パクチー料理を始めとしたエスニックブームもあり、ここ数年でアジア料理は身近な存在となりました。それでもまだまだ知らない国は多く、食べたことのないエスニック料理も多いですよね。

そんな国の一つがラオスですが、実は毎年春に、東京で「ラオスフェスティバル」が開催されているんですよ。ここに行けばラオスという国の文化や芸能、そして美味しい食べ物があなたを待っています!

そこで、

  • ラオスフェスティバル2019年の日程や場所
  • ラオスフェスティバルとは?
  • ラオスフェスティバルの見どころ

…について紹介しますので、ぜひ行かれる際の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ラオスフェスティバルの日程やスケジュールは?

爽やかな季節に開催

ラオスの夕方

ラオスフェスティバル(Laos Festival)は、毎年5月下旬に東京で開催されています。2019年の開催は代々木公園で、日程については次の通りです。

  • 開催日程:2019年5月25日(土)26日(日)
  • 開催時間:10:00~19:00
  • 開催会場:東京・代々木公園イベント広場
  • アクセス:
    • JR山手線 「渋谷駅」 ハチ公口 → 徒歩10分
    • JR山手線「原宿駅」 → 徒歩5分
    • 地下鉄千代田線「明治神宮前<原宿>駅」 → 徒歩5分
    • 地下鉄千代田線「代々木公園駅」 → 徒歩5分
    • 小田急線 「代々木八幡駅」 → 徒歩10分

ラオスフェスティバルとは?

縁がつながる

ラオスの国

ラオスフェスティバルは、2007年(平成19年)から始まったイベントです。ラオス料理や雑貨が買える屋台があることから、アジア好きの方から注目を集めています。

ラオスフェスティバルが行われるようになったのは、「さくら国際高等学校」との交流がきっかけとなっています。

さくら国際高校では1996年より、ラオスに学校を建設する活動を行っています。またホームステイなどを通じ、日本とラオスの友好活動も行っていたんですね。

この活動の経験から、もっとラオスを知ってもらおうと始まったのが、ラオスフェスティバルです「ラオフェス」という通称もあるこのイベントは、ラオス本国でも知られているほどなんですよ!

ラオスってどんな国?

ところで「ラオス」という国が、どこにあるのかをご存知ですか?

ラオス人民民主共和国はインドシナ半島にあり、中国・ベトナム・カンボジア・タイ・ミャンマーと国境を接しています。

国の面積は日本の本州とほぼ同じ大きさで、面積の70%は山岳地帯と日本と少し似た国なんですよ。

ラオスは長い間タイやカンボジアの影響下にあり、またフランスによる植民地支配もありました。国として独立した後も内戦が起きたり、周辺国の争いに巻き込まれるなど苦難が続きました。

王国から移行して現在の人民民主共和国の体制となったのは1974年のこと。それから現在もゆっくりと成長を続けている国です。そのため他の国では見られない、どこか懐かしいアジアが感じられる国がラオスなんですよ。

スポンサーリンク

ラオスフェスティバルの見どころ

イベントがもりだくさん!

ラオスフェスティバルでは、毎年ラオスと日本のアーティストによるステージイベントが行われています。

ラオスからは国立舞踊団や民族楽器の演奏者、そしてラオスで人気のアーティストが登場します。日本からも毎年多くのアーティストが登場し、とくに「サンプラザ中野くん」は常連アーティストなんですよ!

またステージイベント以外では、ラオス語やラオスのダンスのレッスンが行われています。ラオス料理のデモンストレーションもあり、ラオスの文化が身近に感じられますよ。

□ラオスフェスティバル2017

*ときにはステージを飛び出し、屋台周辺の人も巻き込んで楽しむこともあるんですよ!

ラオス料理がおいしい!

ラオスの料理

ラオフェスでは、ラオス料理の屋台が多く登場します。

ラオス料理はタイ料理に似ていますが、全体的にさっぱりしとした味付けとなっています。主食はもち米で、「カオ・クア」という炒めご飯は醤油味なので食べやすくておすすめです。

麺類も米粉から作られたもちもちしたもので、さっぱりとしたスープは思わずおかわりしたくほどです。もちろんエスニックらしい辛さや酸味も味わえますが、優しい味わいはエスニック初心者向けとも言えますね。

実はラオスフェスティバルでは、タイ料理もたべることができます。日本にはラオス料理専門店が少なく、在日ラオス人がタイ料理店で働くことが多いからです。

ラオスの料理とタイの料理を食べ比べできるのも、ラオスフェスティバルならではですよ。

▼オームラオ

▼カオプン

▼カオソーイとラープムー

*ラオス料理は日本人に合う味で、美味しいと評判ですよ。

【関連記事】

ラオスを身近な国に

オスは日本ではあまり知られていない国ですが、だからこそ気になる国でもあります。そんなラオスが身近に感じられるのが、ラオスフェスティバルです。

伝統舞踊やラオスのアーティストによるステージイベントは、楽しい時間が過ごせます。またラオス料理は食べやすく、また珍しい料理も多いのでどれも食べたくなりますね。

ラオスフェスティバルを通じて、もっとラオスという国を知り、好きになりませんか?