お父さんありがとう!

段仲のよい親子であっても、感謝の言葉は意外と伝えていない・・ということはありますよね。

そんな時は、父の日のプレゼントと共に感謝の言葉をメッセージとして贈りませんか?

直接では言いづらい言葉も、文章にすると不思議と素直に伝えられますし、お父さんもきっと喜ぶハズ。

そんな父の日に送りたいメッセージカードを、状況に合わせた文例と共に紹介します!

スポンサーリンク

父の日に贈るメッセージのポイント

基本はシンプルに

お父さんに伝えたいことは沢山あるけど、何を伝えたいのかがわからない・・といった事もあるかも知れません。そんな時は、シンプルに考えてみましょう

伝えたいのは感謝の言葉ですか?

それでしたら「お父さんありがとう」でいいじゃないですか。そこから更に、どういった感謝をしたいのかを考えてみましょう。

本当に伝えたいことをシンプルに考えて、そこに付け加えていく形で考えてみるといいですね

chichinohibunrei3

時には心情をお手紙で

シンプルな言葉だけでは、日頃の思いを伝えられないこともあります。

それでしたら、思ったことを素直に手紙にしてみましょう

小さい頃の思い出を書いても良いです。社会に出てはじめて、父の凄さに気がついた事を書いても良いですね。

手紙には「拝啓」「敬具」と言った作法がありますが、親子なら多少作法は無くても大丈夫。あるいは、親子だからこそ作法に沿って書き、ここまで成長したことを伝える事もできますね。

子供からもらった手紙は、きっと父親にとってラブレター以上にうれしいものになりますよ。

プリントアウトより手書きで

最近ではメールやLINEなどでのやり取りが主流となり、手紙を書く機会も減ってきています。そういう時代だからこそ、手書きでメッセージを渡しませんか?

chichinohibunrei4

手紙となると文章量も多くなって、手が疲れたり、漢字の書き間違えがあるかも知れません。ですが、たとえ手書き風のフォントがあっても、子供が書いた手書きの文字は温かみは段違いです!

メール等ならすぐ入力してすぐ送信できますが、手書きにはそれだけのために割く時間もかかります。その時間の分だけ、素直な気持ちが相手に伝わりますよ

父の日のメッセージカードの文例集

chichinohibunrei2

シンプルなメッセージ

主にグリーティングカードに添える、思いを込めた短文の例となります。

◎小さい子供からパパへ

  • おとうさんいつもありがとう
  • いつもげんきでいてね!
  • おさけやタバコはほどほどにね!

◎子供からお父さんへ

  • お父さんお仕事ご苦労様です。体に気をつけてね。
  • 働くパパが一番かっこいいよ!
  • お父さん、たまにはゆっくり休んでね!

◎家を出て、遠くに住む父へ

  • お父さんいつもありがとう。遠くからお父さんの事を思っています。
  • 子供を持つようになって、お父さんの凄さを実感しています。育ててくれて、ありがとう。
  • たまにしか会えないけれど、いつもお父さんが元気でいることを願っています。

◎子供のメッセージに添えて、妻から夫へ

  • 私のために、子供のために、いつも頑張ってくれてありがとう。いつまでも大好きです。
  • いつもわがまま言ってごめんね。こんな私ですが、今後共よろしくおねがいします。

◎義父さんに一言添えて

  • いつもお世話になっております。どうぞお体に気をつけてくださいね。
  • 先日はおみやげ(おすそわけでも可)ありがとうごさいました。先日のお礼ですのでどうぞお使いください。
  • 義母さんともども、私たち夫婦のお手本です。どうぞ末永く幸せでありますようお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

手紙の文例

手紙で父親への感謝を伝えたい場合の例文を、幾つか紹介します。

文例をこのまま使うのではなく、自分自身の気持ちを加えて、あなただけの手紙にすると素敵ですよ。

◎未婚あるいは子供がいない娘から父へ

お父さんへ

いつもわがままを言ってごめんなさい。
素直になれないけれど、本当はお父さんの事が大好きです。

お父さんが一番見たいウエディングドレス(子供)を、
なかなか見せられなくてごめんね。

だけど今、すごく充実しているし、私はとっても元気で幸せです。
(ここでは仕事が忙しい、プライベートが充実している等、その点をアピールします)

今日はプレゼントとして●●(贈った商品名)を贈ります。
どうか私の気持ちだと思って受け取ってね。

最後に、いつまでも元気でいて下さい。
お父さんは私の憧れです!

娘より

◎遠方への父(義父)へ

お父様へ

父の日という事で、家族で選びましたプレゼントを贈ります。
(子供や夫と選んだ、など添えると内容がさらによくなります)

気に入って頂けるか判りませんが、喜んで頂けるとても嬉しいです。
(ここで家族の近況を挟むと、より気持ちが伝わります)

なかなか会う機会がありませんが、今度ゆっくりと家族でおじゃましたいと思います。

その時は、ぜひ親孝行させてくださいね。
最後になりますが、
どうぞお体に気をつけてください。

嫁(の名前、あるいは娘の名前)より

【関連記事】

お父さんにはストレートに感謝しよう!

ッセージや手紙を書くとなると、身構えてしまい、なかなか書き出せないかも知れません。そんな時こそ、自分の素直な気持ちを分かりやすい言葉にして伝えてみましょう

子供なら元気な文字で、大人なら率直な文章であれば、その気持ちはきっと伝わるはず。

手紙やメッセージだからこそ、ストレートな言葉でお父さんに感謝を伝えたいものですね。