をたくさん食べたくなった時に、手軽に食べられるサラダは重宝しますよね。夕食の一品に加えてもいいですし、お弁当のおかずにもサラダは大活躍!

そんなサラダの中でも、キャベツがたっぷり入ったコールスローは子供にも人気のサラダ。

しかしコールスローサラダは味が濃いためカロリーが気になりますね。実際のところはどうなのでしょうか?

そこで、

  • コールスローの意味とは
  • コールスローのカロリーは
  • コールスローのおすすめレシピ

について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

コールスローの意味とは

キャベツたっぷり

コールスローサラダ

コールスローとはサラダの一種で、細かく刻んだキャベツをたっぷり使うのが特徴です

キャベツに加えて赤キャベツ・ニンシンや、リンゴ・パイナップルなども入ることも。これらの野菜や果物に、マヨネーズをベースとしたドレッシングで和えてからいただきます。

コールスローは酸味と塩気のバランスがよく、野菜嫌いの方でも食べられる味と言えます。

アメリカやイギリスでは、フライドチキンやフィッシュアンドチップスと一緒に出されることも。日本でもケンタッキーフライドチキンのサイドメニューで、コールスローが提供されていますね。

「キャベツのサラダ」を短縮して

コールスローの歴史は古く、古代ローマ時代にはすでに食べられていたという記録も残されています。

ただし、現代のようなコールスローの形になるのは、18世紀に発明されたマヨネーズの登場以降。それまではお酢・サラダ油・塩・コショウを合わせた、「ヴィネグレット」というドレッシングを合わせていました。

コールスローという名称になったのも、マヨネーズがドレッシングとして使われるようになってから。オランダ語で「キャベツのサラダ」を意味する、「koolsalade」が元となっています。

この言葉を短縮した「koolsla(コールスラ)」が英語となり、「coleslaw(コールスロー)」となったんですね。

コールスローのカロリーは?

コールスローを使ったサラダ

サラダと比較すると

コールスローでよく言われるのが、「普通のサラダよりカロリーが高いのでは?」という点。そこで100gあたりのカロリーを、野菜サラダ・ポテトサラダ・シーザーサラダと比較してみました。

サラダ カロリー
コールスロー 122kcal
野菜サラダ 149kcal
ポテトサラダ 122kcal
シーザーサラダ 140kcal

比較してみるとヘルシーなイメージのある野菜サラダが、一番カロリーが高いという結果になりました。ただしこれはサラダに使用しているドレッシングによるため、ドレッシングの量を加減することでローカロリーとなります。

実はコールスローのカロリーが高めに感じられるのは、ドレッシングの量がやや多いから。ただしマヨネーズは腹持ちがよくて満腹感が得られるため、食べ過ぎさえしなければコールスローはダイエット向きではあるんですよ。

スポンサーリンク

コールスローのおすすめレシピ!

基本のレシピ

まずはコールスローの、基本的な作り方をマスターしましょう。

■材料(2人前)

  • キャベツ   1/4~1/3個
  • ニンジン   1/4~1/2本
  • マヨネーズ  大さじ2
  • お酢     大さじ1
  • 砂糖     小さじ2
  • 塩・コショウ 少々

■コールスローの基本の作り方

  1. キャベツとニンジンを千切りにし、塩を振ってから軽くもんでから10分ほど置く。
  2. マヨネーズ・お酢・砂糖・塩・コショウを混ぜておく。
  3. キャベツとニンジンを絞って水気を切り、食べる直前に(2)と混ぜて完成。

ポイントは、キャベツとニンジンに塩を振って水気を出すこと。こうすることでドレッシングが水っぽくならず、よく味が馴染みます。

美味しいコールスロー

カロリー抑えめのレシピ

美味しくカロリーを抑えたいなら、次のレシピはいかがですか?

■材料(2人前)

  • キャベツ   1/4~1/3個
  • ニンジン   1/4~1/2本
  • リンゴ    1/4個
  • マヨネーズ  大さじ1
  • ヨーグルト  大さじ1
  • レモン汁   小さじ1
  • 砂糖     小さじ1弱
  • 塩・コショウ 少々

■カロリー抑えめのコールスローの作り方

  1. キャベツとニンジンを千切りにし、塩を振ってから軽くもんでから10分ほど置く。
  2. マヨネーズ・ヨーグルト・レモン汁・砂糖・塩・コショウを混ぜておく。
  3. リンゴはお好みで皮をむき、芯と種を取り除いてから粗めの千切りにする。
  4. (1)の水気を絞ってから2と3を加えて混ぜ、塩・コショウ・レモン汁などで味を整えて完成。

マヨネーズを減らしてヨーグルトを加え、砂糖を減らしてリンゴの甘みをプラス。キャベツもニンジンも太めの千切りにすると、シャキシャキした食感がより楽しめます。

□コールスローサラダ

*マヨネーズもカロリーオフタイプを選ぶと、更にヘルシーになりますよ!

コールスローはひと工夫でもっと美味しく!

コールスローはキャベツがメインのサラダで、味付けはマヨネースがベース。味付けがしっかりしているので、野菜嫌いの方でも食べやすいサラダなんです。

カロリーが気になるかもしれませんが、ドレッシングを工夫すれれば大丈夫。お肉料理の付け合せや、パンにはさんで食べても美味しいですよ。

シャキシャキと美味しいコールスローで、野菜不足を解消しませんか?