□おうちで簡単おせち料理 盛り付け手順の紹介

お正月と言えば「おせち」ですよね。

最近では、デパートや通販などで買うことも出来ますが、ご家庭で作ると言う方も多いのではないでしょうか?

ところで、おせち料理って、どうして「おせち」って言うんでしょう?

おせち料理の意味・由来、いつ食べるのかなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

おせち料理の由来

osechiimi1

「おせち」は、もともと暦上の「節句(節供)」

節句は、奇数が重なる日をめでたいとした中国の考え方から来ており年間の節句は「五節句」と言われます。

五節句は、次の5つです。

1月7日 人日(じんじつ)
3月3日 上巳(じょうし・じょうみ)
5月5日 端午(たんご)
7月7日 七夕(しちせき)
9月9日 重陽(ちょうよう)

3月3日のひな祭りや、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕などは、今でも行事が行われますね。

五節句が正式に定められたのは江戸時代ですが、1月1日の元旦は別格扱いとされました。

また、平安時代には、朝廷では「節日」に「節会(せちえ)」と言う行事が行われておりそこで出されたご馳走は「御節供(おせちく)」と言われていました。

この「御節供」が、のちに「おせち」と略されるようになり、その後、節句の一番目にあたる正月の料理を「おせち」と言うようになったんですね。

お正月料理のことを「おせち」と言うようになったのは庶民が宮中行事を生活に取り入れるようになった江戸時代頃からだと言われています。

おせち料理の意味

osechiimi2

おせち料理は、本来、年神様にお供えするための料理で、そのままでは食べられない乾物が中心でした。

現在のようなおいしい(?)おせちは、江戸時代の武家のしきたりにそったものです。

重箱の意味

おせち料理を重箱に入れて重ねるのは、「めでたさを重ねる」と言うことで縁起をかつぐためです。

重箱は、上から「一の重」「二の重」…と呼びますが、四段目は「四」が「死」を連想させて縁起が悪いため「与の重」となります。

四段重が正式ですが、空の「五の重」を控えとして準備することもあります。

これは、「今が最高ではなく、将来もっと繁栄する余地がある」ことを示すため。おめでたいお正月のお料理なので、おせちにはこの種の縁起担ぎが行われるんですね。

ただ、最近では、少人数家族が増えてきたため、お重の段数も減る傾向にあります。

スポンサーリンク

おせちの食材や料理

重箱を重ねることだけでなく、おせちの食材や料理もおめでたい、縁起を担いだものが使われます。

例えば、次のようなものですね。

○数の子
数の子はニシンの卵で、たくさんの卵が詰まっていることから
子孫繁栄を願った縁起物

○黒豆
黒は魔除け。まめ(勤勉)に働きまめ(健康)に暮らせることを祈って

○田作り
別名ごまめ。肥料として使われたイワシを食べることで豊作を願う

○海老
腰が曲がるまで丈夫と言う長寿祈願

○鯛
祝い事の定番。メデタイに通じる

○昆布巻き
「よろこぶ」のごろ合わせ

○紅白かまぼこ
かまぼこは「日の出」の象徴。赤は「魔除け」白は「清浄」をあらわす

○栗きんとん
「金団(きんとん)」は「金の団子」と言う意味で、金運を願う

○鰤(ぶり)
出世魚である鰤にあやかり出世を願う

○紅白なます
祝い事にもちいる紅白の水引にあやかる

○レンコン
穴の開いたレンコンは「将来を見通す」と言う意味の縁起担ぎ

○八ツ頭(やつがしら)
親芋が大きいことにちなんで「頭(かしら)」になることを願う。里芋は、小芋がたくさんつくところから子宝を願ったもの

おせちの食材や料理には地方色があり、地域によって異なる部分があるようです。

それにしても、おせちの食材や料理は、どれもおめでたく縁起の良いものばかりですね。

おせちはいつ食べる?

osechiimi3

「おせち」と言えば、元日に食べると思う方が多いかも知れませんね。でも、北海道や東北では、大晦日におせちを食べる習慣があります

実は、「おせち」は、もともと新年を迎える料理として大晦日の夜に食べるものでした。

それが、重箱につめてお客様をもてなす料理となり、大晦日には年越しそばを食べるように変わって行ったのです。

その意味では、北海道の食べ方は、むしろ伝統にそったものと言えますね。

おせちに限らず、暦にしたがった伝統行事には、地域差があるものがたくさんあります。

関東と関西で違う、と言うことが多いようですが、おせちに関しては、北海道や東北と、それ以外の地域で違うんですね。

お正月を楽しもう

osechiimi4

おせち料理って、あんまりおいしいものではありませんよね?

子どもには特に不評だし、「作っても誰も食べないから」と作らないお宅も多いと聞きます。

私自身は、おせちは特においしいとは思いませんが、作るのは大好きです。年に一度のことだし、おせちを作らないとお正月と言う気がしません。

そう言う意味では、私にとっておせちとは「作ることに意味がある」料理なのです。おせちに日持ちのするものが多いのは、お正月の三が日くらいは女性が台所に立たなくても良いようにと言う配慮だと言います。

そう言えば、お隣のご主人の出身地では、お正月は男性が台所に立ち女の人は「お休み」なんだそうです。素敵な習慣ですね。

お正月には、好きなものだけでも「おせち」を用意して食べながらのんびり過ごすのもいいんじゃないかと思いますよ。