差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

普段から日焼け対策を行っている人でも、海に行くときは強めの日焼け止めを使うことも多いのでは。

そして気づいたら、古い日焼け止めが余ってしまう事もよくあります。そんな日焼け止めですが、余ったものを翌年に使っても大丈夫なのでしょうか?

残った日焼け止めの捨て方や、そもそもの保存方法も気になるところですね。

そこで今回は、
・去年の日焼け止めは使えるのか
・残った日焼け止めの捨て方
・日焼け止めの正しい保存方法

…をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

去年の日焼け止めは使えるの?

未開封の場合

去年の日焼け止めを今年使えるかどうかですが、まずは使用済みか未使用かを確認しましょう

もし未使用品でしたら、開封して使って大丈夫。というのも日焼け止めは、未開封品であれば3年程度は使用可能だからです。

ただし、未使用品でも屋外に置きっぱなしにしたものは、内部で劣化が進んでいることも。開けてみて異臭や変色があった場合は、未開封品でも使うのをやめましょう。

使用済みの場合

一方で使用済みの場合は、残念ですが使うのはあきらめましょう

未開封品なら3年程度は大丈夫でも、開封済みだと使用期限は約6ヶ月。特に日焼け止めは油分が多いため、開封後は変質しやすい傾向が。変質した商品を使用することは、お肌にとってデメリットにしかなりません。

また時間が経過した化粧品は雑菌が繁殖しやすく、この状態で使うと肌トラブルの原因にも。そのため開封して半年以上経過した物を使うのは、お肌のためにも避けましょう

残った日焼け止めの捨て方は

捨てる前に活用

残ってしまった古い日焼け止めですが、捨てる前に活用する方法があります。

銀製品の磨き剤として使う

シルバー製のピアスやネックレスなど、気がついたら黒ずんでいることがよくあります。そんなときは少量の日焼け止めを柔らかい布につけて、銀製品を優しく磨きましょう。

すると日焼け止めの油分が、銀製品の黒ずみを優しく取り去って輝きが復活。あとはきれいな布で乾拭きして日焼け止めを拭き取れば、きれいな銀製品となります。

ただし繊細な銀製品だと痛む可能性があるので、目立たない部分で試してからにしましょう。

シール剥がしに

家具などに貼ってしまったシールは剥がれにくく、剥がしたあとも残りがちです。

そんな剥がれ残ったシールの上に日焼け止めを塗り、ティッシュをかぶせてしばらく放置。その後柔らかい布で優しく拭き取ると、するとシールが剥がれ落ちます

これは日焼け止めの油分が、シールなどの粘着部分に染み込んで取れやすくしてくれるからです。

ただし土台に油分が染み込む恐れがあるので、繊細な家具に使う場合は注意しましょう。

中身を吸わせて捨てる

残った日焼け止めですが、基本的には燃えるゴミとして捨てて大丈夫

新聞紙や不要な布の上に日焼け止めを出し切り、吸わせてから捨てるとより安心です。

容器に関しては容器の材質に合わせて、地域のゴミ捨てルールに従って捨てましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの正しい保存方法

気温変化の少ない場所へ

日焼け止めは油分が多めの製品が多いため、、高温多湿にならない場所が保存にはベスト。

使いやすさから洗面所に置きがちですが、あまり良い場所とは言えません。他の化粧品とともに化粧台に置く場合も、ドライヤーなどの熱が当たらないようにすると安心。

また屋外に持ち出す場合は、そこで使い切るつもりで持ち出しましょう。

冷蔵庫は安心か

一年中気温と湿度が安定しているため、冷蔵庫が化粧品の保管場所に最適とよく言われています。

しかし日焼け止めは油分が多いため、冷えすぎて成分が固まって使いにくくなることが。。また水分と油分が分離することもあり、あまりおすすめ出来る保存方法ではありません。

日焼け止めは使いやすい状態が保てる、常温で日の当たらない場所に保管しましょう

使用前にチェックを

日の当たらない常温で保存していても、知らないうちに中身が変質することがあります。

毎日使っている日焼け止めもそうですが、久しぶりに使う時は特に注意が必要。もし次のような状態になっていたら、使用期限内でも諦めて捨てましょう

  • 成分が分離している
  • 開封時とは明らかに違う匂いがする
  • 変色している

ワンシーズンで使い切る!

本来は一年中気をつけたい紫外線ですが、特に日差しが強くなる夏にはしっかり対策をしたいものです。

そのために必要となる日焼け止め。ただ秋をすぎると面倒になって使わなくなる人も多いのでは。そうして余ってしまった日焼け止めは、次の夏に使おうとすると肌トラブルの原因になりかねません。

もったいないとは思いますが、日焼け止めはワンシーズンのみと割り切る事も大切

毎日使って紫外線対策に頑張るようにして、日焼け止めはワンシーズンで使い切りましょう!