外で過ごしやすい季節になると、みんなでバーベキューを焼きたくなりますね。

ところで、バーベキューは「BBQ」と略しますが、実際の英語のスペルはbarbecueで、最後は「Q」ではありません。何故“BBQ”の略になるのでしょうか?

そんな「BBQ」の意味や語源、そしてバーベキューの略語である理由や焼肉の違いについてお伝えしていきます。ぜひBBQする時のネタにしてくださいね!

スポンサーリンク

BBQの意味や語源は?

BBQは炭火や焚き火でじっくり焼く料理

バーベキュー

BBQ(バーベキュー)は、薪や炭などのそれほど強くない火力で、肉や野菜をじっくり焼く料理です。また煙でいぶして調理する場合も、BBQと呼ぶことがあります。

使うお肉に決まりはありませんが、一般的には塊肉や厚切り肉で、蓋をかぶせて蒸し焼き状態にすることで中まで火を通します。

そして焼きが上がったお肉や野菜は、食べる人全員分に取り分けてからいただきますね。

BBQは炭や薪といった煙が出る燃料を使うため、専用施設または屋外で調理を行うのが一般的です。そのため現在は「屋外でお肉を焼いて楽しむ行事」も、バーベキューと呼ぶようになりました。

□リブロースを焼く

*じっくり焼かれた厚切りのお肉は、とても美味しそうですね!

日本でのBBQとグリルについて

日本でもBBQはレジャーとして定着し、海・山・公園・庭などで楽しむ姿をよく見かけます。しかし屋外で楽しむBBQは、どちらかといえば「グリル」となっていることが多いです。

「グリル」はお肉や野菜を直火で焼き上げる料理で、短時間で火を通す特徴があります。使うお肉もやや薄めで、こんがりとした焦げ目をつけつつ焼き上げます。

グリルも煙が出るため、専用の施設または屋外で調理を行う特徴があります。「屋外で焼く」という意味ではグリルもBBQと言えますが、調理方法に違いがあるんですね。

お腹が空いていると、つい火力をあげて手早くお肉を焼いてしまいがちです。本来のBBQは時間をかけてじっくり焼く料理なので、焼ける工程を楽しみたいものですね。

BBQの語源はカリブ海の先住民族の調理方法から

BBQの原型となったのは、カリブ海にある「西インド諸島」の先住民族「タイノ族」の調理方法です。

タイノ族 (Taíno) は肉を焼く時に木材で枠組みを作り、直火が当たらないようにして調理していました。これを見たスペイン人探検家が、木材の枠組みという意味の「バルバコア(barbacoa)」と命名しました。

バルバコアは「塊肉を丸焼きにする料理」という意味に変わり、英語圏で「バーベキュー(barbecue)」と変化していきました。そして現在、カリブ海からも近いアメリカでは、バーベキューは人気の料理となっているんですね。

BBQの「Q」はどこからきたの?

英語でバーベキューは「barbecue」と書きますが、省略した時にBBQではなく”BBC”となりませんか?またスペイン語のバルバコア(barbacoa)を略しても、BBCですよね?

実は英語圏では「Cue」と言った場合、同じ音になる「Q」に置き換えるのが一般的なんです。そのため「barbecue」の「cue」も「Q」に置き換わり、BBQとなるわけですね。

ちなみにアメリカの一部の地域やレストランでは、「barbecue」ではなく、「barbeque」と綴ることがあります。発音は同じため、こちらの方がわかりやすいと言えますね。

スポンサーリンク

BBQと焼肉の違いは?

BBQに似ている「焼肉」

焼肉

BBQと同じように、肉や野菜を焼いて食べる料理と言えば、「焼肉」ですね。屋外で鉄板を広げ、味付けした肉を焼いて楽しむ事もよくあるのではないでしょうか。

日本では、肉を焼いた料理全般を「焼肉」ということがあります。また下味をつけた肉を、金網や鉄板で焼いてから食べる料理という意味でも使います。

後者の「焼肉」は朝鮮半島での調理方法が日本に伝わり、発展したもの。焼肉店など屋内で食べることも多いですが、調理器具を屋外に持ち出して食べることもあるんですね。

BBQは全ての具材が焼きあがってから食べる

BBQ(バーベキュー)と焼肉の違いはわかりにくいですが、本来は明確に違いがあるんですね。

「焼肉」はお肉が焼けたらすぐに食べ、新しいお肉を追加して焼き続けます。また強めの火力で短時間で焼き上げるため、BBQではなく「グリル」となります。

一方「BBQ(バーベキュー)」はお肉をじっくり焼き上げ、すべての具材が焼きあがってからいただきます。基本的には焼きながら食べることがない点が、焼肉と大きく違うわけです。

ただし、この「焼きながら食べない」というのはBBQ本場のアメリカでのスタイル。日本では「屋外でお肉を焼きながら楽しむ行事全般」をBBQと言うことも多いため、焼肉との違いはハッキリしないとも言えますね。

【関連記事】

みんなでBBQを楽しもう!

外でお肉を味わいBBQは、屋外レジャーの定番料理となっています。一度にたくさん調理できることもあって、大人数でのパーティーにもピッタリですよね。

直火でさっと焼くイメージが強いですが、本来はじっくり火を通すのがBBQ(バーベキュー)という料理です。日本では外で焼きながら食べる焼肉も人気ですが、焼き上げてから食べるのがBBQの楽しみ方なんですね。

今年の夏は暑さ対策をしっかり行いながら、みんなで本格的なBBQを楽しみませんか?