パンダのニュースを見ていると、食事中の様子が流れることがあります。もぐもぐと笹を食べている様子は、とても愛らしいですよね。

ところでパンダが食べているのは「笹」という印象がありますが、見ていると「竹」のようにも見えます。どっちを食べているのでしょう?そもそも笹と竹にはどんな違いがあるのかも気になるところ。

そこで、

  • 竹と笹の違い
  • パンダが食べるのはどっち?
  • パンダは他に何を食べるのか

…について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

竹と笹の違いは?

竹とは?

竹の葉

はイネ目イネ科タケ亜科の植物のうち、茎が木のように固くなるものを指します。ただし木と違って、茎に皮がなくつるんとした特徴があります。

また竹は成長が早いものも多く、「孟宗竹(モウソウチク)」にいたっては、20m以上に成長することもあります。

竹が主に分布している地域は、アジアの温帯・熱帯地帯。日本では本州全域と九州に自生し、北海道や高山地帯ではほとんど自生していません。

また「たけのこ」は、竹が土から出てくる寸前、または出てきてすぐに収穫したもの。アク抜きなどの下処理をしてから、様々な料理に使います。

笹とは?

笹の葉

はイネ目イネ科タケ亜科の植物のうち小型のもので、日本で独自に成長している種類のこと。自生地は北海道も含めた日本全国で、高山地帯でも笹は自生しています。

また他の国では見られないため、海外でも「sasa」で通じます。

大きさは人間の腰ぐらいまでのものが多く、茎は皮で覆われてザラザラした感触があります。また笹も成長が早く、放置すると野原が笹だらけになってしまうこともあります。

ちなみに北海道や東北の一部で「たけのこ狩り」と言った場合、収穫しているのは実は笹の新芽です。「千島笹(根曲がり竹)」の新芽で、アク抜き不要で細く長く柔らかい特長があります。

竹と笹の違いはどこにある?

一般的には笹は竹の小さいもの、という扱いを受けています。しかし分類学上では竹と笹は別のもので、以下の部分で区別をしています。

  • は、茎が伸びる際に皮がむけ、ツルンとした茎がそのまま伸びていく。
  • は、茎が伸びる際に皮(鞘)がついたままで、枯れるまで皮が残る。
  • 竹の葉は、葉脈が格子状になっている。
  • 笹の葉は、葉脈が平行に並んでいる。

このように竹と笹の違いでは、大きさは関係していません。そのため竹のように大きくなる笹も存在しますし、笹のように小さな竹もあるんです。

スポンサーリンク

パンダが食べるのは竹と笹のどっち?

パンダが食べるのは

パンダは中国原産の動物。大きな分類では熊の仲間になりますが、野生のパンダが食べているのは竹です

これは中国には笹がないためで、日本でも動物園で飼育されているパンダは主に竹が与えられています。

実はパンダ自身は、竹も笹もどちらも食べることができます。これは竹と笹どちらも同じ種類の植物だからで、笹を食べても大丈夫なんですよ。

パンダの食事

パンダが他に食べているのは?

肉食の体

パンダは熊の仲間ですが、体の作りも熊に近いもの。そのため内臓のつくりも、肉を中心に食べる熊に近いものとなっています。

パンダの主食となっている竹・笹ですが、実はパンダにとって効率の良い食べ物ではありません。竹・笹は栄養価が低い上、肉食動物の体のパンダではその栄養もすべて吸収しきれないためです。

それでもパンダが笹・竹を主食としているのは、生息地域(中国の山岳地帯の奥地)で年中食べられるものが、冬でも枯れない「竹」だったからです。種として生き残るために、竹を主食とするようになったと考えられています。

パンダは意外と何でも食べる

そんなパンダですが、実は竹・笹しか食べない訳ではありません。野生のパンダは魚・昆虫・小さな動物・果物を食べる、雑食性となっています。

また動物園などで飼育されているパンダも、竹をメインにしつつも、野菜や果物も与えられていますね。

竹と笹は見分けがつきにくい

竹と笹はとても似ていますし、笹が成長したものが竹だと勘違いする人もいます。たしかに竹と笹は分類上では近い植物ですが、竹と笹は別の植物。

竹はツルンとした茎で葉の筋が平行、笹は茎が皮に覆われていて葉の筋が網目という違いがあります。そしてパンダは笹だけ食べるイメージがありますが、竹をメインに笹も野菜も昆虫も食べる雑食性なんですよ。

見分けがつきにくい竹と笹ですが、違いを覚えてちょっとした話題づくりに活用しませんか?