近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやすい果物は、ドライフルーツという形で見かけることもありますね。

そんな果物の代表格に、独特の形と食感が楽しい「いちじく」があげられます。

実は女性にとって嬉しい成分が多いいちじくなんですが、どんな果物なのか良く知らない方も多いのではないでしょうか。どんな効能があるのか、また旬がいつなのか気になりますね。

そんな気になるいちじくの旬の時期・栄養と効能・おすすめレシピをそれぞれ紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

いちじくの旬は?

夏から秋にかけて

ちじくはクワ科いちじく属の果物で、漢字で書くと「無花果」というもの。花が咲かずにいきなり実がなる用に見えることから、この漢字が使われました。

実際は花は咲いていないのではなく、実の中で開花。いちじくの中にはツブツブがありますが、これがいちじくの花なんですよ。

そんないちじくのですが、6月~10月にかけてです。

6月・7月に出回るのは夏に実をつける、「夏果」と呼ばれるタイプのいちじく。実が大きい特徴がありますが、一方でやや傷みやすい欠点もあります。

8月以降に出回るのは、「秋果」と呼ばれるタイプのいちじく。こちらは小粒ですが夏果よりは傷みにくいため、広く流通しています。

いちじくの栄養と効能は

1個あたりの栄養は

次にいちじくの主な栄養を、1個(約85g)あたりで紹介します。

栄養素 栄養価
カロリー 46kcal
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンC 1.7mg
ビタミンE 0.34mg
カリウム 144.5mg
カルシウム 22.1mg
マグネシウム 11.9mg
0.26mg
食物繊維 1.62g

いちじくの特徴は、カリウムを豊富に含むこと。

またツブツブ部分には、ポリフェノールの一種である「植物性エストロゲン」や、他にも「フィシン」という成分が含まれています。

いちじくの効能は

いちじくを食べることで、次のような効能が期待できます。

整腸作用

いちじくに含まれる食物繊維は、ペクチンという水溶性の食物繊維。

ペクチンは水に触れるとゲル状になり、腸内の老廃物を掃除して排出。その結果便秘改善と、腸内環境の正常化につながるんですよ。

高血圧予防とむくみ改善

いちじくに含まれるカリウムには、体内のナトリウムバランスを整える作用があります。

ナトリウムは塩分に含まれるもので、摂取し過ぎは高血圧の原因に。また水分を取り込みやすい特徴があるため、ナトリウムのとりすぎはむくみの原因にも。

カリウムの作用によってナトリウムが排出されることで、高血圧改善むくみ改善が期待出来るんですよ。

消化改善と二日酔い予防に

イチジクには、フィシンという成分が含まれています。

フィシンにはタンパク質の分解を助ける効果があるため、食後に食べると消化を手助けする効果が。また二日酔いを予防する効果もあるため、お酒を飲む前に食べると効果的です。

女性に嬉しい効能も

女性にとって見逃せないのが、植物性エストロゲンがもたらす作用です。

植物性エストロゲンは女性ホルモンに似た働きをするため、女性特有の不調の改善を手助け。生理不順・生理痛・生理前の肌荒れ・更年期障害など、女性の悩みにいちじくはうってつけです。

スポンサーリンク

いちじくのおすすめレシピ

皮をむいてガブリが贅沢!

いちじくは傷みやすく、関東より北ではほとんど出回らない果物。

そのため生のいちじくは意外と貴重で、そのまま食べるのが一番贅沢な食べ方なんですよ。

いちじくは縦に4等分してから、皮を手で取り除くと食べごろの大きさに。包丁がないときは、ヘタの部分をバナナのようにむいてかぶりつくことも可能です。

コンポートに!

一度にたくさん頂いたときは、コンポートにしませんか?

■材料

  • いちじく 5~6個
  • 砂糖   80g
  • レモン汁 大さじ1
  • 水    100cc
  • 赤ワイン 100cc(白ワインでもよい)

■作り方

  1. いちじくは洗ってから、皮をむきます。
  2. ホーロー鍋などの酸に強い鍋に、水・ワイン・砂糖・レモン汁を加えて火にかけます。
  3. 砂糖が溶けたらいちじくを入れ、オーブン用クッキングシートで落し蓋をして弱火で10分煮ます。
  4. 火からおろして冷めたら完成!

□いちじくのコンポート

*ワインが入りますがアルコールが飛ぶので、お酒に弱い方でも安心です。

砂糖は焦げやすいので、溶けたらすぐに弱火にしましょう。

コンポートはそのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトとあわせると甘みと酸味がぴったり。食べきれないときは密封容器に入れれば、冷蔵庫で1週間ほど保存が可能です。

旬をおいしく

ちじくは地域によっては生で出回らないこともあり、ドライフルーツで食べる方も多いかもしれません。ドライフルーツのいちじくも生と同様に美味しく、刻んでヨーグルトと混ぜると朝食にぴったり。

しかし旬のいちじくは贅沢な甘さで、かぶりついて食べたくなるほど。特に女性に嬉しい効能がたっぷりなので、見かけたらぜひとも入手したいですね。

ドライフルーツでも、生でも、美味しいいちじくを食べて、元気な毎日を過ごしましょう!