電気でひらめく

日の生活になくてはならないものの一つに、電気があります。電子レンジや冷蔵庫、スマホなどの生活必需品は電気がなければ動きませんものね。

そんな私達にとって大切な「電気」には記念日があることをご存知でしたか?その由来を知ることで、日本の電気についても学べるんですよ!

そこで、電気記念日の由来や行事・イベントについて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

電気記念日の由来は?

日本ではじめて電気が…

街の灯り

電気記念日は毎年3月25日で、日本電気協会によって制定された記念日です。

この電気記念日が3月25日になったのは、実は日本における「電気のはじめて」が関係しているんです。

日本で初めて電気による明かりが灯されたのは、1878年(明治11年)3月25日。銀座に開局した中央電信局(現在のNTTや郵便局など)の祝賀会での出来事でした。

ただしこの時の明かりは電池をつかったものでしたし、一部の人しか見ることができませんでした。

その後、一般の人が初めて電気の明かりを目にしたのは、1882年(明治15年)11月1日のこと。東京電燈(東京電灯)が銀座に設置したもので、宣伝用の街頭だったんです。

そして1887年(明治20年)3月25日に、家庭用の配電が始まりました。

  • 初めて電灯が灯された日(1878年)
  • 初めて家庭用配電が行われた日(1887年)

が、ともに同じ3月25日なんです。

このことを記念して、1927年(昭和2年)に電気記念日が制定されたんですね。

スポンサーリンク

電気記念日のイベントは?

日本電気協会が全国各地で記念行事を開催

電気記念日を制定した日本電気協会では、記念日の前後に記念行事を開催しています全国に10ある支部ごとに開催しているので、行きやすいのもうれしいですね。

その内容は、

  • 功労者の表彰
  • 記念講演
  • 祝賀会

など。

特に記念講演は地区ごとに内容が異なり、電気の話から健康・アスリートによる講演など様々です。また今年(2019年)は中国支部にて、広島交響楽団 カルテットによるミニコンサートが行われる予定です。

参考リンク:日本電気協会 各地区電気記念日行事予定

家のあちこちに電気が

大阪市立科学館の記念イベント

日本電気協会関西支部では、大阪市立科学館(大阪市北区中之島4-2-1)と共同で一般向けの無料イベントを毎年開催しています。

その内容は、展示場の無料開放や、中高生・大学生による展示品の解説など。またその年ごとに特色あるイベントや、サイエンスショーも開催されていますよ。科学工作が体験できたり宇宙に関する3D映像も楽しめるため、例年子供達に大人気なんですね。

子供も大人も楽しめる一日となっているので、関西の方はぜひ足を運んでくださいね!

追記:2019年の開催は以下の通り決定しました。

  • 開催日時:2019年3月30日(土) 11:00~16:00
  • 開催場所:大阪市立科学館 地下1階アトリウム、研修室、展示場
  • 参加費:無料(電気の日記念イベントの為)

参考リンク:大阪市立科学館 電気のスペシャル・イベント2019

電気は毎日に欠かせない

大切な電気

気は毎日の生活に欠かせないもので、停電になると途端に生活が不自由になってしまいます。2018年には大阪や北海道など、地震で大規模な長時間停電が発生したことも記憶に新しいですよね。

そんな身近な電気について、より詳しく知ることができるのが3月25日の電気記念日です。日本電気協会では祝賀会が行われていますし、近くの科学館でもイベントがあるかも知れませんよ。

便利だからこそ、使い方を知っておきたい「電気のこと」。3月25日の記念日にぜひ覚えませんか?