本全国には、海外からも注目される、たくさんの美しい風景がありますが、特に素晴らしいのが「日本三景」と呼ばれる場所。

よく言われる日本三景ですが、どこにあるのかご存知ですか?

それは宮城県の「松島」、京都の「天橋立」、広島県の「宮島」の3箇所。どこも景色がとても素晴らしく、ぜひ一度は行ってみたいところですが、何故日本三景に選ばれたのでしょうか?

そんな日本三景が選ばれた由来や、それぞれの特徴や魅力、アクセス情報をお伝えしますので、ぜひ旅行の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

日本三景はどこ?由来は?

松島・天橋立・宮島!

改めてですが、日本三景とは、次の3つの地域のことを言います。

  • 宮城県の「松島(まつしま)」
  • 京都の「天橋立(あまのはしだて)」
  • 広島県の「宮島(みやじま)」

日本三景は、江戸時代初期に活躍した儒学者、「林春斎(はやし しゅんさい)」が提案したものです。

林春斎は「日本国事跡考」という本の中で、松島・天橋立・宮島が素晴らしいと褒め称えました。これをきっかけに、日本三景と言われるようになったんですね。

宮城の「松島」はどんなところ?

松島湾内外で見られる諸島

松島

「松島(まつしま)」は宮城県宮城郡松島町にある、松島湾内外で見られる諸島のことを言います。

松島周辺は「リアス式海岸」という、川や海によって陸地が削られた場所。その為、複雑に入り組んだ入江や、260もあると言われる大小の島が点在する美しい光景が楽しめます。

一方で川や海による侵食で、島や入江の形は常に変化し続けているんですよ。

芭蕉が絶句する美しさ

松島の逸話として有名なものに、江戸時代前期の有名な俳人・松尾芭蕉が俳句を残せなかったというものがあります。

松尾芭蕉は松島の美しさに憧れ、「武蔵野の月の若生えや松島種」という俳句を残しています。しかし実際に松島へ足を運んだところ、あまりにも素晴らしい景色に見とれて俳句が詠めなかったと伝えられています。

芭蕉が俳句にできなかったほどの景色と聞いたら、実際に見て確かめたくなりますね。

□月の松島~昔から憧れの景色~

*松島は月夜の名所としても知られ、伊達政宗も好んだという光景なんですよ。

松島へのアクセス

●電車で

  • JR仙石線「松島海岸駅」下車すぐ(仙台駅から松島海岸駅までは約40分)

●車で

  • 三陸自動車道「松島海岸IC」より約5分
  • 東北自動車道「大和IC」より約30分

スポンサーリンク

京都の「天橋立」はどんなところ?

宮津湾にある砂州

天橋立

「天橋立(あまのはしだて)」は、京都府宮津市の宮津湾にある砂州(さす)のことを言います。

砂州は海の流れによって集まった砂が、細長い地形を作り出したもの。天橋立も細長い陸地が湾内を横断し、外側が宮津湾・内側が阿蘇海(あそかい)に分かれているんです。

「天橋立」という名称は、日本神話に由来します。

古事記によると、イザナギとイザナミの二神が「天の浮橋」というところに降り立ち、国造りをはじめました。この「天の浮橋」が天橋立で、最初にできた島が近くにある「沼島」だと言われているんですね。

逆さまの景色を楽しもう

天橋立の楽しみ方に、「股のぞき」があります。

天橋立が見下ろせる場所で股の間から見ると、空に天橋立が浮かび上がったように見えるんです。

特に「天橋立傘松公園」から見る光景は、空に橋がかかっているかのようです。また「天橋立ビューランド」から見る光景は、龍が空に昇る様子にも例えられます。

ちょっと大変ですが、天橋立へ行ったら「股のぞき」の光景を楽しんでくださいね!

□天橋立股のぞき

*松林のある場所が「天橋立」で、本当に橋がかかっているかのようですね。

天橋立へのアクセス

●電車で

  • 京都丹後鉄道「天橋立駅」より徒歩5分

●車で

  • 京都縦貫自動車道「宮津天橋立IC」より約10分

広島の宮島はどんなところ?

厳島神社の領域に

宮島

宮島(みやじま)は広島県廿日市市宮島町にある島で、地名としての正式な名前は「厳島(いつくしま)」となります。島全体が「厳島神社」の領域であるため、神社(お宮)の島ということで「宮島」と呼ばれてているんです。

厳島神社は593年(推古天皇元年)に創建されたという言い伝えが残っており、長く古い歴史を持つ神社です。また鎌倉時代末期までは「神様の場所」として、人が住んではいけない場所とされていたんですね。

現在のような観光地となったのは、戦国武将・毛利元就(もうりもとなり)が厳島一体を支配下においてからです。元就が社殿を修復したこで江戸時代に入ると、厳島神社に参拝に訪れる人が増えました。

現在は世界遺産に認定されたこともあり、国内外から多くの方でにぎわう場所となったんですよ。

海の上の鳥居が目印

宮島といえば、海に浮かぶ大鳥居がとても有名です。

この大鳥居は「島全体が神様のもの」という印として、境界線となる海上に鳥居を立てているんですね。また一部の社殿は海上に建てられていて、満潮時には海に浮かんでいるかのような美しさです。

一方で潮が引くと、鳥居の下まで歩いていけるんですよ!

□宮島 厳島神社の満潮時と干潮時 海に浮かぶ社殿と大鳥居は神秘的です

*3分30秒から潮の引いた状態の宮島が見られます。満潮時との違いには驚きますね!

宮島へのアクセス

●電車で

  • JR「宮島口」より徒歩5分 → フェリー10分
  • 広島電鉄「宮島口」より徒歩1分 → フェリー10分

●車で

  • 「大野IC」「廿日市IC」より約10分 → フェリーに乗換し約10分

●高速艇で

  • 広島港より高速艇を利用し約22分
  • 元安桟橋より世界遺産航路を利用し約45分

7月21日は日本三景の日

実は日本三景の日という記念日があるのをご存知でしょうか?それが7月21日日本三景観光連絡協議会というところが、日本三景をPRする目的で制定しました。

何故7月21日になったのか?というと、先に紹介した通り、日本三景の由来にもなった江戸時代の儒学者・林春斎の誕生日が「1618年7月21日」だからです。そこから7月21日を記念日としたというわけですね。

一度は行きたい日本三景!

本三景はいずれも海に近い場所にあります。宮城県の「松島」は太平洋、京都の「天橋立」は日本海、広島県の「宮島」は瀬戸内海。どの場所からも陸地や海の美しい光景が楽しめるんですね。

どの場所も長い歴史を持つ場所であるため、修学旅行で訪れた方もいるかもしれません。

松島は松尾芭蕉が歌にできないほどの美しさですし、天橋立からは神話の時代が感じられます。そして宮島からは神様の息遣いが感じられ、今すぐにでも行きたくなりますね。

古き良き日本に触れたくなったときは、日本三景へ足を運んでみませんか?