システム手帳はA5サイズとバイブルサイズのどっちがおすすめ?

最終更新日: | ビジネス | ,

ジネスシーンで活用したいシステム手帳は、情報の整理にうってつけのツール。またリフィルを入れ替えることで何年も使い続けられるので、リーズナブルだと考える人もいます。

そんなシステム手帳ですが、大きく分けてA5サイズバイブルサイズがあります。

大きい「A5サイズ」と小さい「バイブルサイズ」では、どちらがより使いやすいのでしょうか?

そこで、
・バイブルサイズのメリットとデメリット
・A5サイズのメリットとデメリット
・どっちの手帳サイズがよいのか?

…についてまとめたので、購入する際の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

バイブルサイズのシステム手帳のメリットとデメリットは

バイブルサイズとは

バイブルサイズとは聞きなれない言葉ですが、これは「聖書と同程度のサイズ」のこと。西洋では持ち歩く人も多い、聖書にあわせたサイズなんですね。

バイブルサイズは縦171mm×横95mmで、iPhone7 Plusより少し大きいサイズ。これにB6サイズ程度の、カバーをつけたものがバイブルサイズのシステム手帳となります。

コンパクト!

バイブルサイズのシステム手帳のメリットは、コンパクトなこと。小さいカバンやポケットに入れやすく、持ち歩きが便利です。

特に手帳を持ち歩く習慣のない方にとって、大きめのアイテムは持ち運ぶ事を敬遠しがち。小さくて常に携帯しておけば、自然と使う機会も増えますよ。

カスタマイズしやすい

システム手帳はリフィルを入れ替えることで、長く使い続ける手帳。リフィルも月別スケジュール・週間スケジュール・メモ帳・ToDoリストなど、種類がとても豊富です。

特にバイブルサイズはリフィルの種類が豊富で、自分好みにカスタムしやすいメリットが。仕切りを追加して仕事用・オフ用と使い分ける、なんて事も可能になります。

書き足りない

コンパクトなバイブルサイズですが、デメリットとしては、記入するスペースが小さくなることがあげられます。

例えば会議の内容をひたすら書き続けると、何ページも使ってしまうことに。またもう少し書きたいけれどリフィルが無い、なんて事も発生しやすくなります。

分厚くなりがち

リフィルの種類が多いバイブルサイズは、リフィルをあれこれ追加しがち。また1ページあたりの書き込み量が少ないため、リフィルを多目に入れておくことも。

その結果、分厚くなってしまい、持ち運ぶにはやや重くなってしまうデメリットもあります。

スポンサーリンク

A5サイズのシステム手帳のメリットとデメリットは

よく見かけるサイズ

A5サイズのシステム手帳は、リフィルがA5サイズ縦210mm×横148mm)とお馴染みのサイズ。

そのためノートを使う感覚で、たっぷり書き込めるメリットがあります。

またコピー用紙などではA5サイズも多いため、システム手帳に挟み込みやすいのも特徴。必要な資料をシステム手帳内にまとめ、忘れ物を減らせるメリットも生まれますね。

大きく使える

小さめの手帳ですと、どうしても書き込む時の文字が小さくなりがち。そのため後で見返した時に、読みづらいと感じることが。

その点A5サイズなら大きい文字が書けるので書きやすく、後で確認した時も読みやすくなります。

余白が気になる

1ページに書き込める量が多いということは、文字数が少ない時は余白が増えてしまう場合が。またたくさん書けるとなると、何を書いていいのか迷ってしまうことも。

そんな方にとってたっぷり書き込めるA5サイズは、ハードルが高いと感じてしまうことがあります。

A5サイズという大きさ

普段カバンを持ち歩かない方や、必要最低限の道具だけにしたい方も多いかと思います。そういう方にとってA5サイズは、やや大きくて持ち運びにくいと感じる事があります。

またサイズが大きいと、その分重量も増えがち。大きくて重い手帳をいつの間にか持ち歩かなくなった、というデメリットも発生しがちです。

どちらのシステム手帳がいいの?

それそれのおすすめタイプ

それぞれ特徴のあるシステム手帳ですが、次の観点で選ばれると良いですよ。状況によって手帳を使い分けるのも良いですね。

■バイブルタイプのシステム手帳

・小さめの通勤カバンを使う。
・様々なリフィルを試したい。
・出先などで、ちょっとしたメモをすぐ取りたい。
・仕事以外のスケジュールも、まとめて管理したい。
・手帳自体に軽さを求めている。

■A5サイズタイプのシステム手帳

・会議などが多く、記入すべき事柄が多い。
・見落としたくない事柄を、大きく記入したい。
・デスクワークが多く、ノートを広げるスペースが取れる。
・社内資料と自分のメモを、ひとまとめにしたい。
・とにかく書きたいことが多い!

使いやすいシステム手帳を

ステム手帳は、使う人次第で無限の可能性を示してくれます。手に入れた情報を上手に整理したり、うっかり忘れてしまうミスを防いだり。しかし上手く使いこなせなければ、せっかくのシステム手帳も台無しです。

使いこなす一番のコツは、その手帳が自分にとって使いやすいかどうか

サイズの違う2種類のシステム手帳を納得のいくまで比較して、自分に一番合う手帳を見つけましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

尽力の意味とビジネスシーンでの正しい使い方!似た類語も合わせて紹介!

ビジネスシーンにおいて、自分だけでは解決できない状況に陥って人に頼ったり、逆に取引先から解決

記事を読む

改訂・改定・改正の意味と違いとは?実例もあわせて紹介します!

日本語は音と意味が似ている言葉が多く、一度では理解出来ないことがあります。またパソコンの入力

記事を読む

リスペクトの意味と正しい使い方!オマージュとの違いは何?

最近では日常会話でも横文字が飛びかい、なんとなく判ったつもりで聞き流してしまうことも。そうい

記事を読む

「ご査収」の意味とビジネスシーンでの使い方!別の表現で言う場合は?

ビジネスでメールのやり取りを行なっていると、時々わからない言葉に出会うことがあります。

記事を読む

単身赴任で準備すべきことリスト。これだけはやっておこう!

転勤の季節である3月・4月以外にも、急な辞令で転勤となるのは会社員の宿命かも知れません。しか

記事を読む

「フィードバック」の意味とビジネスシーンでの正しい使い方は?

会社内での業務などは、最初から全てうまく行くとは限りません。むしろ失敗することや、予期せぬ不

記事を読む

新年会の締めの挨拶の仕方やポイントは?例文もご紹介!

新年会でそろそろお開きに…という時に、締めの挨拶を任せられたらどうしますか? 内輪での新年

記事を読む

幸甚の言葉の意味とは?読み方と正しい使い方を例文を交えてご紹介します!

要件を端的に伝えるメールに慣れてしまうと、手紙を書く時に悩んでしまうことがあります。

記事を読む

忘年会の案内メールで大事なポイントとは?案内文の例文もご紹介!

忘年会で幹事になると、日時の設定や会場の確保などやることが沢山出てきます。 特に、会社

記事を読む

エビデンスの意味とは?IT・医療・銀行での使われ方の違い

最近は、「横文字」流行り。 日本語で普通に言えばいいところを、やたらと横文字を連発する人、いま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑