフは1854年に登場!

loose leaf

リーズリーフのような、穴の空いたノートが発明されたのは1854年のことです。当時も現在と同じように、紙をまとめてノートのように使っていたんです。

後に1886年にはリング式のバインダーが登場し、ルーズリーフと共に活用されていました。

書籍もルーズリーフのように

ルーズリーフが便利なのは、書いたページを自由に入れ替えることができることです。実は書籍には、ルーズリーフを参考にして生まれた販売方式があるんです。

裁判の判決例をまとめた判例集や、法律をまとめた法令集は、「加除式書籍」で販売されることがあります。加除式書籍とは、中身の差し替え(加除)が可能な書籍のことですが、1913年にアメリカのリチャード・プレンティス・エッティンガーという方によって生み出されました。

エッティンガーは税に関する書籍を任されたのですが、増刷してすぐに税に関する法律が変わってしまいます。そこで本をバラバラにして古い部分を取り除き、変更部分だけを印刷することを思いついたんですね。

そしてリング式のバインダーに収めて売り出して、このピンチを乗り越えたんですよ。

スポンサーリンク

A罫とB罫の違いは?

違いは線の幅!

無地や方眼紙と違って、線が引かれているルールリーフには、その線の幅の違いにより「A罫(えーけい)」「B罫(びーけい)」に分けられます。

別名 線の間隔
A罫 普通横罫 7mm
B罫 中横罫 6mm

文字が大きい人や書いた文字を見やすくしたい人は、間隔の広いA罫、1ページに文字をたくさん書きたい人や、文字が小さい人はB罫が便利ですね。

ただし人によって、ノートの使い心地に違いがあります。購入する前に7mmまたは6mm間隔で線を引き、文字を書いて使い心地を確認するか、お店で見て違いを確認してから選ぶようにしましょう。

ちなみにリフィルとは?

中身だけ詰め替え

リフィル

ルーズリーフを使い切ったら、新しいルーズリーフが必要になりますよね。バインダーとルーズリーフのセットを購入することもありますが、ルーズリーフだけ追加する方法があります。

このように「外側となる商品はそのままに、中身だけが追加できるもの」を「リフィル」と呼びます。

ですので、ルーズリーフで当てはめてみると、リフィルは記入する紙だけを指します(バインダーとセットになった商品でなく紙だけです)。リフィルは、6穴バインダーのシステム手帳でも同じ意味で使われますね。

また、リフィルは、ルーズリーフやシステム手帳で使う用途以外にも、テープのり・洗剤・ウェットティッシュ・化粧水・香辛料などでもよく使われています。中身だけ詰め替えることでケースが無駄になりませんし、ゴミも減らせるメリットがありますね。

ルーズリーフを見直そう

【関連記事】
システム手帳はA5サイズとバイブルサイズのどっちがおすすめ?

ーズリーフは社会人になると、あまり使われなくなるアイテムかも知れません。しかしでいつでもどこでも使えることから、デスクに一つ用意しておくと便利ですね。

ルーズリーフは差し替えが可能なため、情報を整理しやすいメリットもあります。なにより学生時代に使っていたなら、使いやすさは理解できますよね。

パソコンやスマホも便利ですが、ルーズリーフも活用して仕事に役立てましょう!