お盆の準備には特別感があり、とくに盆提灯(ぼんちょうちん)の明かりは懐かしさを感じるもの。一方で身内が亡くなってはじめてのお盆を迎えるときは、いろいろな準備で忙しくなりますよね。

そんなお盆で使う盆提灯ですが、毎年同じものを使いまわしても大丈夫なのでしょうか。また古くなったり傷んでしまった盆提灯(ぼんちょうちん)は、どのように処分すればよいのか気になりませんか?

そこで、

  • 盆提灯の処分方法
  • 盆提灯は使いまわしてもよいのか

…についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

盆提灯の処分方法について

盆提灯には2種類ある

盆提灯

盆提灯(ぼんちょうちん)と言われると、次の2つのイメージがありませんか?

  • 白または透かし模様の入った和紙が貼られた提灯
  • 白提灯(しろちょうちん)」と呼ばれるもので、身内が亡くなってはじめて迎えるお盆(新盆・初盆)で飾られるもの。

  • 表面に菊などの花が描かれ、中に明かりが灯る提灯(中で回転する仕掛けもある)
  • 一般的な盆提灯で、毎年のお盆で飾られるもの。

「白提灯」も「一般的な盆提灯」も、飾るのはお盆に戻ってくるご先祖様をお迎えするため。「迎え火」や「送り火」と同じ目的で飾られ、お盆中は毎日明かりをともします。

明かりを灯す期間は地域によって異なりますが、お盆期間中の夕方から夜にかけてが一般的です。

※白提灯(しろちょうちん)とはこういうものですね。

基本は「お炊き上げ」

盆提灯の処分方法ですが、送り火の際に一緒に燃やす「お炊き上げ」で焼却します。また送り火を終えたあとに、改めて自宅でお炊き上げを行って燃やす方法も。

しかし最近の住宅事情では、ある程度の大きさのものを燃やすのは難しいこと。また焚き火そのものが禁止されている地域も多いため、すべてを燃やすのは難しいですよね。

お炊き上げはすべて燃やす必要はなく、盆提灯の一部を燃やせばお炊き上げをしたことになります。ですので、ろうそくを入れる部分「火袋」に、火をつけて少しだけ燃やせば大丈夫。

その後しっかり消火してから、地域のゴミ分別方法に従って処分します。もしゴミとして捨てるのが気になるなら、お清めとして塩をひとふりしてから処分すると安心ですね。

お寺に持ち込む

お寺によってはお炊き上げを行うところがあるため、菩提寺に確認してみるのはいかがでしょうか?

お正月明けなどに行われるお炊き上げ(どんと焼き)でも、盆提灯を受け付けてくれる場合もありますよ。

ただし、大きな盆提灯は、環境問題や住宅事情などを考慮して断られることも。また盆提灯は仏教の行事で使用するものなので、「神社のどんと焼き」では受け入れていない場合もあります。

□増上寺 大晦日 お焚き上げ

*大晦日にお炊き上げを行う増上寺でも、お守り程度の小さなもののみの受付となっています。

仏壇店に持ち込む

盆提灯を購入した仏壇店に相談すると、引き取ってくれることもあります。

菩提寺で受け付けていない場合は、仏壇店に相談してみるというのはいかがですか?

スポンサーリンク

盆提灯は使いまわしていいの?

白提灯の場合

身内の方が亡くなってはじめて迎える、「初盆(はつぼん)」(あるいは新盆)では白提灯を使うことが多いです。こちらは初盆でのみ使うもので、次の年のお盆では使いません。

そのため、白提灯は基本的に初盆を終えた時点で処分します

ただし地域によっては家紋入りの白提灯を用意し、翌年以降も使う場合も。宗派や地域によって対応は様々ですので、事前に年長者やお寺に確認すると安心ですね

【関連記事】
新盆・初盆の読み方や迎える時に行う事。盆提灯はどうする?

通常の盆提灯の場合

灯りのついた盆提灯

家紋や絵が描かれた美しい盆提灯は、破損しない限りは毎年同じものを使用して大丈夫です

地域によっては身内が亡くなられた際に、親戚・知人から盆提灯が贈られることが。その盆提灯を毎年飾ることで、ご先祖様や亡くなられた方と親戚・知人とのつながりも確認できるんですよ。

盆提灯はたくさん飾るのがよいとする地域もありますし、一対になるように飾ることが大切だという地域も。飾り方も含めて地域や宗派ごとの特色があるので、やはり不安なら年長者に確認すると安心ですね。

明るく灯してお迎えを

盆提灯はご先祖様をお迎えするために、お盆の期間の灯す明かりのこと。またお盆の最終日に灯すことで、ご先祖様をお見送りする目的もあるんですよ。

真っ白な「白提灯」ははじめてのお盆用で、基本的にはその年のお盆だけに使うもの。お盆を終えたら「お炊き上げ」が理想ですが、一部だけ燃やしたあとはゴミとして処分して構いません。

カラフルな盆提灯は毎年使えるので、大切に飾ってご先祖様と私達の目を楽しませてもらいましょう!