詣や七五三などでお世話になる神社では、様々な年中行事を行っています。秋祭りなどの「例大祭」は馴染み深いですが、一方であまり知られていない行事も。

その中の一つに「大祓」というものがあるのですが、実はこれが重要な行事なんですよ。

地域によっては違う名称を使うこともあり、そうした別名なら知ってる人もいるかも!

そこで、

  • 大祓の読み方や意味
  • 大祓はいつ行われるのか?
  • 大祓の方法、「茅の輪くぐり」のくぐり方

についてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

大祓の読み方や意味は?

けがれを取り除いて

赤い鳥居の神社

大祓は「おおはらい」または「おおはらえ」と呼ばれるもので、神道で行う年中行事の一つ。その歴史はとても古く、「古事記」にも書かれているほどなんです。

大祓の目的は、人々が知らずに犯した罪や過ちといった「穢れ(けがれ)」を取り払うこと。701年(大宝元年)の大宝律令によって宮中行事として採用され、国中の穢れを取り払って無病息災を願ってきました。

しかし室町時代に起きた応仁の乱によって、宮中行事としての大祓は断絶。その後明治時代になってから復活し、現在も皇室の行事として行われているんですね。

神社での大祓

宮中行事の流れをくむ大祓とは別に、各地の神社でも大祓は行われています。その目的は宮中行事の大祓と同じく、人々が背負ってしまった穢れを取り除くこと。

やはりこちらも応仁の乱をきっかけに断絶しかけましたが、ごく一部の神社で儀式は継承されました。

明治時代になって宮中行事として復活したのをきっかけに、各地の神社でも復活したんですよ。

大祓はいつ行うの?

6月と12月の晦日に

大祓は一年に二度、6月の晦日(みそか)と12月の晦日(みそか)に行われます。

「晦日」とはその月の最終日のことで、月の動きをもとにした「太陰太陽暦(旧暦)」の時代に使われた言葉。太陰太陽暦に従えば、旧暦の6月の晦日は6月30日で、12月の晦日は12月30日。

しかし現在は、今の暦である「太陽暦」に合わせて行うため、6月30日12月31日が大祓の日となっています

6月に大祓を行うのは、梅雨の時期から夏へと変わる厳しい暑さを乗り越えるため。12月の大祓は、その年の穢れを翌年に持ち込まないためなんですよ。

ただし宮中行事としての大祓では、新しい天皇が即位した直後の新嘗祭(11月23日)にも行うことがあります。また平安時代などには、疫病の大流行や大災害が起こった際にも大祓が行われました。

6月の「夏越の祓」と、12月の「年越しの祓」

6月の大祓と12月の大祓には、それぞれ別名があります。

6月の大祓は、次の呼び方をすることが。

  • 夏越の祓(なごしのはらえ)
  • 名越の祓(なごしのはらえ)
  • 夏祓(なつはらえ)
  • 六月祓(みなづきはらえ)

一般的には、「夏越の祓」と呼ばれることが多いですね。あるいは祓を“大祓”として「夏越の大祓」と呼ばれることもあります。

そして、12月の大祓は、次の呼び方をすることがあります。

  • 年越の祓(としこしのはらえ)

※または、「年越の大祓」

「大祓」という言葉は聞いたことがなくても、「夏越の祓」「年越の祓」といった名前では聞いたことがある方もいるかも知れませんね。

スポンサーリンク

大祓の方法は?

形代に穢れをうつして

大祓を行いたい場合は、大祓を行っている神社を確認しましょう。

常に神主さんがいる神社でしたら、たいてい大祓は実施されています。ただし事前に申し込みが必要な場合もあるので、開催日も含めて確認をしておくと安心ですね。

大祓に参加すると、「形代(かたしろ)」と呼ばれる紙が配られます。これは自分自身の身代わりとなるもので、人の形をしている場合も。

神社によって手順に違いはありますが、名前・年齢・住所を書いて体の悪いところをなでたりします。

こうすることで自分自身についた穢れを、身代わりとなる形代に移すことが可能に。そしてこの形代を集めて神主さんが祝詞(のりと)を上げ、川に流すなどして清めてくれるんですよ。

*形代は人形のような形をしているものが多いですが、神社によってはペット形もあるようですね。

6月の大祓では、茅の輪くぐり

鳥居

6月の大祓では、多くの神社が「茅の輪くぐり(ちのわくぐり)」と呼ばれる行事を行います。

これは(ちがや)という植物で編んだ大きな輪を、所定の手順でくぐり抜けるもの。参道や鳥居の前に設置され、これをくぐることで穢れを払うことができるんですよ。

「茅の輪くぐり」の基本的なくぐり方の手順は、次の通りです。

  1. 茅の輪の前で一礼します。
  2. 左足から茅の輪をまたいでくぐり抜けます。
  3. 左回りで茅の輪の前に戻ります。
  4. 茅の輪の前で一礼します。
  5. 右足から茅の輪をまたいで輪をくぐり抜けます。
  6. 右回りで茅の輪の前に戻ります。
  7. 茅の輪の前で一礼します。
  8. 左足から茅の輪をまたいで輪をくぐり抜けます。
  9. 左回りで茅の輪の前に戻ります。
  10. 茅の輪の前で一礼します。
  11. 左足から茅の輪をまたいでくぐり抜け、そのままご神前へ進んでお参りします。

また、茅の輪くぐりでは、唱え詞(となえことば)を唱えながらくぐります。

唱え詞の内容は以下の文言が一般的です。

水無月の夏越しの祓する人は 千歳の命 延ぶというなり
(みなつきのなごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり)

なお、茅の輪くぐりの方法(くぐり方)や唱え詞の内容は、神社によって違うこともあります。各神社で予め確認しておくと安心ですね。

□茅の輪くぐり ~大宮氷川神社~

*大宮氷川神社では、茅の輪をくぐる時に形代にふれるんですね。

大祓で身も心もスッキリ

大祓は罪や穢れといった、悪いものを取り払う行事。6月末日と12月末日に行われ、心身ともに清めるものなんです。

その方法は形代(かたしろ)と呼ばれる紙を身代わりにして、お祓いをうけるもの。また6月の大祓では、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)を行って穢れを取り払います。

半年に一度の大祓で気持ちをリセットし、スッキリした気持ちで新しい日々を迎えませんか?