沖縄や熱帯地方の海は真っ青で、潜ってみると間近にサンゴ礁が楽しめますよね。サンゴ礁の間からカラフルな魚が顔を出せば、まるで映画の世界に迷いこんだかのようです。

そんなサンゴには記念日があり、イベントが行われていることを知ってましたか?またサンゴの意外な秘密を知ると、つい誰かに話したくなりますよ。

そこで、「サンゴの日」の由来やイベント、またサンゴとサンゴ礁の違いについてお伝えします。ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

サンゴの日の由来は?

WWFジャパンが制定

サンゴの日は毎年3月5日WWFジャパンが制定した記念日です。

WWFとは「世界自然保護基金」の略称で、世界的規模で自然保護活動を行う非政府組織です。パンダのロゴマークで活動しているため、見たことがある方もいるかも知れませんね。

WWFの活動は、動物・自然・農作物など幅広いジャンルに渡り、サンゴのある海を守るのも活動の一つです。

そしてサンゴの日を制定したWWFジャパンは、WWFの支部組織。石垣島の白保というところに、WWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」を設立し、環境保存活動を行ってるんですね。

3月5日がサンゴの日になった2つの理由

コーラル(珊瑚)

サンゴの日が3月5日となった理由は2つあります。

語呂合わせから

1つ目の理由は語呂合わせから。

3月5日の「3」と「5」は、「サン」「ゴ」と読めますよね?そこから「サンゴ」の語呂合わせとなり、サンゴの日に制定されたんです。

宝石のコーラルが3月の誕生石だから

もう1つの理由は、宝石の「コーラル(Coral)」が3月の誕生石だからです。

コーラルとは珊瑚(サンゴ)のことで、鮮やかな赤や柔らかなピンク色をしています。日本では生命力を高める効能があると言われ、お産のお守りとして母から娘へと受け継がれてきました。

そんなコーラルは、西洋では3月の誕生石としても知られているんですね。

以上の2つの理由から、3月5日がサンゴの日となったというわけです。

サンゴとサンゴ礁の違いとは?

珊瑚

ところでサンゴ(珊瑚)とサンゴ礁(珊瑚礁)とは、どのような違いがあるのでしょうか。

サンゴ(珊瑚)とは?

実はサンゴは植物ではなく、クラゲやイソギンチャクに近いトゲを持つ動物なんです。

大きさは1mm~数センチ程度と小さく、外敵から身を守るために体の周りに石灰質の殻をまとっています。そして他の動物を捕まえるなどして、生きているんですよ。

□珊瑚の産卵/Coral Spawning

*産卵の様子を見ても、どこか植物のようですね。

サンゴ礁(珊瑚礁)とは?

サンゴと言われると、大きく広がったゴツゴツした岩を思い浮かべませんか?あれはサンゴが作り出した骨や殻が集まったもので、あの中にサンゴの本体が潜んでいます。

そのサンゴがたくさん集まって出来たのが、サンゴ礁です

サンゴは死んだ後に、まとっていた石灰質の骨や殻が白くなってそのまま残ります。その骨や殻が何層にも積み重なったものも、サンゴ礁と呼ばれています

空からサンゴ礁のある海を見ると、青い海に染まった白いサンゴ礁が確認できます。海に潜ってもその様子が確認できるため、サンゴ礁のある海はダイバーに大人気なんですね。

ですので、サンゴとサンゴ礁の違いは、

  • サンゴ(珊瑚)  …生物の本体(動物)
  • サンゴ礁(珊瑚礁)…地形(サンゴが積み重なったもの)

と言えますね。

スポンサーリンク

サンゴの日のイベントには何がある?

池袋・サンシャインシティでは

水族館

東京・池袋にある「サンシャインシティ」では、毎年サンゴの日にあわせてイベントを行っています。

2019年もサンシャイン水族館にて、「サンゴフェスタ」が行われます。

  • 開催期間:2019年3月1日(金)~3月10日(日)
  • 開催時間:10時~18時(水族館の営業時間に準じます)
  • 開催場所:サンシャイン水族館
  • 料金:水族館の入場料が必要です(高校生以上2200円、小中学生1100円、4才以上700円)

開催期間中は、水族館にて以下のイベントが予定されています。

  • VR沖縄ダイビング体験「沖縄の海に潜ろう!」
  • サンゴ貝のアクアフォトフレーム作りのワークショップ(700円)
  • サンゴフェスタ サンゴクイズ大会(土日のみ)
  • サンゴの展示(通常展示)
  • サンゴプロジェクト「サンゴを学ぼう!」(パネル展示)
  • 裏方探検ガイドツアー~サンゴ特別編~(日曜日のみ500円)

10日間と長く開催されますので、ぜひ行ってみてはいかがですか?

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)では

サンゴが身近な存在である沖縄でも、毎年サンゴの日の付近の日曜日にイベントが行われています。

沖縄県立博物館・美術館(愛称…OkiMu おきみゅー)では、2019年3月3日(日)に様々な体験教室が開催される予定です。

その内容も、

  • 封入標本作り、海の万華鏡作りのワークショップ(エントランスホール)
  • サンゴ礁について学べるお話(博物館常設展示室)
  • 沖縄の海、サンゴ礁を学び、体験(ふれあい体験室)

…など、子供から大人まで楽しめるものです。

地元の方向けのイベントではありますが、3月に観光で沖縄に行くならこちらもチェックしたいですね。

きれいなサンゴのために

い海と「サンゴ」の組み合わせは美しく、南のリゾート地でしか楽しめない貴重なものです。そんなサンゴについて詳しくなれる日が、3月5日のサンゴの日なんですよ。

サンゴ礁はサンゴが生み出すもので、実はサンゴ自体は植物ではなく動物だと聞くと驚きですね。そんな豆知識やサンゴを使った体験教室など、サンゴの日には様々なイベントが開催されています。

きれいなサンゴをもっとよく知るために、3月5日のサンゴの日を楽しんでみませんか?