のような恋愛体験も、ドキドキの大冒険も、映画なら手軽に味わうことができますよね。

初めてのデートに映画館は最適ですし、家族や友達と見に行くのも素敵です。

そんな映画をお得に見ることができるのが、映画の日などに設定される割引料金。どのような割引があるのかも気になりますよね。

しかし、「映画の日」は本来は毎月1日ではなく、12月1日なんですね。

そこで、
・映画の日は本当はいつ?
・映画の日の由来
・映画の日に行われているサービスとは
・映画館の主な割引サービスについて

…を紹介するので、是非参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

映画の日は本当はいつ?

ファーストデーと映画の日は違う!?

映画館の宣伝で、「毎月1日は映画の日!」としているのを見たことがありませんか?

お得なサービスもあることで、映画を見に行くなら1日と覚えている方も多いかもしれませんね。

しかし毎月1日は映画の日ではなく、「ファーストデー」というサービスデー。記念日としての映画の日は、12月1日なんですよ

映画の日の由来

なぜ12月1日?

ところで、なぜ12月1日が映画の日と制定されたのでしょうか。

日本で初めて映画館での一般上映が行われたのは、1896年(明治29年)年11月25日のこと。11月25日から29日までの5日間の期間で、神戸の「神戸倶楽部」で公開されました。

そこから60年経った1956年(昭和31年)に、当時あった日本映画連合会という団体が、この時のことを記念して会合にて記念日を決定し制定しました。

それが、映画の日の由来となっています。

尚、本来なら初上映の11月25日となるところを、覚えやすくキリがよい・・ということで、12月1日が記念日となりました。

箱を覗き込む映画

ちなみに当時の映画は現在とは違い、「キネトスコープ」という上映方式でした。

ただしその形状は現在と違い、大きめの箱の中に映像を流して一人ずつ覗き込むもの。

音楽も流れないものでしたが、絵が動くということで当時の人々はとても驚いたんですよ!

スポンサーリンク

映画の日にはどんなサービスがある?

映画の日の割引

12月1日の映画の日には、全国の映画館で割引価格にて映画を楽しむことが出来ます。

一部の例外もありますが、上映作品を1000円で見ることが可能。現在の映画料金が1800円からなので、とてもお得に映画が楽しめますね。

どんなイベントが?

映画の日に合わせて、映画に関係した記念式典が開催されています。

この式典では、長年映画業界に功績の有った方が表彰されます。

また名作映画の上映と、関係者を招いてのトークショーといったイベントも。名作映画の上映は地方の映画館などでも行っているため、地元情報誌をチェックしたいですね。

映画館の主な割引料金について

毎月1日はファーストデー

12月1日以外の毎月1日は、「ファーストデー」として割引価格で映画が楽しめます。

一部例外はありますが、全ての方が1100円(2017年現在)で映画を楽しむことが可能。

尚、毎月1日の割引については、12月1日の映画の日と違い、100円だけ価格が高いので注意してくださいね。

また、このファーストデーの映画館は普段より混雑するため、早めの行動をオススメします。

レディースデーとメンズデー

条件付きの割引サービスでよく知られたものに、「レディースデー」の割引があります。

これは女性限定で割引になるもので、映画館にもよりますが1100円からというところが多め。対象となる日は水曜日・木曜日といった、曜日指定となっています。

レディースデーが浸透している一方で、「メンズデー」の割引も行われています。

こちらは男性限定で、その内容はレディースデーと同じもの。ただしメンズデーを設けていない映画館も多いので、事前に確認すると安心ですね。

年齢に応じた割引

曜日や日付に関係なく、年齢に応じた割引を行っている映画館もあります。

シニア割引

60歳以上の方の場合、年齢を証明できるものがあれば、1100円から映画を楽しむことが可能。

映画館によっては55歳の場合もあるので、購入前に確認してみましょう。

学割

学生の場合も以下のような割引が行われます。

  • 1000円(中・高校生、学生証提示)
  • 1500円(大学生、学生証提示)
  • 1000円(小学生)
  • 1000円(または900円)(3歳以上の幼児)

といった料金で、映画を楽しむことが可能です。

なお、より安くなる割引の対象になる場合は、より安いほうが適用されます。

夫婦50割

夫婦で映画を見に行く場合、夫婦のどちらかが50歳以上であれば、1人あたり1100円(または1000円)で映画を見ることができます。

他にも、映画館独自に割引きサービスを行っている場合があります。詳細は各映画館のホームページなどで確認してみてくださいね。

映画を見に行こう!

こ数年日本映画でも大ヒット作品が多く生まれ、また個性的な映画もたくさん上映されています。

洋画の大作映画も楽しいですし、みんなが楽しめる映画やアニメ映画も素敵なものがたくさん!

しばらく映画を見ていないのでしたら、12月1日の映画の日が狙いめです。お得な料金で映画が楽しめますし、映画館によってはイベントが開催されることがありますからね。

12月1日の映画の日をきっかけにして、大迫力のスクリーンで映画を楽しみませんか?